レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを作成する

重要
  • 2022 年 6 月 30 日より、拡張テキスト広告の広告カスタマイザの作成と編集はできなくなります。これは、新しい拡張テキスト広告の作成がサポートされなくなるためです。
  • また、拡張テキスト広告のビジネスデータのアップロードと編集もできなくなります。
  • 拡張テキスト広告の既存の広告カスタマイザは、2024 年 5 月 31 日まで引き続き提供されます。
  • Google では、レスポンシブ検索広告への移行を強くおすすめしています。
  • 詳しくは、Google 検索で適切なメッセージをより簡単に表示できるようにするをご覧ください。

広告カスタマイザを使用すると、見込み顧客が検索している内容に合わせて、広告をリアルタイムで調整できます。また、商品名や価格などのカスタム属性をリアルタイムで定義し、複数の広告を大規模にカスタマイズすることが可能です。

: レスポンシブ検索広告の場合、広告カスタマイザの設定はテキスト広告とは異なります。複数の広告コンテンツとターゲット設定を含む単一のカスタマイザ フィードを使用するのではなく、属性をアカウントに一括で作成またはアップロードし、キャンペーン、広告グループ、キーワードに広告コンテンツを直接設定することができます。これらのカスタマイザでは、表示先の広告グループ、キャンペーン、キーワードのターゲット設定が使用されます。既存のビジネスデータの、テキスト広告の広告カスタマイザを使用している場合は、レスポンシブ検索広告で必要な形式に移行できます。詳しくは、テキスト広告の広告カスタマイザをレスポンシブ検索広告に変換する方法についての記事をご覧ください。

この記事では、レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを作成する方法について説明します。レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを実装するには、以下の 4 つの手順を行います。

  1. ビジネスデータを開きます。
  2. 広告カスタマイザを作成します(広告属性を定義します)。この属性を使用して動的テキストを分類します。
  3. 属性の詳細を入力します(適切なレベルに値を割り当てます)。これは実際に表示されるテキストです。

    : 値を追加しない場合、広告カスタマイザが設定されたレスポンシブ検索広告は審査されません。

  4. 広告文をカスタマイズします(レスポンシブ検索広告に広告カスタマイザを挿入します)。

手順

1. ビジネスデータを開く

レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを実装する 4 つの手順のうち、1 番目の手順を示すグラフィック。

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。

まず、ビジネスデータを開きます。

  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. [ビジネスデータ] をクリックします。
  3. [広告カスタマイザ属性] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。

アカウントで開く

2. 広告カスタマイザを作成する(広告属性を定義する)

次に、カスタマイズする広告に関する各詳細を追加します。これらの詳細は「属性」と呼ばれ、アカウント全体で使用できます。

Google 広告で個別に作成された属性は、個別に追加することも、スプレッドシートを利用して一括でアップロードすることもできます。

: スプレッドシートから複数の属性をアップロードする場合は、Google 広告で個別に作成する必要があるのは 1 回だけです。

属性を個別に作成する

属性を追加する

  1. [属性] フィールドに、カスタマイズするコンテンツの名前を入力します。
    • 商品の名前をカスタマイズする場合は、「商品」というように入力します。この名前は自由に設定できます。
  2. [データの種類] を選択して、カスタマイズするテキストの書式を決めます。 書式に関するベスト プラクティスについては、以下をご覧ください。
    • 商品の価格をカスタマイズする場合は、データの種類として [価格] を選択します。
    • : 審査と承認のスピードと精度を向上し、広告配信開始の遅れを防ぐために、データの種類を指定することをおすすめします。
  3. プラスボタン をクリックして、属性を追加します。
  4. [作成] をクリックして、これらの属性を作成します。

データの種類に関するベスト プラクティス

データの種類 一般的な用途 使用できる文字 値の例
テキスト 商品名 文字、数字、記号 ハイキング靴
価格 金額 数字(小数を含む)と有効な通貨記号 $24.99
数値 在庫数 任意の数字(小数を含む) 11 または 11.5
割合 割合(割引率 / 利率) 任意の数字(小数を含む)とパーセント記号 35%
: 属性名の先頭をアンダースコア(_)にしたり、属性名に記号、句読点、特殊文字(ウィングディング、矢印、縦棒、その他の記号など)を含めたりしないでください。特殊文字を使用すると広告が不承認となる場合があります。(例: -、<3、=>、<=、⇐、⇍、->、⇒、»、:-)、:)、∞、⋇、Ξ、****、|、+、-、/、*、(、)、[、]、{、}、“、\、•、‘、=、:、$、\\ など)。

属性を削除する

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。

ビジネス フィード内の属性は削除できます。属性を削除すると、すべてのキャンペーンからその属性が削除されます。

  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. [ビジネスデータ] をクリックします。
  3. 削除する属性を含むカスタマイザを選択します。[タイプ] 列で [広告カスタマイザ データ] を探します。
  4. 削除する属性の横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. [編集]、[削除] の順にクリックします。

