スクリーン リーダーでプレゼンテーションを編集する

スクリーン リーダーを使用して、パソコンでプレゼンテーションを編集できます。

ドキュメントのスクリーン リーダーのサポートがオンになっていることを事前に確認してください。

タップ入力付きの Windows パソコンまたは Chromebook を使用している場合は、スクリーン リーダーでタップ入力を使用するのヒントに従ってください。

プレゼンテーション内を移動する

Google スライドでプレゼンテーションを開くと、先頭のスライドがフォーカスされます。

キーボード ショートカットを使用する

Google スライドは一般的なウェブサイトとは異なるため、標準的なスクリーン リーダーのショートカットを使用できないことがあります。プレゼンテーションの編集中はスライドのショートカットを使用することをおすすめします。

たとえば、プレゼンテーション エディタ内を移動するには次のショートカットを使用します。

  • スライドのキャンバス: 別の領域からスライドのキャンバスに移動するには、Ctrl+Alt+Shift+C キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+C キー(Mac)を押します。
  • フィルム ストリップ: プレゼンテーション エディタには、プレゼンテーション内のすべてのスライドを一覧表示するフィルム ストリップがあります。フィルム ストリップにフォーカスを移動するには、Ctrl+Alt+Shift+F キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+F キー(Mac)を押します。フィルム ストリップでは、上下矢印キーを使用してスライド間を移動します。
  • アニメーション パネル: スライドにアニメーションを追加するには、Ctrl+Alt+Shift+B キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+B キー(Mac)を押してアニメーション パネルを開きます。図形やオブジェクトにアニメーションを追加する項目や、スライドにトランジション効果を追加する項目がアナウンスされます。
  • スピーカー ノート: スピーカー ノートに移動するには、Ctrl+Alt+Shift+S キー(Windows、Chrome OS)または control+⌘+shift+S キー(Mac)を押します。スピーカー ノートの入力と同時に、その内容が読み上げられます。

作業中のプレゼンテーションでショートカットのリストを開くには、Ctrl+/ キー (Windows、Chrome OS)または ⌘+/ キー(Mac)を押します。[挿入] や [スライド] などの操作を検索できます。作業していたプレゼンテーションに戻るには Esc キーを押します。

メニューを検索してすばやく操作を実行する

  1. Alt+/ キー(Windows、Chrome OS)または option+/ キー(Mac)を押します。
  2. 名前を変更」や「挿入」といったコマンドを入力します。
  3. ↓ キーを押すと、検索結果がアナウンスされます。たとえば、「挿入」と入力すると、画像の追加やコメントの追加などの項目がアナウンスされます。
  4. 操作を選択するには Enter キーを押します。

スライドのプレゼンテーションを開始する

スライドのプレゼンテーションの開始と読み上げに最適なブラウザとスクリーン リーダーは次のとおりです。

  • Chrome OS: Chrome で ChromeVox を使用します。
  • Windows: Chrome または Firefox で、NVDA または JAWS を使用します。
  • Mac: Chrome または Safari で VoiceOver を使用します。

スライドのプレゼンテーションを開始するには:

  1. ブラウザのショートカット キーを使用してプレゼンテーションを開始します。
    • Chrome OS: Ctrl+Search+5 
    • Windows: Ctrl+F5
    • Mac: ⌘+shift+return
  2. スライドのコンテンツを移動するには、Tab キーを押してスライドのコンテンツをフォーカスします。
  3. 次のスライドに移動するには ↓ キーを押し、前のスライドに移動するには ↑ キーを押します。
  4. プレゼンテーション モードを終了するには Esc キーを押します。
ヒント: プレゼンテーションは、通常のウェブページと同じように操作できるスクロール可能な単一のページとして表示されます。HTML 表示に切り替えるには、Ctrl+Alt+Shift+P キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+P キー(Mac)を押します。

メニュー、トップレベルのボタン、ツールバーを使用する

注: 上部にボタンやメニューが表示されていない場合は、Ctrl+Shift+F キー(Windows、Chrome OS、Mac)を押します。

メニューを参照するには:

