収集と設定の上限

収集の上限

アナリティクスでは、以下の上限を超えるイベント、イベント パラメータ、ユーザー プロパティは記録されません。

以下の上限を超えた場合にアナリティクスに記録されるエラーイベントの詳細については、アナリティクスのエラーコードをご覧ください。

この上限は、Flame または Blaze の料金プランにアップグレードしても引き上げられず、すべての Firebase プロジェクトに等しく適用されます。

 

記録されるアイテム 上限 上限に近づいた場合のアイテム削除の可否
イベント アプリ インスタンスあたり 500 個

first_open や in_app_purchase などの自動的に収集されるイベントは対象外です。
×
イベント名の長さ 40 文字 対象外
イベントあたりのイベント パラメータ 25
イベント パラメータ名の長さ 40 文字 対象外
イベント パラメータ値の長さ 100 文字 対象外
ユーザー プロパティ アプリ インスタンスあたり 25 個 ×
ユーザー プロパティ名の長さ 24 文字 対象外
ユーザー プロパティ値の長さ 36 文字 対象外

設定の上限

 

設定済みのアイテム 上限 上限に近づいた場合のアイテム削除の可否
ユーザーリスト 50
登録済みのユーザー プロパティ 25
目標到達プロセス 200
登録済みのテキスト パラメータ

10 

50(アップグレード版アナリティクスを使用)

登録済みの数値パラメータ

40 

50(アップグレード版アナリティクスを使用)

登録済みのカスタム コンバージョン イベント 30

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。