スプレッドシートで複数の属性をアップロードする

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. セクション メニューの [一括操作] プルダウンをクリックします。
  3. [アップロード] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. [サンプル テンプレートをダウンロード] をクリックして、含めるデータを確認します。テンプレートの A~C 列の 8~12 行目を空白のままにします。
  6. スプレッドシートまたは Google スプレッドシートからソースとなるファイルを選択します。
  7. 属性を追加します。作成できる広告カスタマイザの属性の数は最大 40 個です。
    • [属性] 列に属性名を入力します。
    • 属性で使用される文字形式を [データの種類] 列に入力します。
    • [アカウントの値] 列に、属性で表示される値を入力します。
  8. 値を作成します(これは、追加可能な値の一例にすぎません)。
    • [Campaign] 列にキャンペーンの名前を入力します。
    • [Ad group] 列に広告グループを入力します。
    • [Keyword] 列にキーワードを入力します。
    • [Customizer:Name] 列にカスタマイザの名前を入力します。
    • [Customizer:Count] 列にカスタマイザの数を入力します。
    • [Customizer:Percent] 列にカスタマイザの割合を入力します。
    • [Customizer:Price] 列にカスタマイザの価格を入力します。
  9. 既存の値を削除してデフォルト値を割り当てる場合は、[Account value] または適切なカスタマイザ列に「remove_value」を追加します。これにより、カスタマイザにデフォルト値が表示されます。
注: キーワード単位または広告グループ単位でカスタマイザを使用する場合は、[広告グループ] 列と [キャンペーン] 列の両方を入力する必要があります。[広告グループ] 名と [キャンペーン] 名はいずれも、[広告グループ ID] を代わりに使用できます。値の場合、属性列名の先頭に「Customizer」を付加します。例では Name が属性であるため、値の列のヘッダーは「Customizer:Name」にする必要があります。

一括アップロードをスケジュール設定する

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面でツールアイコン Tools Icon をクリックします。
  2. セクション メニューの [一括操作] プルダウンをクリックします。
  3. [アップロード] をクリックします。
  4. [スケジュール設定] をクリックし、次にプラスボタン をクリックします。
  5. [ソース] でソースを選択し、ファイルをアップロードして、一括アップロードを行う [頻度] と [時間] を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

3. 属性の詳細を入力する(適切なレベルに値を割り当てる)

属性を作成したら、カスタマイザのコンテンツを追加できます。これは、広告に表示されるテキスト、価格、数字です。なお、このコンテンツは広告の承認プロセスを受けることになります。

アカウント全体のコンテンツを設定するには、以下の手順で [アカウントの値] 列を更新します。

利用可能なカスタマイザの値がないレスポンシブ検索広告は審査されないため、値を追加することが重要です。
  1. [アカウントの値] 列にカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  2. このカスタマイザを使用する広告で表示されるテキストを入力します。
  3. [保存] をクリックします。

このコンテンツは、以下の手順で、キャンペーン(広告グループやキーワードでも同様)ごとにカスタマイズすることができます。

  1. [キャンペーン] ページに戻ります。
  2. 表示項目アイコン Google 広告の表示項目アイコンの画像 をクリックします。
  3. [広告カスタマイザ属性] を開き、編集するカスタマイザ属性の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • たとえば、「価格」という名前の属性を作成した場合は、[価格] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。
  5. 作成した属性は、すべての検索キャンペーンの列として表示されます。
  6. [カスタム値を使用する] を選択すると、属性を編集して、各キャンペーンのテキストをカスタマイズできます。デフォルトでは、設定が [継承された値を使用する] になっており、すべてのキャンペーンに対してアカウント単位で設定した値が使用されます。
    • 小売価格属性を作成した場合は、各キャンペーンで宣伝する商品の小売価格を入力します。
: レスポンシブ検索広告の場合は、キーワード、広告グループ、キャンペーン、アカウント、デフォルト値の順で、ターゲット設定がカスタマイザで使用されます。広告カスタマイザが表示されない場合やテキストが文字数制限を超える場合には、デフォルト値が使用されます。

4. 広告文をカスタマイズする(レスポンシブ検索広告に広告カスタマイザを挿入する)

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。

カスタマイザを作成したら、これを使って広告をカスタマイズします。

  1. Google 広告の管理画面で、[キャンペーン] アイコン Campaigns Icon をクリックします。
  2. セクション メニューで [キャンペーン] プルダウンをクリックします。
  3. [広告] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックし、[レスポンシブ検索広告] を選択します。
  5. 広告文内でカスタマイザを表示する位置に波かっこ「{」を入力します。広告内のカスタマイザを表示する位置に波かっこを挿入する方法を示したグラフィック。
  6. プルダウン メニューから [広告カスタマイザ] を選択します。
  7. 広告文のこの部分に表示する属性を選択します。広告文のこの部分に表示する属性の選択方法を示すグラフィック。
  8. カスタマイザがトリガーされない際に表示されるテキストを指定するには、カスタマイザのデフォルト値を入力します。
  9. [適用] をクリックします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Achieve your advertising goals today!

Attend our Performance Max Masterclass, a livestream workshop session bringing together industry and Google ads PMax experts.

Register now

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー