新しい料金ページについて

 

Google 広告の料金管理システムの移行に伴い、料金ページのデザインも変わっています。最新バージョンの場合、アカウントの項目を表す用語も一部変更されています。今回の変更の内容は次のとおりです。

  • 「後払い」は「自動支払い」に変更
  • 「前払い」は「手動支払い」に変更
  • 「銀行振込」は「振込」に変更
  • 「口座振替」は「銀行口座」に変更

新機能

最新バージョンでは、これまでの機能に加えて、お支払いを簡単かつ柔軟に行うことができる新機能がいくつか追加されました。次に簡単にご紹介します。

自動支払い(これまでの「後払い」)

自動支払いの仕組みは後払いと同じですが、請求の方法と時期を詳細に管理できる機能が追加されました。自動支払いの主な機能は次のとおりです。

  • 請求の額と時期をより柔軟に管理する。 [お支払い] によって、差引残高を補充したり、広告料金を前もって入金したりできるほか、ご利用限度額に達する時期(請求される時期)を遅らせることもできます。
  • アカウントに複数のお支払い方法を設定する。 一括払いに使用するときや、メインまたはバックアップ用のお支払い方法を変更するときに備えて、アカウントに複数の情報を保存できます。詳しくは、お支払い方法を追加する方法についてご覧ください。
  • お客様の国と通貨でご利用可能なお支払い方法を、すべて利用できる。 「後払い」では利用できなかったお支払い方法が、新たに利用可能になる場合があります。たとえば、日本のお客様は従来「前払い」のアカウントでのみ振込をご利用いただけましたが、新しい料金システムでは、自動支払いでも振込を併用できます。[お支払い] ボタンをクリックすると、ご利用可能なお支払い方法の一覧を確認できます。
  • 個々のお支払い方法に対し、ビジネス拠点の住所とは別の住所を登録する。 ビジネス拠点の住所はアカウントで作成する請求書に表示されます。一方、請求先住所はそれぞれのお支払い方法に関連付けられ、お支払い情報の確認に使用されます。詳しくは、住所の種類についてご覧ください。

手動支払い(これまでの「前払い」)

手動支払いの仕組みは前払いと同じですが、メインの料金ページの [お支払い] ボタンをクリックするだけでお支払い手続きができるようになりました。詳しい手順については、お支払い方法をご覧ください。次の機能もご利用いただけます。

  • アカウントに必要な数だけお支払い方法を保存する。 アカウントに複数のお支払い方法を保存し、お支払いごとに選択することができます。また、新しいお支払い方法を追加することもできます。保存したお支払い方法の一部またはすべてを削除しても、アカウントに使用可能な残高がある限り、広告は継続して掲載されます。詳しくは、お支払い方法の追加や削除方法をご覧ください。
  • 個々のお支払い方法に対し、ビジネス拠点の住所とは別の住所を登録する。ビジネス拠点の住所は明細書に表示される住所です。一方、請求先住所はお支払い情報の確認のためのもので、お支払い方法(クレジット カードなど)ごとに登録します。詳しくは、住所の変更方法をご覧ください。

関連リンク

Google 広告の料金管理システムの移行に伴い管理画面も変更され、最新バージョンに更新されたアカウントでは料金ページのデザインが変わります。最新バージョンの場合、アカウントの項目を表す用語も一部変更されています。今回の変更の内容は次のとおりです。

  • 「前払い」は「手動支払い」に変更
  • 「銀行振込」は「振込」に変更
  • 「オンライン決済」は「銀行カード」に変更

新機能

最新バージョンでは、これまでの機能に加えて、お支払いを簡単かつ柔軟に行うことができる新機能がいくつか追加されました。次に簡単にご紹介します。

手動支払い(これまでの「前払い」)

手動支払いの仕組みは前払いと同じですが、[料金概略] ページの [お支払い] ボタンをクリックするだけでお支払い手続きができるようになりました。詳しい手順については、お支払い方法についてご覧ください。次の機能もご利用いただけます。

  • アカウントに必要な数だけお支払い方法を保存する。 アカウントに複数のお支払い方法を保存し、お支払いごとに選択することができます。また、新しいお支払い方法を追加することもできます。保存したお支払い方法の一部またはすべてを削除しても、アカウントに使用可能な残高がある限り、広告は継続して掲載されます。詳しくは、お支払い方法の追加や削除方法についてご覧ください。
  • ビジネス拠点とお支払い方法に異なる住所を使用する。ビジネス拠点の住所はアカウントで作成する請求書に表示されます。一方、請求先住所はそれぞれのお支払い方法に関連付けられ、お支払い情報の確認に使用されます。詳しくは、住所の種類についてご覧ください。

発票(Fapiao)番号

発票番号はメインの料金ページに表示されます。発票の金額が 100 中国元を超える場合は、対応する国際スピード郵便(EMS)の追跡番号も表示されます。

毎月の請求書発行(ご利用限度額)

毎月の請求書発行によるお支払いの設定では、名称に変更はありませんが、いくつかの新機能が追加されました。ページの横にあるナビゲーション バーからは、請求書、料金の履歴、アカウントの予算、課金設定、お支払い情報にアクセスすることができます。これらのページでは、次のような操作を実行できます。

  • 請求書を確認する。 [月別お支払い明細書] ページでは、請求書を検索し [ドキュメント] セクションで対応する発票番号を確認することができます。詳しくは、これらの書類を入手する方法についてご覧ください。
  • 請求書のメール送信を設定する。 [課金設定] ページを使用して、自分や請求書を受領する必要のある他のユーザーに請求書をメールで送付するよう設定できます。詳しくは、請求書のメール送信の設定方法についてご覧ください。
  • 新しい予算を作成する。 [アカウントの予算] ページでは、予算を調整または作成することができます。詳しくは、アカウントの予算の使用方法をご覧ください。

関連リンク

Google 広告の料金管理システムの移行に伴い管理画面も変更され、最新バージョンに更新されたアカウントでは料金ページのデザインが変わります。最新バージョンの場合、アカウントの項目を表す用語も一部変更されています。今回の変更の内容は次のとおりです。

  • 「後払い」は「自動支払い」に変更
  • 「前払い」は「手動支払い」に変更

新機能

最新バージョンでは、これまでの機能に加えて、お支払いを簡単かつ柔軟に行うことができる新機能がいくつか追加されました。次に簡単にご紹介します。

自動支払い(これまでの「後払い」)

自動支払いの仕組みは後払いと同じですが、請求の方法と時期を詳細に管理できる機能が追加されました。自動支払いの主な機能は次のとおりです。

  • 請求の額と時期をより柔軟に管理する。 [お支払い] によって、差引残高を補充したり、広告料金を前もって入金したりできるほか、ご利用限度額に達する時期(請求される時期)を遅らせることもできます。
  • アカウントに複数のお支払い方法を設定する。 一括払いに使用するときや、メインまたはバックアップ用のお支払い方法を変更するときに備えて、アカウントに複数の情報を保存できます。詳しくは、お支払い方法を追加する方法についてご覧ください。
  • お客様の国と通貨でご利用可能なお支払い方法の中から選択する。 ブラジルおよびブラジルレアルを選択した場合は、クレジット カードまたは Boleto(銀行支払伝票)を使用できます。[お支払い] ボタンをクリックすると、ご利用可能なオプションが表示されます。

手動支払い(これまでの「前払い」)

手動支払いの仕組みは前払いと同じですが、[料金概略] ページの [お支払い] ボタンをクリックするだけでお支払い手続きができるようになりました。詳しい手順については、お支払い方法についてご覧ください。次の機能もご利用いただけます。

  • アカウントに必要な数だけお支払い方法を保存する。 アカウントに複数のお支払い方法を保存し、お支払いごとに選択することができます。また、新しいお支払い方法を追加することもできます。保存したお支払い方法の一部またはすべてを削除しても、アカウントに使用可能な残高がある限り、広告は継続して掲載されます。詳しくは、お支払い方法の追加や削除方法についてご覧ください。
  • ビジネス拠点とお支払い方法に異なる住所を使用する。ビジネス拠点の住所はアカウントで作成する請求書に表示されます。一方、請求先住所はそれぞれのお支払い方法に関連付けられ、お支払い情報の確認に使用されます。詳しくは、住所の種類についてご覧ください。

毎月の請求書発行(ご利用限度額)

毎月の請求書発行によるお支払いの設定では、名称に変更はありませんが、いくつかの新機能が追加されました。ページの横にあるナビゲーション バーからは、請求書、料金の履歴、アカウントの予算、課金設定、お支払い情報にアクセスすることができます。これらのページでは、次のような操作を実行できます。

