検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ドメインの検索

ドメイン名の選択は、サイトを公開するにあたり最も重要なステップの 1 つと言えます。ドメイン名は通常最初に表示されるため、多くの場合サイトの第一印象を決めることになります。よく考慮されたドメイン名を使うことで、ユーザーの関心を高め、ウェブ トラフィックを増加させることができる可能性がありますが、適切でない場合は逆効果になることもあります。こうした点を考慮して、よく考えて時間をかけてドメイン名を選びましょう。その際に役に立つガイドラインを以下にいくつか示します。

 

名前の長さ

ドメイン名の長さは、その効果を高める上で重要な要素です。一般に、長い名前よりも短い名前が好まれます。長い名前を使えばより多くのメッセージを伝えることができますが、短い名前の方が覚えやすく入力も容易です。結果として、ユーザーがサイトに直接アクセスしやすくなるだけでなく、スペルミスで機会を損なう可能性も減ります。つまり、短いドメイン名の方が認識されやすく覚えてもらいやすいと言えます。ドメイン名の長さは 3~4 語以下にしておくほうがよいでしょう。

 

キーワード

関連するキーワードをドメイン名に含めると、その効果が高まります。ドメイン名に説明的な用語が入っていると、初めて見た人でも一目でサイトの内容を理解できます。関連する製品やサービスを検索しているユーザーにサイトが表示される機会も増します。たとえば、コーヒー ショップを運営しているのであれば、"coffee" や "cafe" といった用語がドメイン名を検討するにあたってよい選択肢になります。

キーとなる用語を選ぶ際、場所や地域も検討の材料になります。対象ユーザーが特定の地域に限定されている場合は、その情報をドメイン名に含めることもできます。結果として、対象ユーザーがそのサイトをより容易に見つけられるようになり、対象でないユーザーが誤ってサイトを訪れる機会を減らすこともできます。

 

ブランディング

ブランドとは、特定の製品やサービスを他と区別するために用いられる固有のシンボルです。有効に活用することで、自分のドメインをさらに際立たせることができる可能性もあります。ブランドによって独自性や持続性がもたらされ、一度評価が確立されたブランドはユーザーに受け入れられやすくなります。ブランドの確立には長い時間がかかりますが、成功すればサイトの知名度に継続的に寄与するものになります。ブランド名を決める際は多くの可能性のなかから自由に発想することができますが、既存のブランドや商標との競合にはご注意ください。避けるべきこともご確認ください。

 

ドメイン末尾

ドメイン名のドメイン末尾、すなわちトップレベル ドメイン(TLD)は、考慮すべき重要な要素です。最も一般的な TLD は .com ですが、Google Domains には幅広い用途に合わせて .academy から .zone まで多様な TLD が用意されています。こちらで包括的なリストをご確認いただけます。特徴のあるドメイン末尾を利用することで、独自性を高め、サイトの目的や価値をより適切に伝えやすくなります。一例として、現在では johnscoffee.com ではなく johns.coffee を使うことができるようになっています。さらに、代わりの TLD を使っても検索ランキングで不利になることはありません

 

避けるべきこと

ドメイン名の認知度によくない影響を与える可能性のある要素をいくつか示します。

  • ドメイン名に数字やダッシュを使用すること。サイトの信頼性や正統性が損なわれます。
  • 実在する用語やビジネスに関するスペルミス。サイトにスパムやフィッシングの疑いがかかる可能性があります。

  • 実在するブランドや商標との類似。サイトやホスティングしているコンテンツの名前を実在するビジネスと似たものにすると、著作権違反や不正使用の申し立てが行われ、最終的にドメインが停止され、法的措置の対象となる可能性があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。