FIND

大文字小文字を区別して、特定の文字列がテキスト内で最初に現れる位置を返します。

使用例

FIND("n",A2)

FIND("客","隣の客はよく柿食う客だ",7)

構文

FIND(検索文字列, 検索対象のテキスト, [開始位置])

  • 検索文字列 - 検索対象のテキスト内で検索する文字列を指定します。

  • 検索対象のテキスト - 検索文字列が最初に現れる位置の検索を行うテキストを指定します。

  • 開始位置 - [省略可 - デフォルトは 1] - 検索対象のテキスト内で検索を開始する文字位置を指定します。

  • FIND 関数では、大文字と小文字が区別されます。たとえば、"abc" と "ABC" は一致しません。大文字と小文字を区別せずに検索するには、SEARCH 関数を使用してください。
  • 検索文字列検索対象のテキストは逆の順序で指定しないでください。逆にすると #VALUE! エラーが返される可能性が高くなります。引数の指定順序は、SPLIT 関数や SUBSTITUTE 関数などの他のテキスト関数と異なります。
  • 検索で一致が見つからなかった場合は、IFERROR などの関数を使用してエラーを確認することをおすすめします。
  • 検索しているパターンが見つからなかった場合は、#VALUE! が返されます。

関連項目

SUBSTITUTE: 文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

SPLIT: 指定した文字または文字列の前後でテキストを分割し、各部分を同じ行の別のセルに表示します。

SEARCH: 大文字小文字を区別せずに、特定の文字列がテキスト内で最初に現れる位置を返します。

IFERROR: エラー値でない場合は 1 番目の引数を返します。エラー値である場合は 2 番目の引数を返します(指定した場合)。2 番目の引数を指定していない場合は空白が返されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。