広告の品質について

広告の品質とは、検索広告をユーザーが目にした際のエクスペリエンスを推定したものです。

広告の品質は、検索内容に対する広告文の関連性、ユーザーが広告をクリックする可能性の高さ、ランディング ページへ進んだユーザーに提供されるエクスペリエンスの質など、複数の要素によって決まります。

一般に、広告の品質が高いほうが、優れたパフォーマンスを期待できます(掲載順位が高く、費用は少なくなるなど)。

広告の品質は、個々の検索のコンテキストによって変化する点に注意しましょう。

広告の品質が影響する可能性があるもの

  • 広告を表示できるかどうか: Google は一定の品質基準を満たしていない広告を表示しません。広告が表示されていない理由は、キーワード診断ツールで調べることができます。
  • 検索結果ページのどの部分に広告が表示されるか: 高品質な広告を検索結果ページの先頭に近い位置に表示するため、Google が広告ランクを決定する際には広告の品質が考慮されています。
  • 広告表示オプションが表示されるかどうか: たとえば一部の広告表示オプションは、検索結果の上にしか表示されません。こういった上位の掲載枠を獲得するためには、広告の品質も十分に高い必要があります。
  • クリック 1 回あたりの費用: 一般に、広告の品質が高いほうが、クリック 1 回あたりの費用は安くなります。広告の品質が低いと、表示のトリガーとなった検索語句の獲得競争がさほど激しくなくても、実際に発生するクリック単価が、ご指定の上限クリック単価に近い額になるとことがあります。なお、広告の品質がどれだけ低くても、クリック 1 回あたりのご請求額がご指定の上限クリック単価を上回ることは(自動入札をご利用の場合を除き)一切ありません。
  • 広告のパフォーマンス: 広告とランディング ページの品質が高いほうが、成果につながるクリックやコンバージョンを獲得しやすい傾向があります。

広告の品質に影響しないもの

誤解されがちですが、次の要素が広告オークションにおける広告の品質判定に影響することはありません。

  • 入札単価: ご指定の入札単価は、広告ランクには影響することがありますが、広告の品質評価には影響しません。
  • アカウント構造: ある広告グループを(同じ広告とキーワードを含んだまま)別のキャンペーンや別のアカウントに移動させても、広告の品質には影響しません。
  • 広告の表示頻度: 広告が表示される頻度は、入札単価、予算、キーワードの競合状況などによって決まりますが、表示頻度が広告の品質評価に影響することはありません。
  • 記録されたコンバージョンの件数: 記録されたコンバージョンの件数は、広告の品質評価に影響しません。  

広告の品質を測定し改善する方法

診断ツールとして提供されている品質スコアを参照すると、ユーザー エクスペリエンスの水準が平均よりも低い広告を特定できます。また、改善に取り組むべき要素(広告の関連性、クリック率、またはランディング ページの利便性)についてもインサイトが得られます。

品質スコアは、他の広告主様と比べたパフォーマンスの推定値を、1~10 の数値で示したものです。

なお品質スコアは、あくまで品質改善が必要な広告を特定する手掛かりとして提供されている診断用の数値であり、広告オークションにおける評価材料にはなっていません。品質スコアの数値(1~10)そのものを最適化しようとするのではなく、品質の低い広告を診断するための情報としてご活用ください。

詳細: 品質スコアを使ってパフォーマンスを高める方法

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false