ファイルのオーナーを他のユーザーにする

職場や学校で Google ドライブをさらにご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

デフォルトでは、自分が Google ドライブで作成、アップロードしたファイルのオーナーはすべて自分になります。

個人の Google アカウントを使用している場合:

  • 個人の Google アカウントを使用して他のユーザーを招待し、ファイルやフォルダのオーナー権限を付与することができます。
  • 職場や学校のアカウントを使用して他のユーザーを招待し、ファイルやフォルダのオーナー権限を付与することはできません。
  • オーナー権限の譲渡を完了するには、ファイルやフォルダのオーナー権限を付与するために招待したユーザーに、リクエストを承諾してもらう必要があります。

オーナー権限を譲渡する前に

フォルダのオーナーを他のユーザーにした場合にも、フォルダ内のファイルのオーナーは自分のままとなります。詳しくは、フォルダの共有についての記事をご覧ください。

ヒント: 多数のファイルやフォルダのオーナー権限を一度に譲渡すると、変更が反映されるまでに時間がかかることがあります。

オーナー権限の譲渡後

オーナー権限の譲渡リクエストを送信した場合:

  • 保留中のオーナーに、譲渡リクエストを承諾するとファイルのオーナーになることがメールで通知されます。それまでは、あなたがファイルのオーナーのままとなります。
  • 保留中のオーナーは編集者にアップグレードされます(すでに編集者になっている場合は除きます)。
  • 保留中のオーナーが承諾した場合、あなたは編集者にダウングレードされます。新しいオーナーはあなたを削除できます。
  • 保留中のオーナーが拒否した場合は、あなたがファイルのオーナーのままとなります。

iPhone や iPad からオーナーは変更できない

ファイルのオーナーを変更するには、パソコンで drive.google.com にアクセスしてください。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false