  • Nota Fiscal(税務出荷伝票)と Boleto(銀行支払伝票)を確認する。 [月別お支払い明細書] ページでは、Nota Fiscal を検索し、[ドキュメント] セクションでお支払いに使用する Boleto を確認することができます。詳しくは、これらの書類を入手する方法についてご覧ください。
  • 請求書のメール送信を設定する。 [課金設定] ページを使用して、自分や請求書を受領する必要のある他のユーザーに請求書をメールで送付するよう設定できます。詳しくは、請求書のメール送信の設定方法についてご覧ください。
  • 新しい予算を作成する。 [アカウントの予算] ページでは、予算を調整または作成することができます。詳しくは、アカウントの予算の使用方法をご覧ください。

関連リンク

Google 広告の料金管理システムの移行に伴い管理画面も変更され、最新バージョンに更新されたアカウントでは料金ページのデザインが変わります。最新バージョンの場合、アカウントの項目を表す用語も一部変更されています。今回の変更の内容は次のとおりです。

  • 「前払い」は「手動支払い」に変更
  • 「銀行振込」は「振込」に変更

新機能

最新バージョンでは、これまでの機能に加えて、お支払いを簡単かつ柔軟に行うことや、お支払い関連の書類を効率的に処理することができる新機能がいくつか追加されました。次に簡単にご紹介します。

  • 簡単にお支払いを行う。 手動支払いの仕組みは前払いと同じですが、メインの料金ページの [お支払い] ボタンをクリックするだけでお支払い手続きができるようになりました。詳しい手順については、お支払い方法についてご覧ください。
  • 新しいお支払い方法を使用する。 アカウントで使用できるお支払い方法として、新たに Yandex.Money と Qiwi が追加されました。また、ASSIST を使用してお支払いを行う際に、それ以降のお支払いをスムーズに行えるよう銀行カードの情報を保存できるようになりました。詳しくは、お支払い方法についてご覧ください。
  • お支払い関連の書類をダウンロードする。 法人として登録されたアカウントの場合は、メインの料金ページから、お支払い関連書類をダウンロードしたり、変更や再印刷を依頼したりできます。詳しくは、お支払い関連の書類についてご覧ください。
  • お支払い関連の電子書類を使用する。 法人として登録されたアカウントの場合は、ロシア郵便によって紙の文書を郵送する代わりに、公認電子署名付きの電子書類を使用することを選択できます。この方法を選択すると、準備のできた書類をすぐに入手することができます。詳しくは、お支払い関連の書類についてご覧ください。

関連リンク

Google 広告の料金管理システムの移行に伴い管理画面も変更され、最新バージョンに更新されたアカウントでは料金ページのデザインが変わります。最新バージョンの場合、アカウントの項目を表す用語も一部変更されています。今回の変更の内容は次のとおりです。

  • 「後払い」は「自動支払い」に変更
  • 「前払い」は「手動支払い」に変更

新機能

最新バージョンでは、これまでの機能に加えて、お支払いを簡単かつ柔軟に行うことができる新機能がいくつか追加されました。次に簡単にご紹介します。

自動支払い(これまでの「後払い」)

自動支払いの仕組みは後払いと同じですが、請求の方法と時期を詳細に管理できる機能が追加されました。自動支払いの主な機能は次のとおりです。

  • 請求の額と時期をより柔軟に管理する。 [お支払い] によって、差引残高を補充したり、広告料金を前もって入金したりできるほか、ご利用限度額に達する時期(請求される時期)を遅らせることもできます。
  • アカウントに複数のお支払い方法を設定する。 一括払いに使用するときや、メインまたはバックアップ用のお支払い方法を変更するときに備えて、アカウントに複数の情報を保存できます。詳しくは、お支払い方法を追加する方法についてご覧ください。
  • ビジネス拠点とお支払い方法に異なる住所を使用する。 ビジネス拠点の住所はアカウントで作成する請求書に表示されます。一方、請求先住所はそれぞれのお支払い方法に関連付けられ、お支払い情報の確認に使用されます。詳しくは、住所の種類についてご覧ください。

手動支払い(これまでの「前払い」)

  • 簡単にお支払いを行う。手動支払いの仕組みは前払いと同じですが、メインの料金ページの [お支払い] ボタンをクリックするだけでお支払い手続きができるようになりました。詳しい手順については、お支払い方法についてご覧ください。
  • お支払い関連の書類をダウンロードする。法人や個人事業主として登録されたアカウントの場合は、メインの料金ページから、お支払い関連書類をダウンロードしたり、変更や再印刷を依頼したりできます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。