共有を停止、制限、変更する

職場や学校で Google ドライブをさらにご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

ファイルを共有した後で、いつでも共有を停止できます。共有相手がファイルを変更または共有できるようにするかどうかも管理できます。

ファイルの共有を停止する

ファイルを共有している場合、オーナーまたは編集権限のあるユーザーであれば権限を変更してファイルを共有できます。

ファイルやフォルダの共有を停止する
  1. Google ドライブ アプリを開きます。
  2. ファイルまたはフォルダを選択します。
  3. [アクセスを管理] をタップします。
  4. 共有を停止するユーザーを見つけます。
  5. 削除するユーザー 次の操作 [削除] をタップします。
ファイルやフォルダへの一般的なアクセスを制限する

アイテムの一般的なアクセスを [制限付き] に変更すると、そのファイルはファイルを開く権限のあるユーザーだけがアクセスできるようになります。

  1. Google ドライブ アプリを開きます。
  2. ファイルを開くか、選択します。
  3. [アクセスを管理] をタップします。
  4. [一般的なアクセス] で [変更] をタップします。
  5. アクセス権があるユーザーをタップします。
  6. [制限付き] を選択します。
共有ファイルを削除する

自分がオーナーになっている共有ファイルを削除すると、次のようになります。

  • 表示、コメント、編集の権限があるユーザーは、オーナーがファイルを完全に削除しない限り、そのファイルのコピーを作成できます。
  • ファイルを完全に削除するには、ゴミ箱でそのファイルを探し、その他アイコン その他 次の操作 [完全に削除] をタップします。

自分がオーナーになっていない共有ファイルを削除すると、次のようになります。

  • ファイルは自分のドライブから削除されますが、他の共同編集者からはアクセス可能なままになります。
  • ファイルを元に戻すには、ファイルのリンクを開きます。ファイルが [共有アイテム] に表示されます。

Google フォームの共有設定を変更する

Google フォームの場合、他の種類のファイルとは異なる共有設定があります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false
false