ドキュメント エディタで点字ディスプレイを使用する

点字ディスプレイを使用して、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画の読み上げと編集を行うことができます。

使用できるスクリーン リーダーとブラウザ

Chrome OS

Chrome OS では、Chrome で ChromeVox を使用できます。

重要: 必ず最新バージョンの Chrome OS と ChromeVox を使用してください。

Windows

Windows では、Chrome、Firefox で NVDA または JAWS を使用できます。

重要: 最新バージョンの JAWS または NVDA を使用してください。Windows 版 Google スプレッドシートで点字サポートを利用する際に、古いバージョンの JAWS または NVDA を使用するとエラーが発生する場合があります。

Mac

Mac では、最新バージョンの macOS の Safari または Chrome で VoiceOver を使用できます。

ドキュメント エディタの点字サポートをオンにする

  1. パソコンで、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画のいずれかを開きます。
  2. [ツール] メニューから [ユーザー補助設定] を選択します。
  3. [スクリーン リーダーのサポートを有効にする] をオンにします。
  4. [点字サポートをオンにする] をオンにします。

点字サポートを有効にすると、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画で常に点字がサポートされます。

点字サポートをオンにした状態でドキュメント エディタを使用する

ドキュメント エディタの点字サポートでは次の点が改善されています。

  • 点字ディスプレイでカーソル ルーティング ボタンを使用して、カーソルを移動できます。
  • Google ドキュメントのキーボード ショートカットに加え、スクリーン リーダーの通常のショートカットの多くを使用できます。
  • スクリーン リーダーの入力読み上げのリスポンスが向上します。
  • 文字ごとに移動する際のスクリーン リーダーの移動処理速度が速くなります。
  • スクリーン リーダーでの句読点や空白文字の読み上げが改善されました。
  • 入力の際の文字の読み上げと単語の読み上げについて、常に文字を読み上げるのではなく、スクリーン リーダーの設定が使用されるようになりました。

ドキュメント エディタの点字サポートをオフにする

  1. パソコンで、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画のいずれかを開きます。
  2. [ツール] メニューから [ユーザー補助設定] を選択します。
  3. [点字サポートをオンにする] をオフにします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。