Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画で点字ディスプレイを使用する

点字ディスプレイを使用して、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画のファイルの読み上げと編集を行うことができます。

推奨されるブラウザとスクリーン リーダー

ドキュメント エディタでは、Chrome と以下のスクリーン リーダーでの使用が推奨されます。

  • NVDA または JAWS(Windows)
  • ChromeVox(ChromeOS)
  • VoiceOver(MacOS)

点字サポートをオンにする

  1. パソコンで、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画のいずれかを開きます。
  2. [ツール] メニューから [ユーザー補助設定] を選択します。
  3. [スクリーン リーダーのサポートを有効にする] をオンにします。
  4. [点字サポートをオンにする] をオンにします。

ヒント: 次のショートカットも使用できます。

  • Windows または Chrome OS の場合: Ctrl+Alt+H
  • Mac の場合: ⌘+option+H

ファイルで点字サポートを使用する

点字サポートでは次の点が改善されています。

  • 点字ディスプレイでカーソル ルーティング ボタンを使用して、カーソルを移動できます。
  • キーボード ショートカットに加え、スクリーン リーダーの通常のショートカットの多くを使用できます。
  • スクリーン リーダーの入力読み上げのリスポンスが向上します。
  • 文字ごとに移動する際のスクリーン リーダーの移動処理速度が速くなります。
  • スクリーン リーダーでの句読点や空白文字の読み上げが改善されました。
  • 入力の際の文字の読み上げと単語の読み上げについて、常に文字を読み上げるのではなく、スクリーン リーダーの設定が使用されるようになりました。

点字サポートをオフにする

  1. パソコンで、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画のいずれかを開きます。
  2. [ツール] メニューから [ユーザー補助設定] を選択します。
  3. [点字サポートをオンにする] をオフにします。
true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
12767259389872201260
true