暗号化されたファイルをドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドで使ってみる

Google ドライブにアップロードされたファイルや、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで作成されたファイルはすべて、転送時も保存時も AES256 ビット暗号化で暗号化されます。機密情報の保護を強化するために、Workspace のクライアントサイド暗号化を使用して Google ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルを暗号化することもできます(組織の設定で許可されている場合)。暗号化されたファイルには、通常のファイルにはない制限があります。あらゆる形式のドライブ ファイル(PDF や Office など)を、暗号化されたドライブ ファイルとしてアップロードできます。

重要: Workspace のクライアントサイド暗号化を使用してドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルを暗号化するには、以下が必要になります。

  • Workspace アカウントが必要です。
  • 管理者は、クライアントサイド暗号化を有効にする必要があります。
  • 本人確認を行う必要があります。

暗号化されたファイルを iPhone または iPad にダウンロードできます。また、それらのデバイスでプレビューすることもできます。ただし、管理者が設定でこの操作を有効にしている場合に限られます。詳しくは、Google ドライブからファイルをダウンロードする方法をご覧ください。

暗号化されたファイルを作成、コピー、アップロードするには、パソコンで drive.google.com にアクセスしてください。

ヒント:

  • この機能は、Google ドライブでサポートされているファイル形式(Microsoft Office ファイルと PDF ファイルを含む)でご利用いただけます。
  • クライアントサイド暗号化ファイルを表示またはプレビューするには、デバイスに互換性のあるリーダーが必要です。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドについては、まだサポートされていません。

関連記事

true
ラーニング センターにアクセス

職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー