ドキュメントでコンテンツの候補を表示、使用する


               

ビジネスのために Google Workspace の高度な機能をご希望ですか?

Google Workspace をぜひお試しください。

 

 

重要: Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのデータ探索アイコン データ探索 は、2024 年 1 月 30 日をもってご利用いただけなくなります。ドキュメント、スプレッドシート、スライドのツール検索機能を使用すると、スプレッドシートの「条件付き書式」、ドキュメントの「ページ分けなし」、スライドの「テンプレートを開く」などの操作にすばやくアクセスできます。「@」を入力して表示される一連の項目の中から選択し、次のようなコンテンツを作成することもできます。

  • プルダウン、絵文字、ユーザーチップ
  • ドキュメントでの会議メモとメールの下書き
  • スプレッドシートのファイナンス チップ

Google ドキュメントでコンテンツの候補を検索して、ドキュメントに追加することができます。ドキュメントの内容に応じたコンテンツの候補が表示されます。ドキュメントの中から自分のドキュメントやウェブを検索することもできます。

コンテンツの候補を表示する

  1. Google ドキュメント アプリでドキュメントを開きます。
  2. 編集アイコン 編集 をタップします。
  3. その他アイコン その他 をタップします。
  4. [データ探索] をタップします。
  5. ドキュメントの作成に役立つ情報や追加できる画像が表示される場合があります。
    • トピック: ドキュメントに関連するトピックの検索結果を表示するには、そのタイトルをタップします。
    • 画像: 画像をプレビューするには、その画像をタップします。画像を使用するには [挿入] をタップします。この操作により、ドキュメントの下部に脚注も追加されます。
    • 関連するリサーチ: ドキュメントの内容に関連するリサーチが表示されます。
  6. 閉じるアイコン 閉じる をタップして [データ探索] を閉じます。

コンテンツの候補が表示されない場合は、さらに多くのコンテンツをドキュメントに追加してください。

ドキュメント内からウェブを検索する

  1. Google ドキュメント アプリでドキュメントを開きます。
  2. 編集アイコン 編集 をタップします。
  3. その他アイコン その他 をタップします。
  4. [データ探索] をタップします。
  5. 検索バーに検索キーワードを入力してウェブを検索します。

関連記事

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー