ファイルのオーナーを他のユーザーにする


               

ビジネス向けの Google Workspace の高度な機能をご希望ですか?

Google Workspace をぜひお試しください。

Google ドライブで作成したファイルや、Google ドライブにアップロードしたファイルについては、自分がオーナーになります。所有しているファイルやフォルダのオーナー権限は、別のアカウントに譲渡できます。

オーナー権限を譲渡する前に

  • オーナー権限を譲渡できるのは、ファイルやフォルダの共有相手のみです。詳しくは、Google ドライブのファイルを共有するをご覧ください。
  • フォルダのオーナーを他のユーザーにした場合にも、フォルダ内のファイルのオーナーは自分のままとなります。詳しくは、Google ドライブでフォルダを共有するをご覧ください。
  • 多数のファイルやフォルダのオーナー権限を一度に譲渡すると、変更が反映されるまでに時間がかかることがあります。
  • Google ドライブのすべてのファイルとフォルダを別のアカウントに譲渡するには、Google データをダウンロードするという方法があります。

職場や学校で Google アカウントを使用している場合:

  • ファイルやフォルダのオーナー権限は、組織内のユーザーにのみ譲渡できます。
  • 譲渡の際に新しいオーナーによる承諾は必要ありません。

オーナー権限の譲渡後

オーナー権限の譲渡リクエストを送信した場合:

  • 保留中のオーナーに、譲渡リクエストを承諾するとファイルのオーナーになることがメールで通知されます。それまでは、あなたがファイルのオーナーのままとなります。
  • 保留中のオーナーは編集者にアップグレードされます(すでに編集者になっている場合は除きます)。
  • 保留中のオーナーが承諾した場合、あなたは編集者にダウングレードされます。新しいオーナーはあなたを削除できます。
  • 保留中のオーナーが拒否した場合は、あなたがファイルのオーナーのままとなります。

iPhone や iPad からオーナーは変更できない

ファイルのオーナーを変更するには、パソコンで drive.google.com にアクセスしてください。

関連リソース

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー