Gemini アプリのプライバシー ハブ

最終更新日: 2024 年 5 月 8 日

目次

Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせ

最終更新日: 2024 年 2 月 7 日

ユーザーデータと Gemini アプリ

このお知らせおよび Google のプライバシー ポリシーでは、ユーザーが Gemini アプリを使用する際に Google がユーザーのデータをどのように取り扱うかを説明しています。「Gemini アプリ」とは、このお知らせで言及されているアプリにおける Google の一般ユーザー向けの会話型 AI サービスを指します。

Gemini アプリは Google LLC(以下「Google」)が提供します。

Google は、Gemini アプリとの会話、関連プロダクトの使用に関する情報、ユーザーの現在地に関する情報、およびユーザーのフィードバックを収集します。Google ではこのデータをプライバシー ポリシーに従って使用し、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術(Google Cloud など、Google の企業向けプロダクトも含む)の提供、向上、開発に使用します。

18 歳以上のユーザー、または18 歳未満で [Gemini アプリ アクティビティ] をオンにしているユーザーの場合は、Gemini アプリ アクティビティが Google アカウントとともに保存されます。デフォルトの最長保存期間は 18 か月間ですが、Gemini アプリ アクティビティの設定で 3 か月または 36 か月に変更することができます。デバイスから取得したユーザーのおおよその現在地、IP アドレス、または Google アカウントに登録されている自宅や職場の住所などの位置的情報も Gemini アプリ アクティビティとともに保存されます。詳しくは、g.co/privacypolicy/location をご覧ください。

品質の向上とプロダクトの改善(Gemini アプリで使用される生成機械学習モデルなど)のため、人間のレビュアーが Gemini アプリとの会話を確認し、注釈を付け、処理を行います。このプロセスの一部として、プライバシーを保護するための措置が講じられています。これには、レビュアーが Gemini アプリとの会話を確認したり注釈を付けたりする前に、その会話と Google アカウントとの関連付けを解除する措置も含まれます。会話には機密情報を入力しないでください。また、レビュアーに見られたくないデータや、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の向上に使用されたくないデータも入力しないでください。

プライバシーに関する設定

Google アカウントで、データやプライバシーを保護するための設定画面とツールにアクセスできます。

Google アカウントに会話を保存せずに Gemini アプリを使用したい場合は、Gemini アプリ アクティビティをオフにすることができます。myactivity.google.com/product/gemini では、メッセージを確認したり、[Gemini アプリ アクティビティ] から会話を削除したりできます。

人間のレビュアーが確認した、または注釈を付けた会話(および言語、デバイスの種類、位置情報、フィードバックなどの関連データ)は別途保存され、Google アカウントには関連付けられないため、Gemini アプリ アクティビティを削除しても消えることはありません。こうした会話は、最長で 3 年間保存されます。

[Gemini アプリ アクティビティ] がオフになっている場合でも、会話は最長で 72 時間アカウントに保存されます。この期間は、Google がサービスを提供し、フィードバックを処理するために設けられています。このアクティビティはユーザーの [Gemini アプリ アクティビティ] には表示されません。詳細

この設定をオフにした場合や Gemini アプリ アクティビティを削除した場合、ウェブとアプリのアクティビティロケーション履歴などの設定により、他の Google サービスの使用の一環として、位置情報などのデータが引き続き保存されることがあります。また、Gemini アプリを他の Google サービスと統合して使用する場合、データはサービスのポリシーおよび Google のプライバシー ポリシーに準拠してサービスを提供、改善するために使用されます。サードパーティ サービスとのやり取りに Gemini アプリを使用する場合は、ユーザーデータは各サービスのプライバシー ポリシーに従って処理されます。

ユーザーは、Google のポリシーまたは適用される法律に基づき、コンテンツの削除をリクエストすることができます。また、情報をエクスポートすることもできます。

詳しくは、Gemini アプリに関するよくある質問Gemini アプリに関するプライバシー ハブをご覧ください。

モバイル アシスタントとして、Google アシスタントから Gemini に切り替える

特定の地域においては、モバイル アシスタントとして Google アシスタントから Gemini に切り替えることができます。その場合:

