検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

サブドメイン転送

サブドメイン転送は、ドメインのサブドメインを既存の URL に転送します。

サブドメインを作成して URL に転送するには:

  1. 左側にある [マイドメイン] をクリックし、ドメイン名をクリックします。
  2. [DNS] タブ をクリックします。
  3. [合成レコード] までスクロールします。
  4. 合成レコードタイプのリストから [サブドメインの転送] を選択します。
  5. 次のように合成レコードを追加します。
    タイプ    サブドメイン   ターゲット URL
    サブドメインの転送 <転送するサブドメインの名前、www、またはルートドメインの場合は @> <このサブドメインの転送先のアドレス>
  6. リダイレクトのタイプを選択します。リダイレクトのタイプによって、ルーターとブラウザがサブドメイン転送情報を保存する方法が決まります。不明な場合は、[一時的なリダイレクト(302)] を使用してください。
    • [一時的なリダイレクト(HTTP 302)] では、変更を転送先アドレスにすばやく反映させることができます。
      • ブラウザは通常 302 リダイレクトをキャッシュしません。
      • リダイレクトの際はルーティング テーブルまたは DNS サーバーを毎回検索させることができます。
      • ウェブ転送に加える変更は非常に短時間で反映されます。
    • [恒久的なリダイレクト(HTTP 301)] では、ブラウザは転送先アドレスをキャッシュできます。
      • その後同じブラウザからアクセスしたときに、アドレスの解決にかかる時間をやや短縮できることがあります。
      • 変更の反映には時間がかかることがあります。
  7. パス転送をオンにするかどうかを選択します。不明な場合は、パス転送をオフのままにします。
     
    パス転送ではドメイン名の後ろのパスを新しいアドレスの同じパスに転送します。

     domain is to the left of the / path is to the right


    たとえば example.documentationexample.comexample.com に転送する場合は次のようになります。
    • パス転送が有効: documentationexample.net/about.htmlexample.com/about.html にリダイレクトされます。 
    • パス転送が無効: example.documentationexample.net/about.htmlexample.com にリダイレクトされます。
  8. [追加] をクリックし、リソース レコードへの変更を受け入れます。

短時間(数秒〜数分)でサブドメインがリダイレクト先 URL に直接つながります。

合成レコードのリストの横にある [編集] または [削除] をクリックすると、いつでもレコードを変更または削除できます。

: WWW やルートドメイン(「ネイキッド ドメイン」とも呼ばれます)を転送する場合は、[ウェブサイト] タブ ウェブ転送を使用することもできます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。