推定コンバージョンについて

推定コンバージョンとは、Google では直接測定できず、集計した匿名データを使って推定したコンバージョンのことです。これにより、コンバージョンについてより詳細なレポートを提供することができます。

Cookie を使用できない場合は、一部のコンバージョンを測定できない場合があります。こうした状況は、ブラウザの Cookie 制限や、クロスデバイス コンバージョンを測定できない部分があり、Google のサービス全体で測定にずれが生じている場合に発生する恐れがあります。

推定コンバージョンでは、コンバージョンの一部を測定できない場合のマーケティング活動の成果を、機械学習を利用して数値化します。

仕組み

現在 Google 広告では、クリック数や視聴回数として集計されるはずであるにもかかわらず、さまざまな制限により測定できないウェブサイト コンバージョンをモデル化しています。こうした測定されないクリック数や視聴回数は、推定コンバージョンを通じて、実際に測定されたコンバージョンとともにアカウントのレポートに追加されます。

コンバージョン データの欠損または消失が原因でコンバージョンを測定できない場合は、次の方法でコンバージョンのモデル化が行われます。

  • 実際に測定されたコンバージョンが発生しているトラフィックの一部を特定する。
  • データが欠落または消失しているトラフィックの一部に統計的手法を適用する。

推定コンバージョンは、デバイスの種類、日時、コンバージョンの種類など、その時点で測定可能なシグナルを利用して、ユーザーの行動を正確に把握し、集計します。

推定コンバージョンのメリット

  • すべての広告でトラフィックを包括的に測定: 広告の成果をより正確に把握し、コンバージョン経路全体の状況を知ることができます。
  • キャンペーンを効率よく最適化: 推定コンバージョンを活用すれば、キャンペーンをより効果的に運用できます。
  • ユーザーが複数のデバイスでコンバージョンを達成するまでのプロセスを把握し、オムニチャネル マーケティングの効果を改善
    • たとえば、あるデバイスで操作を始めたユーザーが、別のデバイスでコンバージョンを達成した場合、コンバージョンを関連付けることができない場合があります。そこで Google では、Google の各種サービスにログインしている多くのユーザーのデータを確認し、ログアウトしているユーザーの同様の動作を推定しています。
  • コンバージョンを正確に測定しながら、レポートの作成では匿名化された集計済みデータのみを使用しています。こうしたプライバシー重視のアプローチにより、ユーザーのコンバージョンを包括的に把握できるようにすることで、コンバージョンを直接測定できない場合でも影響が出ないようにしています。

ヒント: お客様のアカウントでコンバージョンの推定精度を高めるには、グローバル サイトタグGoogle タグ マネージャーを使用します。これにより、測定可能なコンバージョンをできるだけ多く集め、統計的なモデリングの手法を適用できるようになります。オンライン コンバージョンを測定するには、お客様のサイトと同じドメインの Cookie(ファーストパーティの Cookie)を設定するタグ付けツールを使うのが最適な方法です。

推定コンバージョン データを表示する方法

推定コンバージョンは、レポートの [コンバージョン] 列に含まれます。[コンバージョン] 列には、さまざまなコンバージョン アクションで発生したコンバージョンの数が表示されますが、発生したすべてのコンバージョンを測定できない場合には、推定コンバージョンが含まれることもあります。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。