  • Google はまた、プライバシー ポリシーに従って、ユーザーからのメッセージを理解して応答するために必要なコンテキスト情報(連絡先、アラーム、予定、インストール済みのアプリ、スマートホーム デバイスの名前、通知、プレイリストなど)を収集し、使用します。
  • Gemini は、以前 Google アシスタントが行っていたように、通話やテキスト メッセージの作成をサポートできます。
    • 18 歳以上のユーザーが、切り替える前の 90 日間に Google アシスタントを使用して通話またはテキスト メッセージを送信していた場合は、保存されている Google アシスタントへの通信リクエストの履歴(例: 「佐々木さんに WhatsApp メッセージを送信して」)が、[ウェブとアプリのアクティビティ] から [Gemini アプリ アクティビティ] に読み込まれます。アシスタントのアカウントに基づく情報の設定がオンになっている場合、このデータは Gemini を使いやすくするために使用されます(適切な連絡先やメッセージ アプリの選択など)。アカウントに基づく情報の設定はいつでもオフにできます。
  • 「OK Google」や Voice Match などの Gemini の一部の機能は Google アシスタントによって提供されます。これらの機能の設定は、Gemini モバイル アプリの設定で調整することができます。詳細
  • Gemini はユーザーが意図しないタイミングで起動することがあります。たとえば、「OK Google」のように聞こえるノイズが検出された場合などです。このような状況が発生し、Gemini が応答した場合は、意図して起動したときと同じように、設定に従って処理されます。

注意事項

  • Gemini アプリは試験運用中の技術であるため、生成される情報は不正確または不適切な場合がありますが、Google の見解を述べるものではありません。
  • 医学上、法律上、金融上、またはその他の専門的な助言として、Gemini アプリの回答に依拠しないでください。
  • お寄せいただいたフィードバックは、Gemini アプリの改善に活用させていただきます。
  • Gemini アプリに話しかけた場合、Google はユーザーの声と音声を処理しますが、デフォルトではこれらの情報は Google サーバーに保存されません。

利用規約

ユーザーは、Gemini アプリの利用には Google 利用規約および生成 AI の追加利用規約が適用されることに同意するものとします。

また、韓国に居住する一般ユーザーの場合、Gemini アプリを韓国での現在地情報の利用規約に従って使用することに同意するものとします。

プライバシーに関する質問

最終更新日: 2024 年 5 月 8 日

全般

Gemini アプリとは何ですか?

Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせと Gemini アプリのプライバシー ハブで言及されている Gemini アプリには、次のものが含まれます。

データの処理に異議を申し立てる、または Gemini アプリの回答における不正確なデータの修正をリクエストする方法はありますか?

Gemini アプリを含む LLM(大規模言語モデル)サービスは、「ハルシネーション」を起こし、不正確な情報を事実と錯覚して提示することがあります。

特定のプライバシー法(EU の一般データ保護規則を含みます)に基づき、ユーザーに以下の権利が認められることがあります。

  1. 個人データの処理について異議を申し立てる。または、
  2. Gemini アプリの回答内の不正確な個人データの訂正を要請する。

これらの権利を行使するには、ヘルプセンターでリクエストを作成してください。

Gemini アプリで直接リクエストを作成することもできます。Gemini アプリの回答の下にあるその他アイコン 次に [法的な問題を報告] を選択します。

リクエストを作成する

その他のリソース

Google が収集したデータに関してユーザーが権利を行使する方法について詳しくは、Google プライバシー ポリシーGemini アプリのプライバシーに関するお知らせをご覧ください。

欧州連合(EU)または英国(UK)のデータ保護法に基づく Gemini アプリ データの処理に対する Google の法的根拠はどのようなものですか?

欧州連合(EU)または英国(UK)のデータ保護法がユーザーの情報の処理に適用される場合は、以下をご確認ください。

Gemini アプリを使用すると、Google は以下の目的と法的な理由に基づいてユーザーの情報を処理します。

以下に記載されている「ユーザーの Gemini アプリ情報」には、次のすべてが含まれます。(i)Gemini アプリとの会話および関連プロダクトの使用状況に関する情報(ユーザーの位置情報を含む)、および(ii)ユーザーのフィードバック。

