ドライブにおけるユーザーのプライバシー保護とユーザー自身による管理

オンラインでのユーザー保護とは、ユーザーの情報を保護し、ユーザーのプライバシーを尊重することです。この考えに基づき、Google では提供するすべてのサービスにおいて、ユーザーの情報を安全に守り、責任を持って取り扱うだけでなく、ユーザーがそれらの情報を各自で管理できるようにしています。Google の各チームは、ウェブの閲覧、受信トレイの管理、ルート検索など、アクティビティの内容にかかわらず、ユーザーが Google サービスを安全に使用できるように日々取り組んでいます。

ユーザーの情報は世界水準のセキュリティ機能で保護されます。ユーザーは各自の Google アカウントで自分のプライバシー設定をいつでも管理できます。

ユーザーのアクティビティに基づくパーソナライズ

ユーザーが Google ドライブを使用する際に、Google はデータの一部を処理することでサービスのユーザー エクスペリエンスを向上させます。ユーザーの情報は常に安全に保護されます。また、ユーザーは各自の Google アカウントでいつでもプライバシー設定を管理できます。

ユーザー コンテンツの安全な保管

Google ドライブにユーザーがアップロードする任意の種類のファイルは、Google の世界水準のデータセンターで安全に保管されます。データは転送中も保管時も暗号化されます。これらのファイルにオフラインでアクセスできるように設定すると、使用しているデバイスにデータが保存されます。

Google アカウントにはセキュリティ機能が組み込まれており、スパム、フィッシング、マルウェアなどの脅威を検出してブロックするように設計されています。また、ユーザーのアクティビティ データは、業界の厳格な基準と慣行に従って保管されます。

データの同期と更新通知にユーザー名とメールアドレスが使用されます

Google では、ユーザー名とメールアドレスを保存して、ユーザーの設定情報の保管に使用しています。これにより、ユーザーはログインの手間を省くことができるほか、アップロードしたファイルに複数のデバイスからアクセスしたり、サービスの更新通知やユーザー間のアクティビティに関する通知を受け取ったりできるようになります。

Google アカウントの作成、管理時にユーザー情報が役立てられます

Google が収集したユーザー名と電話番号は、新しい Google アカウントの作成時に使用されます。ユーザーは、Google アカウントを管理する際に住所の登録、連絡先のアップロード、プロフィール写真の追加を行えます。

ドライブにおけるデータを使用したユーザー エクスペリエンスの向上

Google のサービスでは、スパムフィルタ、ウイルス検出、マルウェア対策、個人アカウント内でのファイル検索などの機能を提供する目的で、ユーザーのコンテンツを利用しています。

ドライブのパフォーマンスと信頼性を向上させ、サービス使用時に問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立てるために、パフォーマンス データと障害の分析データを収集しています。また、収集した情報を保存して、Google サービスの不正使用の防止や、情報分析に役立てています。

ドライブのコンテンツを広告目的で使用することはありません

ユーザーが主に個人的なコンテンツを保存しているアプリ(ドライブなど)の情報を、Google が広告目的で使用することはありません。

簡単な設定によるユーザー自身でのコンテンツ管理

ユーザー自身による共有するコンテンツと共有相手の管理

ドライブに保存したコンテンツは、作成したユーザーが共有しない限り、他のユーザーがアクセスすることはできません。詳しくは、Google ドライブでファイルを共有または共有停止する方法をご覧ください。

Google はユーザーのプライバシーを尊重しています。ユーザーが許可した場合、または法律に基づき必要となる場合を除き、ユーザーが公開していないコンテンツに Google がアクセスすることはありません。Google は Google 透明性レポートで、政府および企業の政策、ポリシー、対応が、プライバシー、セキュリティ、情報へのアクセスにどのような影響を与えているかを明らかにするデータを公開しています。

ユーザーが仕事用または学校用のアカウントを使用している場合、所属組織は、Google がコンテンツにアクセスした際の処理のログを確認できます。詳しくは、アクセスの透明性ログを確認する方法をご覧ください。また、Google によるお客様の組織のセキュリティとプライバシーの保護についてもご確認ください。

データの簡単な表示と管理

Google アカウント ダッシュボードでは、使用している Google サービスや保存されているデータ(メールや写真など)の概要を確認できます。マイ アクティビティでは、Google サービスでのアクティビティで収集されたデータ(検索、閲覧、再生したアイテムなど)を簡単に確認、削除できます。詳しくは、アカウントでのアクティビティの表示と管理をご覧ください。

検索履歴の管理

ドライブでは、最近使用した検索クエリを表示することで時間を節約できるように、ユーザーが実行した検索クエリを保存しています。

ドライブの検索履歴を確認、管理するには、マイ アクティビティを使用します。

保存容量と購入履歴の同期

過去に購入した Google ドライブおよび Google One の保存容量を利用できるように、Google では購入履歴の情報を収集しています。Google が購入履歴の情報を広告目的で使用することはありません。

サービスと位置情報の関連付け

Google がサービスに関するフィードバックを受け取った際に当該サービスの挙動とユーザーの現在地との関連性を把握したり、通常とは異なる場所からのログインが検出された場合にアカウントを保護したりするために、一部の位置情報が Google に保存されます。

データを書き出すことができます

Google では、タイミングや理由を問わず、すべてのユーザーが Google サービス内で利用している自分のコンテンツにいつでもアクセスできるべきだと考えています。この考えに基づき、ユーザーは Google が提供するデータのダウンロード機能を使用して、写真、メール、ブックマークをダウンロードできます。ユーザーは必要に応じてデータのコピーやバックアップを作成したり、別のサービスにデータを移行したりできます。

Google アカウントに保存したデータは常に自分で管理できます。詳しくは、Google データをダウンロードする方法をご覧ください。

ユーザーが仕事用または学校用のアカウントを使用している場合、所属組織はユーザーのデータをダウンロードしたり、ユーザーによるデータのダウンロードを制限したりできます。詳しくは、組織のデータを書き出す方法をご覧ください。

関連記事

すべてのアカウント

仕事用または学校用のアカウント

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
99950
false