Google Ads API の拡張コンバージョン(ウェブ向け)について

拡張コンバージョン(ウェブ向け)は、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は、ハッシュ化された自社の顧客データをプライバシーに配慮した方法で送信することにより、既存のコンバージョン データを補完します。このハッシュ化された顧客データは、ログイン ユーザーの Google アカウントをハッシュ化した顧客データと比較され、クリックや動画再生などの広告イベントに関連付けられることによって、キャンペーン コンバージョンの測定を後押しします。

この記事では、Google Ads API を使って拡張コンバージョンを設定する方法について説明します。

: この記事では、Google Ads API を使用した拡張コンバージョンの設定についてのみ説明しますGoogle タグ マネージャーを使って手動で拡張コンバージョン(ウェブ向け)を設定したり、グローバル サイトタグを使って手動で拡張コンバージョン(ウェブ向け)を設定したりすることができます

メリット

  • コンバージョン イベントの発生後に自社データを提供できる: コンバージョン発生時に自社データを送信する必要があるタグ付けなどの拡張コンバージョン オプションとは異なり、API を使用すると、ハッシュ化された自社データをコンバージョン イベントが発生してから最大 24 時間以内に送信できます。また、顧客データベースや CRM システムなど、他のソースの自社データを特定することもできます。
  • データソース用にさまざまなオプションが用意されている: API を使用すると、顧客データベースや CRM システムなど、さまざまなソースから自社データを見つけることができます。
: 現時点では、アプリのインクリメンタリティをテストするには、この記事で説明されているものとは異なる API 実装が必要です。このようなテストにご興味がある場合は、営業担当者までお問い合わせください。

仕組み

Google Ads API を使って自社の顧客データをコンバージョンの調整として送信することで、拡張コンバージョンを活用できます。拡張コンバージョンにおけるデータの送信プロセスはコンバージョンの調整と同様ですが、いくつかの主な違いがあります。詳しくは、Google Ads API のコンバージョン調整を使用して拡張コンバージョン(ウェブ向け)を実装する方法をご覧ください。

Google Ads API を使って拡張コンバージョンを実装するには、ウェブサイトで通常のコンバージョン トラッキング タグを使用してコンバージョンを記録する必要があります。コンバージョンの記録後、ハッシュ化された自社データ(メールアドレス、電話番号、氏名、住所など)は、コンバージョンの発生から最大 24 時間以内に API 接続を介して送信できます。

送信されたハッシュ化データは、Google のログイン ユーザーのデータと照合され、コンバージョンがお客様のアカウントに記録されます。

注意: データは標準形式に変換し、SHA-256 を使用してハッシュ化してから Google に送信する必要があります。

はじめに

: インポートされた Google アナリティクスの目標に基づいて測定されたコンバージョンは、拡張コンバージョンではサポートされません。拡張コンバージョンを使用する場合は、グローバル サイトタグまたは Google タグ マネージャーを使用して新しい Google 広告コンバージョン アクションを設定することをおすすめします。
  • コンバージョン タグが配信されるコンバージョン ページの URL(確認ページの URL など)と、コンバージョン イベントのトリガー(ボタンのクリックやページの表示など)を確認しておきます。
  • 自社の顧客データ(メールアドレス、氏名、自宅の住所、電話番号)が取得されることを確認します。
  • 顧客データに関するポリシーを確認し、Google 広告で利用規約およびポリシーに同意していただく必要があります(詳しい方法はこの後の手順に記載されています)。

Google Ads API を使った拡張コンバージョンの導入

Google 広告のデベロッパー向けドキュメントの手順に沿って、拡張コンバージョンを設定します。

: コンバージョンの関連付けと測定をタイムリーに行えるよう、拡張コンバージョン API を使ってコンバージョン データを送信する際は、コンバージョン発生から 24 時間以内に行うようにしてください。
  1. 拡張コンバージョン データを送信する前に、利用規約を確認して同意してください。
    1. Google 広告アカウントにログインします。
    2. アカウントの右上にあるツールアイコンをクリックし、[測定] の [コンバージョン] をクリックします。
    3. 拡張コンバージョンの設定に使用するコンバージョン アクションを開きます。Google アカウントに既存のコンバージョン アクションがない場合は、新しいコンバージョン アクションを少なくとも 1 つ作成します。詳しくは、ウェブサイトでのコンバージョン トラッキングを設定するをご確認ください。
    4. 下部の [拡張コンバージョン] で、[拡張コンバージョンをオンにします] をクリックします。
    5. 拡張コンバージョンを初めて設定する場合は、コンプライアンスに関する注意に対して [同意する] をクリックします。拡張コンバージョンを有効にすると、Google のポリシーを遵守することを確認したことになります。Google 広告データ処理規約は、拡張コンバージョンを使用した場合に適用されます。
    6. API オプションを選択し、[次へ] をクリックします。[保存] をクリックし、Google 広告でその他の設定をしない場合は、利用規約に同意していれば、API 経由で送信されたデータが Google によって処理されます。
  2. Google がタグのコンバージョンを API 経由のコンバージョンと照合して重複を回避できるよう、コンバージョン トラッキング タグがウェブサイトに設定されていて、トランザクション ID 関数タグが使用されていることを確認してください。
  3. 社内システムで、データを安全に転送するための業界基準である HTTPS 接続を使ってデータ(自社の顧客データ、コンバージョン データ、クリック ID データ)を送信できるサーバーを設定します。
  4. Google Ads API を使用してコンバージョン データを Google に送信します。データは標準形式に変換し、SHA-256 を使用してハッシュ化してから Google に送信する必要があります。詳しくは、形式の指定方法と API を使って拡張コンバージョン(ウェブ向け)データを Google に送信する方法をご覧ください。
    : コンバージョンの関連付けと測定をタイムリーに行えるよう、Google Ads API を使ってコンバージョン データを送信する際は、コンバージョン発生から 24 時間以内に行うようにしてください。
  5. Google にデータを送信した後、サーバーが受け取るレスポンスを調べて、エラーがないことを確認します。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false