動画テストを作成する

動画テストは、動画広告の YouTube でのパフォーマンスを相互に比較できる機能です。動画テストでは、複数の動画広告を同じオーディエンスに向けて表示し、その結果をもとに、オーディエンスと相性のいい広告を割り出すことができます。この記事では、動画テストを作成する方法について説明します。

動画キャンペーンのクリエイティブ テストを描写したイラスト

仕組み

  1. テストアーム(テストによって相互に比較するグループ)を 2~4 個作成します。
  2. テストに組み込むキャンペーンを複数選択します(それぞれ異なる動画広告を含むキャンペーンを選びます)。
  3. 各キャンペーンのパフォーマンスの測定および比較に使用する、成功の指標(ブランド効果測定またはコンバージョン)を選択します。

ある自動車メーカーが、新しい SUV の動画広告を 2 種類用意しており、どちらがより多くのコンバージョンにつながるか調べたいと考えています。ターゲットは、新しい高級車や高性能車を探しているユーザー層です。そこで同社は、2 種類の動画広告をそれぞれ別のキャンペーンに入れて、両者を比較するテストを作成し、成功指標をコンバージョンに設定します。その結果、一方の広告がもう一方の広告の 8 倍のコンバージョンを発生させることがわかりました。

始める前に

  • まず、テストの戦略のもとになる仮説を立てましょう。仮説は、キャンペーン全体の目標に即した内容にします(例: 「2 分間のチュートリアル動画広告と 15 秒間の直接提案型の動画広告では、集客キャンペーンのコンバージョン率を高めるうえでどちらが効果的か?」)。
  • テストの作成に入る前に、それぞれ異なるクリエイティブを使った動画キャンペーンを 2 つ以上作成しておきましょう。
  • 各動画広告のパフォーマンスを、キャンペーンのその他の要素と切り離して評価できるよう、各キャンペーンの設定(オーディエンス、入札単価、広告フォーマットなど)はすべて共通にします。
  • ブランド効果測定は、一部の Google 広告アカウントではご利用いただけません。動画テストでブランド効果測定の使用をご希望の場合は、Google のアカウント担当者にご相談ください。テストの指標としてブランド効果測定をご利用いただけるのは、Google のアカウント担当者がお決まりのお客様のみですのでご了承ください。

動画テストの用語

動画テストの用語には、一般的にはなじみの薄いものもあります。下のセクションを展開して、用語の意味を確認しましょう。

すべて展開

  • 仮説: テストによって答えを出す質問や確認する命題を、仮説と呼びます。
  • テストアーム: 動画テストは、2 つ以上のアーム(腕、分岐)のパフォーマンスを比較することによって行います。各テストアームは、各キャンペーン(または条件を統一したキャンペーン群)に対応します。
  • トラフィック配分: トラフィック配分とは、各テストアームに誘導するトラフィックの割合の指定です。テストアームが 2 つの場合は、トラフィック配分は均等に 50% ずつとするのが一般的です。
  • 統計的有意性: 2 つ以上の変数の関係が、偶然以外の要素によるものかどうかを判断する基準です。十分なデータが蓄積し、テスト結果が統計的に有意となれば、単なる偶然や運によるものではないと考えられます。

手順

動画テストを作成する

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで、[下書きとテスト] を展開し、[動画テスト] をクリックします。
    • ページメニューに [下書きとテスト] が表示されない場合は、[その他] をクリックして、メニューで利用可能なオプションを展開します。
  3. プラスボタン をクリックして、新しいテストを作成します。
  4. テストの名称と目標を入力します。
  5. 各テストアームの名称を入力します。
  6. [キャンペーンを選択] をクリックして、各アームにキャンペーンを割り当てます。1 つのアームに複数のキャンペーンを割り当てることはできません。
    同じオーディエンスに対する各動画広告のパフォーマンスを比較する趣旨のテストなので、各アームには、それぞれ異なる動画広告を含むキャンペーンを指定しましょう。
  7. (任意)テストアームを増やす場合は、[テストアームを追加] をクリックします。テストアームの数はデフォルトでは 2 つ、最大 4 つまでです。
  8. [指標を選択] プルダウンをクリックして、成功指標としてブランド効果測定またはコンバージョンを選択します。
    テストの作成中、Google 広告の管理画面にインサイトや推奨事項が表示されることがあります。インサイトや推奨事項が緑色の場合は、そのまま設定を進めることができます。黄色または赤だった場合は、テストを保存する前に問題を解消しましょう。
  9. [保存] をクリックします。
  10. (任意)成功指標としてブランド効果測定を選択した場合、通知内の [商品またはブランドを作成] をクリックして、ブランドリフト調査を作成します。ブランドリフト調査の作成について

動画テストを終了する

テストの実施中は、トラフィックが各テストアームのキャンペーンに均等に配分されています。キャンペーンに変更を加える場合は、まずテストを終了しましょう。テストを終了すると、各キャンペーンへのトラフィック配分は元どおりになります。

  1. Google 広告で、[動画テスト] を開きます。
  2. 終了するテストを見つけます。
  3. [テストを終了] をクリックします。

次のステップ

緑色のチェックマーク 実施中の動画テストの進行状況をモニタリングする

緑色のチェックマーク 動画テストについてのインサイトやベスト プラクティスを参照する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false