LEFTB 関数

LEFTB 関数は、文字列の左側から、指定されたバイト数分の文字を返します。

LEFTB 関数の引数

LEFTB(文字列, バイト数)
 

引数 説明
文字列 先頭部分を返す元の文字列です。
バイト数 (省略可)[文字列] の先頭から返すバイト数です。

メモ

  • LEFTB は、入力された文字列が 1 バイト文字のみの場合、LEFT と同じ値を返します。
  • バイト数には 0 以上の値を指定してください。
  • バイト数がテキストの長さより大きい場合、LEFTB はすべてのテキストを返します。
  • バイト数を省略すると、1 とみなされます。

  A B C
1 入力 数式 出力
2 Aeñ =LEFTB(A2, 2) Ae
3 Aeñ =LEFT(A3,2) Ae
4 熊本 =LEFTB(A4, 2)
5 熊本 =LEFT(A5,2) 熊本

関連する関数

  • MIDB: MIDB 関数は、文字列のある特定の文字の位置から、指定されたバイト数分の文字を返します。
  • RIGHTB: RIGHTB 関数は、文字列の右側から、指定されたバイト数分の文字を返します。
  • LENB: LENB 関数は、文字列の長さのバイト数を返します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。