広告品質に関する重要事項

広告の品質については、知っておいていただきたい事項が数多くあります。さまざまな機会に広告主様からお寄せいただいたご意見に基づき、広告品質に関する重要事項を以下にまとめました。

入札した検索語句の検索結果でも、必ずしも広告が掲載されるとは限りません。

入札している語句をユーザーが検索した場合でも、検索結果ページに広告がまったく表示されない可能性があります。適切な広告を適切なユーザーに適切なタイミングで表示するという理念に従い、ふさわしい広告が見つからない場合は、広告が掲載されないこともあります。常に質の高い広告を表示するため、広告掲載に必要な最低基準(広告ランクのしきい値)が設けられています。この最低限の品質基準に達していなければ、(入札単価を引き上げても)広告はほとんど表示されません。キーワード診断を行うと、特定の検索語句に対して広告が表示されない原因を調べることができます。

キーワードの競合度が低いからといって、実際に支払う単価も安くなるとは限りません。

競合度は、実際のクリック単価を決定する要素の 1 つにすぎません。1 回のクリックに対してお支払いいただく金額は、広告の品質や検索時の状況など、さまざまな要因に左右されます。広告やランディング ページの品質が低いと、広告の表示につながった検索語句の競合度が低かったとしても、実際のクリック単価は上限クリック単価に近くなります。一方、広告が表示された場合は、その広告の品質がどれほど低くても、(自動入札を使用していない限り)上限クリック単価を超える金額が請求されることはありません。

広告表示オプションやその他の広告フォーマットも広告ランクに影響します。

より関連性の高い情報をユーザーに表示するため、広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果も広告ランクに反映されます。広告ランクの算出時には、この他、入札単価、広告とランディング ページの品質、広告ランクのしきい値、検索時の状況などが考慮されます。

Google で広告表示オプションを表示するかどうか判断する際には、検索結果ページでの広告の掲載順位など、さまざまな要素を考慮に入れます(検索結果の上部でなければ表示できないオプションもあります)。また、広告表示オプションを表示できる最低限の広告ランクもあります。なお、入札単価を引き上げるか、広告の品質を改善するか、あるいは両方を行えば、広告ランクを向上させることができます。広告ランクが高くなれば、広告表示オプションを表示できる可能性が高まり、広告のクリック数の増加も見込めます。

広告の掲載順位は品質スコアには影響しません。

推定クリック率は、広告ランクを決める品質コンポーネントの 1 つです。推定クリック率は過去の広告の掲載結果から判断しますが、その際に掲載順位の影響は除外します。掲載順位の高い広告は、掲載順位の低い広告に比べてクリック率が高くなる傾向があります。これは、検索結果ページの上位に掲載されるほど、ユーザーの目に留まりやすくなるためです。したがって、推定クリック率を正確に計算するには、広告の掲載位置(および広告表示オプションやその他の広告フォーマットなど、広告の目立ちやすさを左右するさまざまな要素)が推定クリック率に及ぼす影響を考慮し、その影響を除外して算出する必要があります。

入札単価は広告の品質ではなく、広告ランクに影響します。

広告の品質は、オークション時の推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性に基づいて算出されます。入札単価が広告の品質の決定に考慮されることはありません。

最上位に掲載する広告を決定する際は品質が重視されます。

Google 検索結果の上部に表示する広告を決定する場合も、入札単価、広告とランディング ページの品質、検索時の状況、広告表示オプションやその他の広告フォーマットの見込み効果に基づいて算出された広告ランクが使用されます。ただし、Google 検索結果の上部に表示されるのは、広告ランクが一定の値に達している広告のみです。検索結果ページの上部に表示する広告を決定するときは、品質と関連性が非常に重視されます。これによって、検索結果ページの上部に質の高い広告を表示すると同時に、広告主様には、掲載位置のメリット(目立ちやすさや期待できる成果)に見合った実際のクリック単価をお支払いいただくことができます。

広告ランクに使用される品質コンポーネントは、コンバージョン率には影響されません。

Google 広告コンバージョン トラッキングをご利用の場合、ランディング ページに簡単に達成できるコンバージョン イベントを設定して、コンバージョン率を人為的に引き上げる必要があると誤解されている広告主様もいらっしゃいます。実際には、このような操作は、広告ランクの品質コンポーネントに何ら影響しません。コンバージョン トラッキングは広告の品質に関係しませんので、ご自身の責任のもと自由にご利用ください。

広告の一時停止や予算設定によって、広告があまり表示されない場合やまったく表示されない場合でも、広告の品質が影響を受けることはありません。掲載結果の低い日が数日続いたために、広告ランクの品質コンポーネントが低くなることもありません。

予算や低い入札単価が原因で広告が一時停止されていたり、まったく表示されていない場合でも、広告の品質には影響しません。

アカウントを改善するには、入札単価、クリエイティブ、キーワードの一部についてテストを行うことをおすすめします。こまめにテストを行うことで、アカウント全体に適用する前に、変更による影響を測定することができます。テストの成果を数日間慎重にトラッキングし、成果が低いと判明した場合は、テスト内容を見直すか、変更を削除します。広告の品質への短期間の影響は、改善前後のキーワードによる掲載結果の違いによってすぐに解消されます。

アカウントの構成を変更しても、広告ランクの品質コンポーネントには影響しません。

アカウントを再構成しても、キーワード、広告文、ランディング ページの履歴は保持されます。キーワードや広告文をアカウント間で移動する場合や、新しく作成したアカウントに移動する場合でも基本的に同様です(ユーザーにとっての利便性は変わらないため)。アカウントの構成を変更してテストを行い、良い結果が得られない場合は、いつでも元に戻すことができます。

品質スコアはオークション時の広告ランクの算出には使用されません。

アカウントに表示される 1~10 段階の品質スコアは、広告オークションにおける掲載効果の総合的な指標であるため、オークション時の広告ランクの算出に使用することはできません。オークション時には、推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性などさまざまな要素に基づいて、リアルタイムで広告ランクが算出されます。こういったオークション時の要素により、ユーザー エクスペリエンスの質が大きく左右される場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。