請求の頻度を変更する

Google 広告の請求内容に関する理解や特定でお困りの場合は、こちらの Google 広告の不明な請求に関するトラブルシューティングをご利用ください。

自動支払いでは、アカウントの費用が規定の額(お支払い基準額)に達した時点と、毎月 1 日に請求が行われます。次の自動請求日が来る前にお支払い基準額に達することが多い場合は、お支払い基準額が引き上げられることがあります。たとえば、基準額が 50 ドルで、複数回にわたってこの金額に達した場合は、この基準額を 200 ドル以上に引き上げられる場合があります。

アカウントのお支払い基準額を確認する

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。

アカウントのお支払い基準額を確認する手順は、次のとおりです。

  1. Google 広告の管理画面で [料金] アイコン Billing Icon をクリックします。
  2. [概要] をクリックします。
  3. [概要] ページに現在の差引残高が表示されます。
  4. [次回の自動支払い] タブには、お支払い基準額と次に予定されている自動支払いが表示されます。

[料金概略] に移動

請求の頻度を変更する

お支払い基準額を引き上げて、システムによる推奨金額よりも高い額に設定できる場合があります。そのように設定することで毎月の請求回数を減らすことができます(ただし、請求額が増える可能性があります)。

アカウントでこの設定が可能であるかどうか確認し、基準額を変更する手順は次のとおりです。

  1. Google 広告の管理画面で [料金] アイコン Billing Icon をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. [お支払い方法] セクションを開き、[しきい値を編集] リンクをクリックして、推奨されるお支払い基準額を確認し、お支払い基準額を更新します。
  4. 推奨されている金額に設定するには、[おすすめの金額を使用する] をクリックしてから [保存] をクリックします。
  5. お支払い基準額は、推奨されている金額以下であれば、任意の金額に設定することもできます。完了したら [保存] をクリックします。

留意点: 費用が残高を超えると、前回の自動支払い日と同じ日に毎月請求が行われます(お支払い基準額に達していない場合でも同じです)。

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Drive Revenue with Optiscore

Want to improve account health and drive business goals? Learn from industry & Google experts on how to drive revenue with the help of Optimization Score & Auto Apply Recommendations.

Register Now

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
4963876107508658364
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067