登録のプライバシー

ドメインの購入時にプライバシー設定を選択します。この設定により、ドメイン登録時に入力した個人の連絡先情報をどの程度 WHOIS 検索で参照できるようにするかを選択できます。
  • プライバシー保護を有効にする: 個人の連絡先情報は公開されません
  • プライバシー保護を無効にする: 個人の連絡先情報の一部または全部が公開されます

レジストリによっては、プライバシー保護の設定に関係なく、WHOIS で情報の一部(組織名、住所、メール ID)が表示または非表示になることがあります。

プライバシー保護について

プライバシー保護を使用することで、迷惑メールを防止して連絡先情報を保護できます。プライバシー保護を有効にしておくと、ドメインが WHOIS で検索されたときに、サードパーティのプライバシー プロバイダが提供する代替の連絡先情報が表示されます。以下に例を示します。

  • [encrypted_string]@example.com.[privacy_provider]
  • owner@example.com.[privacy_provider] 
プライバシー保護を有効にすると、サードパーティ プロバイダ(Google Domains がレコードの登録事業者となっているドメイン末尾の場合は Contact Privacy、Key Systems がレコードの登録事業者となっているドメイン末尾の場合は WhoisProxy)の利用規約に同意したことになります。ご利用の登録事業者を確認するには、ドメイン末尾の全リストをご覧ください。
 
Contact Privacy によるプライバシー保護の場合、https://contactprivacy.email のウェブサイトから送信された場合のみ、メールでの対応が転送されます。WhoisProxy によるプライバシー保護の場合、予備のメールアドレスに送信されたメールは、登録した WHOIS メールアドレスに転送されます。

プライバシー設定を変更する方法

一部のドメイン末尾はプライバシー保護をサポートしていません。お使いのドメインでプライバシー保護が利用できるかどうかを確認するには、ドメイン末尾の全リストをご覧ください。

必要な時点でプライバシー設定を変更する手順は次のとおりです。

  1. Google Domains にアクセスします。
  2. ドメイン名を選択します。
  3. メニュー メニュー を開きます。
  4. [登録の設定] をクリックします。
  5. [プライバシー保護] までスクロールします。
  6. プライバシー オプションを次から選択します。
    • プライバシー保護を有効にする(非公開登録)
    • プライバシー保護を無効にする(公開登録)
注: ドメインによっては、一般に公開される個人情報を制限したり、すべての連絡先情報を公開したりできる場合があります。

.COM ドメインと .NET ドメインの公開登録

末尾が .COM と .NET のドメインでは、WHOIS 検索で一部の登録情報が自動的に非表示になります。この処理は、プライバシー保護を無効にしている場合であっても実施されます。デフォルトでは、次の情報のみが表示されます。

  • 組織名
  • 都道府県

​​すべての情報を公開する方法

.COM ドメインと .NET ドメインでは、すべての情報を公開するよう選択できます。すべての情報を公開する手順は次のとおりです。

  1. プライバシー登録の設定を [プライバシー保護を無効にする] に変更します。
  2. [すべての連絡先情報を公開する] を選択します。
  3. 同意ダイアログで、[公開する] を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。