広告のパーソナライズから特定のイベントとユーザー プロパティを除外する

この機能は、Firebase 向け Google アナリティクスと Google アナリティクスのアプリ + ウェブ プロパティでのみご利用いただけます。

特定のイベントまたはユーザー プロパティをパーソナライズド広告での使用から除外し、そのデータを測定にのみ使用することができます。

オーディエンスへの影響

広告のパーソナライズからイベントまたはユーザー プロパティを除外した場合、そのデータに基づくオーディエンスはアナリティクスから Google の広告サービス(例: Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360)にエクスポートできなくなります。これは、その除外データに基づくユーザー層からなるオーディエンスにも適用されます。

このようなイベントとユーザー プロパティを含むオーディエンスを、アナリティクスでレポート、分析、オーディエンス構築に使用したり、オプティマイズや BigQuery などの非広告向けのサービスにエクスポートしたりすることはできます。

個々のイベントとユーザー プロパティへの影響

広告のパーソナライズから除外された個々のイベントやユーザー プロパティを広告サービスにエクスポートすることは可能ですが、そのデータをエクスポート先サービスで広告のパーソナライズに使用することはできません。

除外または選択する方法

イベントまたはユーザー プロパティをパーソナライズド広告での使用から除外するには:

  1. 左側のパネルで [すべてのイベント] または [ユーザー プロパティ] をクリックします。
  2. 目的のイベントまたはユーザー プロパティの行で、その他 をクリックします。
  3. [パーソナライズされていない広告のマークを付ける] をクリックします。

イベントまたはユーザー プロパティを再び含める場合:

  1. 左側のパネルで [すべてのイベント] または [ユーザー プロパティ] をクリックします。
  2. 目的のイベントまたはユーザー プロパティの行で、その他 をクリックします。
  3. [パーソナライズされていない広告のマークを外す] をクリックします。

イベントまたはユーザー プロパティにパーソナライズされていない広告のマークを付けても、Google 広告またはディスプレイ&ビデオ 360 にすでにエクスポートされているデータには影響しません。すでにエクスポートされたイベントまたはユーザー プロパティのデータを広告のパーソナライズで使用するかどうかを管理するには、Google 広告またはディスプレイ&ビデオ 360 にログインしてください。

パーソナライズされていない広告のイベントから取得された指標(LTV など)はパーソナライズされていない広告として自動的に扱われることはありません。そのため、取得された指標を広告のパーソナライズで使用するかどうかを管理するには、Google 広告またはディスプレイ&ビデオ 360 にログインしてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。