  1. お使いのブラウザのショートカット キーを使用して [ファイル] メニューを開きます。
    • Windows(Chrome ブラウザ): Alt+F
    • Windows(その他のブラウザ): Alt+Shift+F
    • Chrome OS: Alt+F
    • Mac: control+option+tab キー、control+option+F キーの順に押します。
  2. → キーを押すと、[編集]、[表示]、[挿入]、[スライド]、[表示形式]、[配置]、[ツール]、[表]、[ヘルプ]、[ユーザー補助機能] などの他のメニューに移動できます。

ヒント: ヘルプを表示するには、[ヘルプ] メニューを開いて [スライドのヘルプ] を選択します。Tab キーを押して検索ボックスに移動し、「画像」などの検索キーワードを入力して Enter キーを押します。このヘルプは他のトピックに移動して閲覧することが可能なボックスに表示されます。作業していたプレゼンテーションに戻るには Esc キーを押します。

メニューでは、次の 2 つのコントロール セットに移動できます。

  • トップレベルのボタン: 名前の変更、スター付け、共有、別のフォルダへのプレゼンテーションの移動といったプレゼンテーションの操作を行うためのボタンです。いずれかのメニューで Shift+Tab キーを押します。
  • ツールバー: ツールバーには、色や枠線といった編集と表示形式の項目が表示されます。いずれかのメニューで Tab キーを押します。

ユーザー補助機能メニューを使用して、プレゼンテーションの読み上げや移動を行う

  1. お使いのブラウザのショートカット キーを使用して [ユーザー補助機能] メニューを開きます。
    • Windows(Chrome ブラウザ): Alt+A
    • Windows(その他のブラウザ): Alt+Shift+A
    • Chrome OS: Alt+A
    • Mac: control+option+tab キー、control+option+A キーの順に押します。
  2. ↓ キーを押すと、[読み上げ]、[コメント] などの項目がアナウンスされます。
  3. → キーを押してサブメニューを開き、↓ キーを押してサブメニューの項目を表示します。
  4. 項目を選択するには Enter キーを押します。

編集と書式設定の基本操作

プレゼンテーションでは、その内容や表示形式を追加、変更できます。

テキスト ボックス、画像、表を追加する

  1. テキスト ボックス、画像、表を追加するスライドに移動します。
  2. Alt+/ キー(Windows、Chrome OS)または option+/ キー(Mac)を押してメニューを検索します。
  3. 追加可能な項目のリストを取得するには、「挿入」と入力します。
  4. 矢印キーを使用してリスト内を移動し、リストの項目を確認します。
  5. 項目を選択するには Enter キーを押します。

表示形式を読み上げる、変更する

現在カーソルが置かれているテキストや段落の表示形式を読み上げるには、Ctrl+Alt+A、F キーの順(Windows、Chrome OS)または control+⌘+A、F キーの順(Mac)に押します。

適用可能な表示形式を確認するには、メニューバーの [表示形式] メニューを開きます。

  1. お使いのブラウザのショートカット キーを使用して [表示形式] メニューを開きます。
    • Windows(Chrome ブラウザ): Alt+O
    • Windows(その他のブラウザ): Alt+Shift+O 
    • Chrome OS: Alt+O
    • Mac: control+option+tab キー、control+option+O キーの順に押します。
  2. ↓ キーを押すと、利用できる項目がアナウンスされます。項目を選択するには Enter キーを押します。

詳細については、スライドの作成、編集、カスタマイズについての記事をご覧ください。

スライドのレイアウトを変更する

スライドのレイアウトは、「タイトルと本文」、「2 列(タイトルあり)」など、プレゼンテーション内の個々のスライドに適用できる形式です。フィルム ストリップ内を移動すると、プレゼンテーション内のスライドごとにレイアウト情報がアナウンスされます。

