キャンペーン設定で住所指定オプションを有効にしている場合に、特定の広告に対して別の住所を指定できるかどうか

できます。広告に表示する住所をキャンペーン レベルではなく個々の広告レベルで管理するほうが効果的な場合があります。たとえば、特定のビジネス拠点に対してのみ特別な広告と専用のリンク先ページを設定する場合などです。

ただし、特にキャンペーンの拡大や変化に伴ってこうした広告の管理は難しくなるため、あまり多用しないようにしてください。また、こうした広告レベルの制限が付いた広告は、そのために表示回数が少なくなる可能性もあります。キャンペーン レベルで住所指定オプションを有効にしていれば、所在地にかかわらず関連性の高いユーザーに住所指定オプションが自動的に表示されるようになります。

広告レベルの住所指定オプションを使用する場合は、その限られた地域に特化した広告テキストやリンク先ページを使用して、ユーザーに対する広告の関連性と効果を最大限に高めることをおすすめします。

特定の広告において、キャンペーン レベルで使用している住所ではなく、別の住所を設定する手順は次のとおりです。

  1. https://adwords.google.co.jp から Google Ads アカウントにログインします。
  2. 編集する広告グループに移動します。
  3. [広告] タブをクリックします。
  4. 編集する広告グループのチェックボックスをオンにします。
  5. [常に 1 つの住所だけを広告に表示] をクリックします。
  6. リストから住所を選択します。リストにある住所は、同じキャンペーン内のすべての広告で表示できます。
  7. [選択] をクリックします。

住所指定オプションは、追加のビジネス情報をサポートしている Google ネットワーク(Google、Google マップ、一部の Google 検索ネットワーク サイトなど)の広告のプレースメントに掲載する広告でのみ有効です。また、広告が掲載されるかどうかは、広告設定オプションを有効にしているかどうかに関係なく、1 日の予算、ターゲット設定、広告ランクにより決定されます。

こちらで広告設定オプションの詳細をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。