Google ドメインの転送

この記事では、Google ドメインを転送する方法とその他の転送オプションについて説明します。

ドメインを URL または IP アドレスに転送する方法

Google Domains では、任意の URL(ソーシャル メディア サイトや会社のホームページなど)または IP アドレスにドメインを転送できます。ドメインを転送するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメイン名をクリックします。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. ウェブサイト アイコン をクリックします。
  5. [既存のウェブページへの転送] で [転送] をクリックします。
  6. [ウェブサイトの URL] フィールドに URL または IP アドレスを入力します。
  7. デフォルト値をそのまま使用する場合は、[転送] をクリックします。
    1. リダイレクト タイプ、パス転送、セキュア ソケット レイヤ(SSL)オプションを変更する場合は、[詳細オプション] をクリックします。次の表に示す、デフォルト値のセットが表示されます。
      オプション デフォルト値
      リダイレクト タイプ 一時的(HTTP 302)
      パス転送 オフ
      SSL オフ
  8. ドメインが意図どおりの場所に転送されることを確認します

ウェブ転送を設定すると、Google Domains ではウェブ転送合成レコードが作成されます。このレコードを削除すると、ウェブ転送が停止します。詳しくは合成レコードについての記事をご覧ください。

サブドメインを転送する方法

任意の URL または IP アドレスにサブドメインを転送することもできます。サブドメインを転送するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメイン名をクリックします。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. DNS アイコン をクリックします。
  5. [合成レコード] までスクロールします。
  6. 合成レコードタイプのリストから [サブドメインの転送] をクリックします。
  7. 転送するサブドメインと、転送先にする URL または IP アドレスを入力します。
  8. [追加] をクリックしてレコードを追加します。

ドメインが転送されたことを確認する方法

ドメイン転送を設定したら、ドメインが意図した場所に転送されることを確認します。ドメインが正しく転送されることを確認するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメインリストで、転送するドメインをクリックします。
  3. [マイ ウェブサイト] までスクロールします
  4. ウェブサイトの小さな画像(プレビュー)が表示されます。新しいタブでウェブサイトを開くには、画像をクリックします。
変更が更新されるまでに数分かかることがあります。ウェブサイトが表示されない場合は、URL を確認してもう一度お試しください。

ドメイン転送 DNS レコードの表示

ウェブ転送を設定すると、Google Domains では必要な DNS レコードをすべて含む合成レコードが作成されます。

ドメイン転送 DNS レコードを表示するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google Domains にログインします。
  2. ドメインリストで、転送するドメインをクリックします。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. DNS アイコン をクリックします。
  5. [合成レコード] まで下にスクロールします。 
  6. 合成レコードの詳細を表示するには、展開アイコン expand icon (>) をクリックします。

ドメイン転送の値

ドメイン転送で使用される可能性のある値の例は次のとおりです。

  • ルートドメイン:
    • example.com
    • https://example.com
    • http://example.com
  • サブドメイン:
    • www.example.com
    • https://support.example.com
    • http://info.example.com
  • フォルダ:
    • www.example.com/marketing
    • https://www.example.com/products
    • http://www.example.com/services
  • ウェブページ:
    • www.example.com/welcome.html
    • https://www.example.com/login.aspx
    • http://www.example.com/page1.htm
  • IP アドレス:
    • 123.123.123.123(IPv4)
    • 2002:db80:1:2:3:4:567:89ab(IPv6)

その他の Google ドメイン転送オプション

Google Domains にはさまざまな転送オプションが用意されており、ユーザーが自分のニーズに最も適したオプションを選択できます。

リダイレクト タイプ

リダイレクト タイプでは、ルーターとブラウザがウェブ転送情報を保存する方法を指定します。次のいずれかのリダイレクト タイプを選択できます。

  • 一時的なリダイレクト(HTTP 302): 変更を転送先アドレスにすばやく反映させることができます。一時的なリダイレクトを使用すると、ルーティング テーブルまたは DNS サーバーを毎回検索させることができます。
  • 恒久的なリダイレクト(HTTP 301): ブラウザは転送先アドレスをキャッシュできます。転送先アドレスをキャッシュすると、後で同じブラウザからアクセスしたときにアドレス解決にかかる時間を短縮できることがあります。ただし、転送先アドレスを変更した場合、その変更が反映されるまでの時間が長くなることがあります。
どちらのリダイレクト タイプを選択したらよいかわからない場合は、一時的なリダイレクト(HTTP 302)を使用してください。

パス転送

パス転送では、ドメイン名の後ろのパスを新しいドメインの同じパスに転送します。転送先ドメインが現在のドメインと同じ構造の場合は、パス転送を使用します。


domain is to the left of the / path is to the right

たとえば、documentationexample.com を example.com に転送する場合は、次のいずれかの方法でドメインが転送されます。

パス転送が有効: documentationexample.com/about.html は example.com/about.html にリダイレクトされます。
パス転送が無効: documentationexample.com/about.html は example.com にリダイレクトされます。

SSL 経由での転送

SSL 経由で転送するには、次の 2 つの方法があります。

  • SSL がオンの場合: 転送は HTTP と HTTPS の両方のリクエストで有効です。
  • SSL がオフの場合: 転送はプレーンな HTTP リクエストの場合のみ有効です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。