Google の法的根拠は次のとおりです。

  • 契約の履行。Google は、Google 利用規約および生成 AI の追加利用規約に基づいてユーザーが依頼した Gemini サービスを提供および維持する目的で、ユーザーの Gemini アプリ情報、およびユーザーが Gemini を他のサービスと統合したときに Gemini に処理する権限を付与したその他すべてのユーザー情報を処理します。たとえば Google は、ユーザーの質問に回答したり、Gemini アプリのさまざまな機能(コードの生成など)を提供したりするために、ユーザーの Gemini アプリ情報を処理します。
  • ユーザーのプライバシーを保護するための適切な安全保護対策に伴う Google および第三者の正当な利益。
    • Google は、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の提供、維持、向上、および開発を行う目的で、一般公開されているソースから得た情報およびユーザーの Gemini アプリ情報を処理します。
      • この目的での情報の処理は、以下を行ううえでの Google および Google ユーザーの正当な利益のために必要となります。
        • ユーザーのニーズを満たすためにサービスを提供、維持、および向上する(安全性や正確性のために、モデルを微調整したり Gemini アプリの回答を改善したりするための会話の使用など)。
        • ユーザーに役立つ新しいプロダクトや機能を開発する(特定の質問に答えるために最適な新しい大規模言語モデルにリクエストをルーティングする方法を学習したり、それらのリクエストを処理する新しいモデルをトレーニングしたりするなど)。
        • Google のサービスがどのように利用されているかを把握し、サービスのパフォーマンスの維持および向上を図る(ユーザー エクスペリエンスを最適化するために、ユーザーがどのように Gemini アプリを使用しているかを把握するための指標を生成するなど)。
        • ユーザーにより適切なエクスペリエンスを提供できるよう、サービスをカスタマイズする(Gemini アプリがより関連性の高い回答を提供できるよう、ユーザーの位置情報および過去の会話を使用するなど)。
    • また、Google は、Google、ユーザー、または公衆に影響を及ぼす可能性のある不正行為、不正使用、セキュリティ上のリスク、技術的な問題を検出、防止し、それらに対応することなどにより、Gemini アプリの機能、安全性、信頼性を維持する目的でも、ユーザーの Gemini アプリ情報を処理します。
      • この目的での情報の処理は、以下を行ううえでの Google、Google ユーザー、および公衆の正当な利益のために必要となります。
        • 不正行為、不正使用、セキュリティ上のリスク、技術的な問題の検出、防止、または対応(バグの修正やエラーに対するトラブルシューティングなど)。
        • 法律上の義務に応じて、または法律上認められる範囲内で、Google、Google ユーザー、または公衆の権利、財産、あるいは安全に害が及ぶことを防ぐ(安全分類器やモデルフィルタの更新など)。
        • ユーザーに対する Google のサービスを向上させ、公衆の利益となるリサーチを行う。
        • 適用される利用規約への違反の可能性に関する調査を含む法的申し立ての執行(問題として報告された疑わしいアクティビティやインタラクションのレビューなど)。
      • この目的での情報の処理は、デベロッパーや権利所有者などのパートナーに対する義務(知的財産権所有者からの削除リクエストの遵守など)を果たすうえでの Google およびビジネス パートナーの正当な利益のためにも必要となります。
    • Google は、ユーザーのリクエスト(たとえば指定した連絡先からのメールを要約する)に応答するために、ユーザーが Gemini アプリに提供した他の人の個人データを処理します(Gemini アプリを Google Workspace などの他のサービスと統合している場合など)。
  • 法的義務。また、Google は、適用される法律、規制、法的手続き、または強制力のある政府機関の要請に応じるためにもユーザーの Gemini アプリ情報を処理します(政府機関から情報に関する法的要請があった場合など)。
  • ユーザーの同意。Gemini アプリの開発に際し、Google は特定の目的のためにユーザーの情報を処理することについて、ユーザーの同意を求めることがあります。Google が情報の処理をユーザーの同意に依拠している場合には、ユーザーはいつでも同意を撤回する権利を有します。
どのような種類のデータが収集され、どのように使用されますか?

収集されるデータの種類

Gemini アプリとユーザーのやり取りにおいて、Google は以下のユーザーの情報を収集します。

  • 会話
  • 位置情報
  • フィードバック
  • 利用状況情報

Gemini をモバイル アシスタントとして使用している場合、Google はユーザーの入力内容を理解して応答したり、ハンズフリーのサポートを提供したりするために、追加の情報を処理します。

Gemini 拡張機能を利用すると、Gemini アプリと他のGoogle アプリやサービスとの間でユーザーのデータが共有され、Gemini アプリがそのユーザーにより適切に応答できるようになります。ユーザーのデータと拡張機能の詳細

詳しくは、Google プライバシー ポリシーGemini アプリのプライバシーに関するお知らせをご覧ください。

Google によるこのデータの利用方法

Google はこのデータを、Gemini アプリの基盤ともなっている Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の提供、向上、開発に使用します。詳しくは、Google プライバシー ポリシーGemini アプリのプライバシーに関するお知らせをご覧ください。

いくつか例を示します。

  • Gemini アプリは、回答を生成するために、ユーザーとの過去の会話、位置情報、および関連情報を使用します。
  • Google は、ユーザーからのフィードバックを確認し、Gemini アプリの安全性の向上に活用します。また、大規模言語モデルの一般的な問題の軽減にもフィードバックを活用しています。

Google がユーザーデータのプライバシー、安全性、セキュリティをどのように保護しているかについて、詳しくは Google のプライバシー原則をご確認ください。

位置情報を管理する方法

位置情報の設定はいつでも変更できます。詳しくは、位置情報と Google が位置情報を利用する仕組みをご覧ください。

Google は、広告を表示するために Gemini アプリでの会話を使用しますか?

