プライバシー保護について

ドメインを登録すると、ICANN は Google Domains に、登録者の名前とその他の連絡先情報を WHOIS ディレクトリに公開するよう要求します。WHOIS ディレクトリは一般公開されているため、公開されている連絡先情報はいつでも誰でも利用できます。

Google Domains では、多くのユーザーが個人の連絡先情報を非公開にしたいと考えていることを認識しています。Google Domains は、ほとんどのドメイン末尾に無料でプライバシー保護オプションを提供しているため、情報の一部またはすべてを非公開にすることができます。

プライバシー保護が利用可能かどうかを確認する

ドメイン末尾でプライバシー保護が利用可能かどうか、およびドメイン末尾のプライバシー プロバイダを確認する方法は次のとおりです。

  1. ドメイン末尾(TLD)リファレンスに移動します。
  2. ドメインの末尾をクリックし、[DNS リファレンス] セクションに移動します。
  3. [WHOIS プライバシーの利用] に移動します。有効になっている場合、ドメインでプライバシー保護を利用できます。ドメインのプライバシー保護を有効または無効にする方法をご覧ください。
  4. ドメイン末尾のプライバシー サービスを提供している会社の詳細については、WHOIS プライバシー プロバイダをご覧ください。

WHOIS プライバシー プロバイダ

プライバシー保護を有効にすると、お客様の名前と個人の連絡先情報が次の連絡先情報に置き換えられます。

  • Contact Privacy: Google Domains がレコードの登録事業者となっているドメイン末尾のプライバシー プロバイダです。
  • WhoisProxy: Key Systems がレコードの登録事業者となっているドメイン末尾のプライバシー プロバイダです。ご利用のレコードの登録事業者を確認するには、登録事業者またはレコードについてをご覧ください。

プライバシーの制限

Google Domains では、すべてのドメイン末尾のプライバシー保護に対応していません。ドメイン末尾を管理する組織であるレジストリは、特定のドメイン末尾に対してプライバシー保護の使用を禁止するポリシーを定めています。

特定のドメイン末尾に関するプライバシー情報については、ドメイン末尾(TLD)リファレンスをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
93020
false