RBI の規制に伴うインドでの自動支払いの扱いの変更

インド準備銀行(RBI)の規制に伴い、クレジット カードおよびデビットカードを使用したすべての自動支払いでは、2021 年 9 月 30 日までに新しいガイドラインを遵守することが必要となります。RBI の規制への完全対応の期限は 2021 年 9 月 30 日まで延長されましたが、新規の Google 広告アカウントについてはこの延長は適用されません。このため次のようになります。

  • 新たに作成する Google 広告アカウントでは、別途ご案内があるまで自動支払いを選択できません。
  • 現在、毎月の請求書発行によるお支払いまたは手動支払いをご利用の場合、別途ご案内があるまで自動支払いに切り替えることはできません。

自動支払いをご利用中のお客様のお支払い基準額

インドでの自動支払いは 5,000 ルピーまでに制限されます。また、Google はご利用のカードの電子委任状を設定する必要があります。新ガイドラインに基づく定期的なお支払いの処理については、現在アップデートを進めています。ご請求額の総計は変わらず、発生する料金はご利用分のみです。

2021 年 9 月 30 日までに、お支払い基準額が 5,000 ルピーまで引き下げられます。ご利用額がお支払い基準額に達する頻度が高まるため、お支払いの発生頻度も高まる可能性があります。また、残高を基準額未満まで減らすためのご請求が発生することもあります。

RBI の電子委任状を設定する

サービスが中断されないように、次の手順に沿って Google 広告アカウントにログインし、自動支払いを有効にしてください。手順を開始する前に、ポップアップ ブロッカーを無効にしておいてください。

この操作は、規制が発効する 2021 年 10 月 1 日までに行っていただく必要があります。この期限を過ぎると、自動支払いができなくなり、サービスが中断されることがあります。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページ上部の警告アラート(表示されている場合)で [今すぐ修正] をクリックし、登録されているカードを確認すると、サービスの停止を避けることができます。

自動支払いの不承認によりアカウントの広告掲載が停止し、カードの確認を求める警告アラートではなく「9 月 30 日を過ぎると支払いができなくなる可能性があります」という通知が表示されている場合、メインのクレジット カードは RBI の規制を遵守していません。その場合、次の 2 つの方法でサービスを継続できます。

  • RBI の規制を遵守した新しいメインのお支払い方法を追加します。「新しいお支払い方法の追加」プロセスを実施していただく際、ご利用のクレジット カードが RBI を遵守しているかどうかを Google が確認いたします。
  • クレジット カードに電子委任状を設定するまで、次の手順で未払い残高の手動支払いを行うことができます。
    1. Google 広告アカウントにログインします。
    2. ツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックして、[料金] の [概要] を選択します。
    3. [お支払い] をクリックします。
    4. 案内に沿って操作し、未払い額(またはご希望であればそれを上回る額)を手動で支払います。
    5. [お支払い方法] をクリックします。
    6. メインのカードを見つけ、下に [修正] リンクが表示されている場合はクリックします。
    7. カードの情報に間違いがないことを確認し、[更新] をクリックします。

自動支払いの承認を待たず、事前に手動支払いを行っておくことも可能です。自動支払いが不承認となれば広告掲載が中断するおそれがありますが、手動支払いであらかじめアカウントの残額に余裕を持たせておけば、その心配はありません。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false