Google は、Gemini アプリとの会話を広告を表示するためには使用していません。今後この点を変更する場合は、明確にお知らせします。

Google がユーザーデータのプライバシー、安全性、セキュリティをどのように守っているかについて詳しくは、プライバシーとセキュリティの原則をご確認ください。

誰が、ユーザーと Gemini アプリの会話にアクセスできますか?

Google はユーザーのプライバシーを重視しており、個人情報を販売することはありません。ユーザーのプライバシーを守りつつ Gemini の品質を高められるように、会話の一部を選択し、ユーザーを特定できる情報(メールアドレス、電話番号など)を自動化ツールで削除しています。こうして抽出したサンプルの会話は、トレーニングを受けたレビュアーによりレビューされ、Google アカウントとは切り離された形で最長 3 年間保存されます。詳しくは、Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせをご覧ください。

レビュアーと共有する情報を管理する方法

[Gemini アプリ アクティビティ] をオフにした場合、それ以降の会話は人間によるレビューのために送信されることはなく、生成機械学習モデルの改善にも使用されなくなります。

Gemini アプリとの会話に機密情報を入力しないでください。また、レビュアーに見られたくないデータや、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の向上に使用されたくないデータも入力しないでください。

Google アカウントから自分のデータにアクセスして削除できますか?

はい。Gemini アプリでは、[Gemini アプリ アクティビティ] へのリンクが表示されています。このページにアクセスすることで、データを管理したり削除したりできます。

固定したチャットや最近のチャットから、チャットを削除することもできます。この操作を行うと、[Gemini アプリ アクティビティ] からも関連するアクティビティが削除されます。詳しくは、チャットの管理についての説明をご覧ください。

Gemini アプリ アクティビティの管理について

[Gemini アプリ アクティビティ] をオンにすると、Gemini アプリ アクティビティ(プロンプト、回答、フィードバックなど)が Google アカウントに保存されます。

[Gemini アプリ アクティビティ] がオフになっている場合でも、会話は最長で 72 時間アカウントに保存されます。この期間は、Google がサービスを提供し、フィードバックを処理するために設けられています。

このアクティビティはユーザーの [Gemini アプリ アクティビティ] には表示されません。

Gemini アプリ アクティビティを管理する方法

[Gemini アプリ アクティビティ] では、いつでも以下の操作を行えます。

Gemini アプリ アクティビティの詳細

また、ユーザーの情報をエクスポートすることもできます。詳しくは、Google プライバシー ポリシーおよび Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせをご覧ください。

Gemini アプリとの会話、フィードバック、関連データを人間がレビューする必要があるのはなぜですか?

人間によるレビューでモデルを改善する仕組み

Google は、Google のプロダクト(Gemini アプリ の基盤となっている生成機械学習モデルなど)を改善し、すべてのユーザーにとってより安全で有用かつ便利なものにするために、Gemini アプリ ユーザーとの会話(およびフィードバックと関連データ)を活用します。人間によるレビューは、モデルを改善するプロセスにおいて不可欠なステップです。人間によるレビュー、評価、書き換えを通じて、人間は Gemini アプリの基盤となっているような生成機械学習モデルの品質をさらに向上させることができます。

このプロセスにおけるプライバシーの保護

Google は、この人間によるレビューのプロセスにおいて、プライバシーを保護するためのさまざまな対策を講じています。

  • レビュアーが表示して注釈を付ける会話(およびフィードバックと、言語、デバイスタイプ、位置情報などの関連データ)は、どのユーザー アカウントにも関連付けられていません。
  • また、人間がレビューするサンプルは無作為に抽出し、Gemini アプリとの会話全体ではなくその一部のみをレビューするようにしています。

プロセスの仕組み

  • まず、訓練を受けたレビュアーが会話の内容を確認し、Gemini アプリの回答の品質が低くないか、不正確でないか、有害でないかなどを評価します。
  • 次に、訓練を受けた評価担当者が、より品質の高い回答を提案します。
  • これらは、生成機械学習モデルによる回答の品質向上に向け、モデルの学習に使用するより良いデータセットを作成するために使用されます。

