DGET

SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から単一の値を返します。

使用例

DGET(A2:F20,G2,A22:D23)

DGET(A2:F20,"価格",{"銘柄";"Google"})

構文

DGET(データベース, フィールド, 条件)

  • データベース - 検証するデータを含む配列または範囲で、1 行目に各列の値に対するラベルを含む形式とします。

  • フィールド - 抽出して処理する値を含むデータベース内の列を指定します。

    • フィールドには、データベースの 1 行目の列見出しと対応するテキストラベルか、検証対象の列を示す番号(1 列目の値は 1)を指定します。
  • 条件 - 処理前にデータベースの値をフィルタするためのゼロ以上の条件を含む配列または範囲です。

  • データベース関数と条件に基づくクエリの構築について詳しくは、データベース関数のヘルプ記事をご覧ください。

  • DGET はデータベース関数の中で集計を行わない唯一の関数で、フィルタ処理したデータに一致要素が含まれていない、もしくは複数の一致要素が含まれている場合にエラーを返します。

関連情報

VLOOKUP: 垂直方向の検索。 範囲の 1 列目で指定したキーを垂直方向に検索し、同じ行内にある指定したセルの値を返します。

DVARP: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団全体の分散を返します。

DVAR: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団の標本の分散を返します。

DSUM: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値の合計を返します。

DSTDEVP: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団全体の標準偏差を返します。

DSTDEV: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した母集団の標本の標準偏差を返します。

DPRODUCT: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値の積を返します。

DMIN: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値の最小値を返します。

DMAX: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値の最大値を返します。

DCOUNTA: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した値(テキストを含む)の個数をカウントします。

DCOUNT: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した数値の個数をカウントします。

DAVERAGE: SQL に似たクエリを使用して、データベースの表形式の配列または範囲から選択した一連の値の平均値を返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。