  1. フィルム ストリップで、レイアウトを変更するスライドを選択します。
  2. お使いのブラウザのショートカット キーを使用して [スライド] メニューを開きます。
    • Windows(Chrome ブラウザ): Alt+S
    • Windows(その他のブラウザ): Alt+Shift+S
    • Chrome OS: Alt+S
    • Mac: control+option+tab キー、control+option+S キーの順に押します。
  3. [レイアウトを適用] を選択して → キーを押し、レイアウトの項目を読み上げます。現在のスライドのレイアウトでは「選択されています」とアナウンスされ、それ以外のレイアウト項目では「選択されていません」とアナウンスされます。
  4. 現在のスライドに別のレイアウトを適用するには、その項目で Enter キーを押します。

スライドの順序を変更する

  1. フィルム ストリップに移動するには、Ctrl+Alt+Shift+F キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+F キー(Mac)を押します。
  2. 移動するスライドを見つけるには、上下の矢印キーを押します。複数のスライドを選択して移動するには、Shift キーを押しながら矢印キーを押します。
  3. 選択したスライドを上下に移動するには、Ctrl キー(Windows、Chrome OS)または キー(Mac)を押しながら上下の矢印キーを押します。

プレゼンテーションのスペルチェック

スライドでは、プレゼンテーション内のスペルミスが自動的に検出されます。

  1. 次のスペルミスに移動するには、Ctrl+' キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+' キー(Mac)を押します。
  2. 前のスペルミスに移動するには、Ctrl+; キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+; キー(Mac)を押します。
  3. スペルミスを修正するには、Ctrl+Shift+X キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+shift+X キー(Mac)を押してコンテキスト メニューを開きます。コンテキスト メニューから正しいスペルの候補を選択して Enter キーを押します。

詳細については、スペルチェックと自動修正についての記事をご覧ください。

画像や図面描画の代替テキストを追加する

  1. 画像または図形描画を選択します。
  2. Ctrl+Alt+Y キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+Y キー(Mac)を押します。
  3. 代替テキスト ダイアログで画像または図形描画の説明を入力し、Enter キーを押します。

プレゼンテーションでコンテンツの候補を見つける

  1. Ctrl+Alt+Shift+I キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+I キー(Mac)を押して、プレゼンテーションのデータ探索の領域を開きます。
  2. レイアウトの候補を見つけるには、スクリーン リーダーのキー操作を使ってデータ探索の領域内を移動します。
  3. 自分のドキュメントやウェブを検索するには、検索バーに検索キーワードを入力して Enter キーを押します。

カレンダー、Keep、ToDo リストの表示

ドキュメント、スプレッドシート、スライドの使用中にサイドパネルから Google カレンダー、Keep、ToDo リストを使用できます。デフォルトでは、サイドパネルのツールは折りたたまれています。サイドパネルに移動してツールの 1 つを展開するには、次の手順を行います。

  1. 以下のショートカットを使用して、サイドパネルに移動します。
    • Windows: Ctrl+Alt+.(ピリオド)または Ctrl+Alt+,(カンマ)
    • Chromebook: Alt+Shift+.(ピリオド)または Alt+Shift+,(カンマ)
    • Mac: ⌘+Option+.(ピリオド)または ⌘+Option+,(カンマ)
  2. サイドパネルで上下矢印キーを押して、カレンダー、Keep、ToDo リストのツール間を移動します。
  3. Enter キーを押して、使用するツールを展開します。
  4. サイドパネルでは、プレゼンテーションを開いたまま次の操作を行うことができます。
    • カレンダー: 毎日のスケジュールを表示、予定をクリックして編集、新しい予定を作成、今後の予定にジャンプできます。
    • Keep: チェックリストを作成したり、メモを取ったりできます。
    • ToDo リスト: タスクや期限を追加できます。
  5. サイドパネルが開いている状態でプレゼンテーションに戻るには、次のショートカットを使用します。
    • Windows: Ctrl+Alt+.(ピリオド)または Ctrl+Alt+,(カンマ)
    • Chromebook: Alt+Shift+.(ピリオド)または Alt+Shift+,(カンマ)
    • Mac: ⌘+Option+.(ピリオド)または ⌘+Option+,(カンマ)
  6. サイドパネルを閉じるには、[閉じる] が表示されるまで Shift+Tab キーを押し、Enter キーを押します。

詳しくは、ドキュメント、スプレッドシート、スライドでカレンダー、Keep、ToDo リストを使用する方法をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。