レビューしたデータの保持期間

人間のレビュアーがレビューした Gemini アプリとの会話(およびフィードバックと、言語、デバイスタイプ、位置情報などの関連データ)は、ユーザーの Google アカウントから切り離された形で別途保存されるため、Gemini アプリ アクティビティを削除しても消えることはありません。こうした会話は、最長で 3 年間保存されます。

レビュアーと共有する情報を管理する方法

[Gemini アプリ アクティビティ] をオフにした場合、それ以降の会話は人間によるレビューのために送信されることはなく、生成機械学習モデルの改善にも使用されなくなります。

人間のレビュアーに見られたくない内容や Google に使用されたくない情報は入力しないでください。たとえば、機密性が高いと思われる情報や、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の向上に使用されたくない情報は入力しないでください。

[Gemini アプリ アクティビティ] のオン / オフ、管理、削除についての説明をご覧ください。また、Google が保存する Gemini アプリ アクティビティは、[マイ アクティビティ] でいつでも管理できます。

Gemini アプリ アクティビティをオフにしても、Google が会話を保持するのはなぜですか?Google はこれらのデータを何に使用するのですか?

Gemini アプリの維持と改善につなげ、より安全で質の高いエクスペリエンスをすべてのユーザーに提供するために、Google はこうした会話を、質問に回答するためだけでなく、お寄せいただいたフィードバックを詳しく理解するためのコンテキストとしても使用します。

[Gemini アプリ アクティビティ] をオフにした後もアカウントに保存される会話の詳細は次のとおりです。

Gemini アプリでフィードバックを送信する前

  • [Gemini アプリ アクティビティ] がオフになっている場合でも、Google はユーザーの会話をアカウントに最長 72 時間保存します。このアクティビティはユーザーの [Gemini アプリ アクティビティ] には表示されず、次の目的で使用されます。
    • コンテキストに沿って会話に回答するため。この目的には直近の 24 時間以内のデータのみ使用します。
    • Gemini アプリの安全性とセキュリティを維持し、Gemini アプリを改善するため。この目的において、Google では、システムに障害が発生した場合にバックエンド プロセスのデータを利用できるように、72 時間の保持期間を必要としております。
  • [Gemini アプリ アクティビティ] をオフにした場合、アカウントに保存される新しい会話を Google が生成機械学習技術の向上のために使用することはありません(ユーザーが会話に関するフィードバックを送信する場合を除きます)。

Gemini アプリでフィードバックを送信した後

Google にフィードバックを送信すると、Google のシステムによって以下の情報が収集されます。

  • 送信したフィードバック。
  • フィードバックに含めたすべてのコンテンツ。
  • フィードバックをより深く理解するうえで、役に立つ可能性のあるコンテキスト。これには、過去 24 時間の利用可能な会話データ(ユーザーが最近 Gemini アプリに質問した内容やそれに対する Gemini アプリの回答など)も含まれます。

フィードバックの使用方法

フィードバックとそれに関連付けられている会話、関連データは次のように扱われます。

  • 特別にトレーニングを受けたチームがレビューします。人間によるレビューは、フィードバックで指摘された潜在的な問題点を特定、対処、報告するために必要なプロセスです。これは、法律で義務付けられている場合もあります。
  • Google プライバシー ポリシーに従って使用されます。Google はこのデータを、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の提供、向上、開発に使用します。この点については、プライバシー ポリシーで詳しく説明しています。
    • たとえば、Google はこのデータを Gemini アプリの安全性向上のために使用し、安全でない質問や回答を検出して回避できるようにします。
  • 最長で 3 年間保存されます。レビュー済みのフィードバックとそれに関連付けられている会話、関連データは、Google アカウントとは切り離された形で最長 3 年間保存されます。

Gemini アプリに関するフィードバックを送信する方法と問題を報告する方法をご覧ください

Gemini は試験運用中とのことですが、そのことは何を意味するのですか?

Google の Technology and Society 部門シニア バイス プレジデント、James Manyika がこちらの Bard の概要で説明しているとおり、Gemini アプリ(以前の Bard)は大規模言語モデル(LLM)をベースとしており、Gemini アプリの基盤となっているモデルは、ほとんどの LLM と同様に、一般公開されている情報源からのさまざまなデータに基づいて事前にトレーニングされています。

LLM の仕組み

LLM は、この事前トレーニングを通じて言語のパターンを学習し、それに基づいて次に続く可能性が高い単語を予測します。しかしながら、次の単語として最も可能性が高い単語ばかりを選択していると回答の創造性が低下します。LLM にある程度の柔軟性を持たせているのはそのためです。次に続く単語として妥当なものの中から、次に続く可能性が多少低い単語も選択できるようにすることで、より興味深い回答が生成されるようにしています。

