効果的なドメイン名を選択する

この記事では、ドメイン名を選択するためのおすすめの方法を紹介します。

ドメイン名の選択は、サイトを公開するうえでの最重要ステップの 1 つです。ドメイン名は、訪問ユーザーがその企業や組織に対して抱く第一印象を左右することもあります。効果的なドメイン名を使うことで、ユーザーの関心を高め、ウェブ トラフィックを増加させることができます。

おすすめの方法

最適なドメインを選択するためのガイドラインをいくつかご紹介します。

  • 長さ: ドメイン名は短くし、通常は 3~4 語程度にすることをおすすめします。短いドメイン名は覚えやすく入力も簡単なため、ユーザーがサイトに直接移動しやすくなります。
  • キーワード: サイトのコンテンツに関連する単語をドメイン名に使います。ドメイン名がサイト内容を適切に反映したものになっていると、初めてアクセスする人でも一目でどんなサイトであるかがわかります。また、ユーザーが関連する商品やサービスを検索した際に、検索結果として表示される機会も増加します。
  • 場所: 特定地域のユーザーを対象にしている場合は、その情報をドメイン名に含めることも検討しましょう。対象としていないユーザーがサイトを訪れる機会を減らすことができます。
  • ブランド名: ブランドとは、自分のドメインを際立たせることができる固有の名称です。ブランドによって独自性や持続性がもたらされ、一度評価が確立されたブランドはユーザーに受け入れられやすくなります。ブランドの確立には長い時間がかかりますが、成功すればサイトの知名度に継続的に寄与するものになります。
  • ドメイン末尾: 最も一般的な TLD は .com ですが、Google Domains では幅広い用途に合わせて .academy から .zone までさまざまな末尾を用意しています。ドメイン末尾の全リストをご覧ください。末尾をより具体的なものにすることで、独自性を高め、サイトの目的をより適切に伝えやすくなります。

避けるべきこと

ドメイン名の認知度によくない影響を与える可能性のある要素をいくつか示します。

  • 数字やダッシュ: ユーザーにとってサイト名を入力するのが難しく、覚えにくくなります。
  • 実在する用語やビジネス名のスペルミス: サイトにスパムやフィッシングの疑いがかかる可能性があります。
  • 実在するブランドや商標との類似: サイトやホスティングしているコンテンツの名前を実在するビジネスと似たものにすると、著作権違反や不正使用の申し立てが行われ、最終的にドメインが停止され、法的措置の対象になる可能性があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。