回答が常に正確とは限らない理由

LLM を実際に利用してみると、事実に関する質問に適切に回答し、情報を適切に検索してくれる印象を受けることがありますが、LLM は情報データベースでも情報検索システムでもありません。データベースの場合は、同じクエリを実行すると毎回まったく同じ回答が返されます。一方 LLM の場合は、同じ質問をしても毎回同じ回答を返すとは限らず、トレーニングに使用した実際の情報が返ってくるとも限りません。これは LLM が、情報を取得するためではなく、次に続く可能性が最も高い単語を予測するようにトレーニングされているためです。

この点は、LLM が人物などのトピックについて、もっともらしいが不正確な回答を生成することができる理由の重要な要因でもあります。事実が重視される場面では最良とはいえませんが、創造性や予期せぬ結果が求められる場面では有用となる可能性があるのです。

Gemini アプリが試験運用版である理由

Gemini アプリは、Google が責任を持って LLM を開発するための長期的かつ継続的な取り組みの一部であり、その過程で Google が継続的に取り組んでいる以下の 5 つの分野を含む、LLM に関わるいくつかの制限を特定し、議論してきました。

  • 正確性: 人物などのトピックに関する質問、特に複雑な問題や事実に基づく問題について質問した場合に、Gemini アプリが不正確な回答を生成する場合がある。
  • バイアス: 人物などのトピックに関するバイアスや視点がトレーニング データに内在する場合、それが Gemini アプリの回答に反映されることがある。
  • ペルソナ: Gemini アプリの回答が個人的な見解や感情を持つかのような示唆を与える可能性がある。
  • 偽陽性と偽陰性: Gemini アプリが適切なプロンプトに回答しない可能性や、不適切な回答を提供する可能性がある。
  • 敵対的なプロンプトに対する脆弱性: 敵対的なユーザーが Gemini アプリに対して過重な負荷をかける方法を見つける可能性がある。たとえば、そうしたユーザーは、人物などのトピックについて Gemini アプリが「ハルシネーション」を起こし、不正確な情報を提供してしまうようなプロンプトを送信することがあります。

Google は、Gemini アプリのリリース前にこれらの分野に重点を置いて取り組んできました。こうした分野においてさらに幅広く研究を進め、今後も改善を続けていきます。詳細

位置情報

Gemini アプリはどのような位置情報を収集し、どのように利用していますか?

Gemini アプリを使用すると常に位置情報が収集されます。これは、ユーザーの質問との関連性が高い回答を提供するためです。たとえば「天気はどう?」という質問に回答する場合、Gemini アプリがユーザーの現在地を把握している必要があります。

Gemini アプリによる位置情報の取得とその用途

Gemini アプリはさまざまな情報源から位置情報を収集します。デフォルトでは、IP アドレスや Google アカウントの自宅と職場の住所を使用しておおよその現在地を把握することで、「天気はどう?」のような質問にも適切に回答します。

ユーザーが許可すると、Gemini アプリはより関連性の高い回答を生成するために、デバイスからの正確な位置情報のデータの処理も行います。正確な位置情報を使用することで、たとえば「一番近いコーヒー ショップは?」といった質問により正確に回答できるようになります。

Google は、また、Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせに記載されている目的と法的根拠に基づいて、ユーザーの位置情報(正確な位置情報を含む)を使用することがあります。位置情報について詳しくは、g.co/privacypolicy/location をご覧ください。

正確な位置情報の共有

Gemini アプリは、ユーザーのリクエストに応えるため、ユーザーの正確な位置情報を Google マップなどの別の Google サービスと共有することがあります(可能な場合)。位置情報を取得する Google サービスは、Google プライバシー ポリシーに従って位置情報を使用します。

位置情報の保存方法

  • 正確な位置情報が、ユーザーの [Gemini アプリ アクティビティ] に保存されることはありません。
  • Gemini アプリが処理する位置情報は、Gemini アプリ アクティビティとともに保存される前に、おおよその現在地としてあいまい化されます。おおよその現在地とは、少なくとも 1,000 人のユーザーが存在する 3 平方キロメートル以上の範囲です。これにより、質問した個人を特定できないようにし、ユーザーのプライバシーを保護しています。おおよその現在地の範囲は、都市部以外では 3 平方キロメートルよりかなり広くなるのが一般的です。

データを管理する方法

ユーザーは、以下の操作をいつでも行えます。

Gemini アプリが正確な位置情報にアクセスして使用しているどうかを確認するにはどうすればよいですか?

Gemini ウェブアプリ

Gemini ウェブアプリのメニューの下部には、アプリによって処理された位置情報の継続的な透明性を示すためのユーザー インターフェース要素が表示されます。

gemini.google.com が正確な位置情報にアクセスし、使用しているかどうかを確認する手順は次のとおりです。

  1. gemini.google.com にアクセスします。
  2. 左上のメニュー アイコン をタップします。
  3. メニューの下部で、位置情報の横に表示されている点を確認します。
    • 点が青色の場合、gemini.google.com は正確な位置情報にアクセスして使用しています。
    • 点がグレーの場合、gemini.google.com は正確な位置情報を使用していません。

Gemini モバイルアプリ(Android)

Gemini アプリ をダウンロードしている場合でも、Gemini は Google アプリによってホストされます。Gemini が正確な位置情報にアクセスし、使用しているかどうかを確認する手順は次のとおりです。

  1. Android デバイスで設定アプリを開きます。
  2. [位置情報] 次に [アプリへの位置情報の利用許可] をタップします。
  3. [Google] Google 検索 をタップします。
  4. [正確な位置情報を使用] がオン になっているかどうかを確認します。
    • オン の場合は、Gemini と他のサービス(検索など)はユーザーの正確な位置情報にアクセスすることができます。
    • オフ の場合は、Gemini と他のサービス(検索など)はユーザーの正確な位置情報にアクセスすることはできません。
  5. アプリでの位置情報へのアクセスについて、[常に許可]、[アプリの使用中のみ許可]、[毎回確認]、または [許可しない] を選択します。

Gemini モバイルアプリ(iOS)

Google アプリ内の Gemini が正確な位置情報にアクセスしたり、使用したりしているかを確認します。

  1. iPhone で設定アプリを開きます。
  2. [プライバシーとセキュリティ] 次に [位置情報サービス] をタップします。
  3. [Google] をタップします。
  4. [正確な位置情報] がオン になっているかどうかを確認します。
    • オン の場合は、Gemini と他のサービス(検索など)はユーザーの正確な位置情報にアクセスすることができます。
    • オフ の場合は、Gemini と他のサービス(検索など)はユーザーの正確な位置情報を使用していません。
  5. アプリでの位置情報へのアクセスについて、[常に許可]、[使用中のみ]、[次回確認]、または [許可しない] を選択します。

Gemini in Google メッセージ

Gemini in Google メッセージはユーザーの正確な位置情報にアクセスできません。

位置情報とその管理方法についての説明をご覧ください。

アップロードされたファイル

アップロードしたファイルを確認、管理するにはどうすればよいですか?

アップロードしたファイルを確認できる場所

アップロードした画像やドキュメントなどのファイルは、Gemini アプリの固定したチャットと最近のチャットで確認できます。

アップロードしたファイルを管理する方法

[Gemini アプリ アクティビティ] で、ファイルをアップロードしたプロンプトを削除できます。ファイルのアップロード元に基づき、ファイルは削除されるか、回答で使用されなくなります。

  • ファイルがデバイスからアップロードされた場合、関連するプロンプトを削除するとファイルも削除されます。
  • ファイルが Google ドライブからアップロードされた場合、関連するチャットでファイルが回答に使われることはなくなりますが、Google ドライブからは削除されません。
Google はアップロードされた画像をどのように扱いますか?

プロンプト内の画像の取り扱い

プロンプトに画像を追加すると、Gemini アプリは Google レンズの技術を使用して画像に何が含まれているかを識別します。たとえば、Google レンズが画像のピクセルを「ジャンプしている猫」と解釈したとします。Gemini アプリは、この情報をプロンプトに追加することで、ユーザーのリクエストをより的確に理解しようとします。Google は、Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせに記載されているように、この情報を他の Gemini アプリのプロンプトと同様に使用します。

実際の画像の使用制限

現時点では、ユーザーがアップロードした実際の画像やピクセルを、機械学習技術の向上を目的として使用することはありません。ただし、フィードバックに画像が含まれている場合は例外です。Gemini アプリの回答に関するフィードバックを送信すると、無効にしない限り、その回答よりも前に同じ会話内で最後にアップロードされた画像がフィードバックの一部として含まれます。Google は、このデータをその他すべてのフィードバックと同様に使用します。詳しくは、Google がフィードバックを使用する方法をご覧ください。

Google は今後も画像を活用し、新機能の提供とサービスの向上に役立ててまいります。画像の処理方法を変更する場合は、透明性を確保できるようにします。

Google はアップロードされたファイルをどのように扱いますか?

プロンプトでファイルをアップロードすると、Gemini アプリはそのファイルをプロンプトと関連するものとして解釈します。たとえば、そのファイルを分析し、回答でファイルについての情報を提供することがあります。

実際のファイルの使用制限

現時点では、ユーザーがアップロードしたファイルを、機械学習技術の向上を目的として使用することはありません。

今後、新機能を提供しサービスを改善していくにあたり、アップロードされたファイルの使用方法を変更する場合は、透明性を確保できるようにします。

生成された画像

重要:

  • Gemini アプリでの画像生成は、欧州経済領域(EEA)、スイス、英国を除くほとんどの国でご利用いただけます。英語のメッセージでのみ使用できます。
  • 現在のところ、この機能は 18 歳未満のユーザーはご利用になれません。
生成した画像を確認したり管理したりするにはどうすればよいですか?

生成された画像は、固定したチャット、最近のチャット、Gemini アプリ アクティビティで確認できます。[Gemini アプリ アクティビティ] でプロンプトを削除すると、その回答で生成された画像も削除されます。

Google は生成された画像をどのように扱いますか?

Google ではこのデータを Gemini アプリのプライバシーに関するお知らせに従って、Google のプロダクト、サービス、機械学習技術の提供、向上、開発のために使用します。

Gemini アプリの回答にフィードバックを送信いただいた場合、Google はこのデータをその他すべてのフィードバックと同様に使用します。詳しくは、Google がフィードバックを使用する方法をご覧ください。

拡張機能

Gemini アプリが Gemini 拡張機能と共有した私のデータはどうなりますか?

Gemini 拡張機能は、Gemini アプリと連携する Google サービスです。拡張機能を使用することで、Gemini アプリをより効果的に利用できます。Gemini アプリと拡張機能が連携している場合、関連する情報を探してユーザーに応答するために、Gemini アプリ拡張機能にデータを共有します。

Gemini 拡張機能の詳細

共有されるデータ

ユーザーに応答するために、Gemini アプリは以下のデータを有効になっている拡張機能と共有します。

  • ユーザーとの会話からの情報
  • 言語やデバイスの種類などの設定
  • 位置情報

権限が与えられている場合は、Gemini アプリは、ユーザーが誰であるかを拡張機能と共有します。これは、ユーザーとそのユーザーの個人情報や他のGoogleサービス内のコンテンツとを連携させて、Gemini アプリがより適切に応答するために必要な共有です。Gemini 拡張機能との連携の詳細

共有されたデータの使用の仕組み

他の Google サービスと共有した情報は、Google プライバシー ポリシーに従って以下の目的で使用されます。

  • ユーザーのリクエストに応えるため
  • Gemini アプリと拡張機能を統合するための Google の技術(API など)を維持するため
  • それらのサービスを改善し、すべての Google ユーザーにより適切に応答できるようにするため

共有されたデータの削除の仕組み

Google が収集したデータを保持する仕組みで説明されているとおり、Google サービスと共有したこれらの情報は、上記の目的において不要になった時点で自動的に削除されます。関連する会話を [Gemini アプリ アクティビティ] から削除しても、共有された情報は他のサービスからは削除されません。

データを管理する方法

Gemini アプリが Gemini 拡張機能から取得した私のデータはどうなりますか?

Gemini拡張機能の利用を選択して、ユーザーとそのユーザーの個人情報や他のGoogleサービス内のコンテンツとを連携させ、Gemini アプリがより適切に応答できるようにすることができます。Gemini 拡張機能の詳細

データの使用方法

Gemini アプリは、拡張機能から取得したユーザーの個人データ(氏名、メールアドレス、非公開コンテンツなど)を処理し、以下の目的で使用します。

  • ユーザーに要求された際に Gemini アプリの機能を提供するため。具体例を以下に示します。
  • Gemini アプリのサービスを維持するため。具体例を以下に示します。
    • サービスに問題が発生した際に復旧する
    • 全体的なユーザー エクスペリエンスを測定する

Gemini アプリが拡張機能から取得したユーザーの個人的なコンテンツは、以下のように取り扱われます。

  • 人間のレビュアーによるアクセスやレビューは許可されない
  • Gemini アプリの基盤をなす生成機械学習技術の向上には使用されない
  • 広告を表示するために Gemini アプリで使用されることはない
  • Gemini アプリ サービスの提供および維持に必要な期間を過ぎた後は保存されない

データを管理する方法

  • 拡張機能は、Gemini アプリの拡張機能の設定でいつでもオフにできます。
  • Gemini アプリ アクティビティの設定を変更することができます。
    • [Gemini アプリ アクティビティ] をオフにすると拡張機能もオフになり、[Gemini アプリ アクティビティ] をオンにすると拡張機能も再びオンになります。

関連リソース

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー