HYPERLINK

データからテキストまたは画像のリンクを作成します。

HYPERLINK 関数は、データソースの Hyperlink フィールドと Image Link フィールドを作成します。Hyperlink フィールドでは表内にテキストリンクを表示し、Image Link フィールドでは表内にクリック可能な画像を表示します。

この記事の内容:

構文

HYPERLINK(URL, Link Label)

 

パラメータ:

  • URL - URL として評価されるフィールドまたは式。
  • Link Label - Text または Image として評価されるフィールドまたは式。

HYPERLINK 関数の仕組み

HYPERLINK 関数は、URL とリンクラベルの 2 つのパラメータを受け取ります。どちらのパラメータも必須です。

URL パラメータは、データソースの既存の URL フィールドから取得するか、他のフィールドや関数から URL を作成する式として指定することができます。

Link Label パラメータでは、表内に表示するテキストまたは画像を指定します。Hyperlink フィールドの作成に必要な Link Label パラメータでは、データソースの Text ディメンションから値を取得するか、Text として評価される式を指定します。Image Link フィールドの作成に必要な Link Label パラメータでは、データソースの Image ディメンションから値を取得するか、Image として評価される式を指定します。Image フィールドは、IMAGE 関数で作成されます。

HYPERLINK 関数では次のプロトコルを使用できます。

  • http:
  • https:
  • mailto:
  • ftp:

サポートされていないプロトコルを指定した場合は、リンクで空白のページが表示されます。プロトコルが指定されていない場合は、URL の先頭に http: が想定されて追加されます。

Hyperlink フィールドと Image Link フィールドでは [タイプ] プルダウン メニューが無効になっています。

リンクとして完全な URL を表示するには、URL フィールド タイプを使用します。

HYPERLINK の例

HYPERLINK を使用すると、販売された商品の写真や個々の商品説明ページへのリンクを含む商品カタログを作成できます。

次のフィールドを含むデータセットがある場合を考えてみましょう。

  • Item - 商品の名前
  • SKU - 商品 ID
  • Product Page - 商品の説明ページの URL
  • Product Image - 表示する商品画像の URL

例:

アイテム SKU 商品ページ 商品画像
ペン 123 https://xyz.com/products/product123.html https://xyz.com/images/product123.jpg
ノートブック 456 https://xyz.com/products/product456.html https://xyz.com/images/product456.jpg
コーヒーカップ 789 https://xyz.com/products/product789.html https://xyz.com/images/product789.jpg

 

この例からデータソースを作成すると、各フィールドは次のように表されます。

フィールド タイプ
アイテム テキスト
SKU テキスト
商品ページ URL
商品画像 URL

 

例 1)商品ページへのテキストリンクを作成する

商品説明ページのリンクを表示するには、次の式のサービス間のリンク設定計算フィールドを作成します。

HYPERLINK(Product Page, SKU )

この場合、データソースは次のようになります。

フィールド タイプ
アイテム テキスト
SKU テキスト
商品ページ URL
商品画像 URL
サービス間のリンク設定 ハイパーリンク

 

その後、レポートの表にサービス間のリンク設定フィールドを追加できるようになります。こうすると、そのデータがクリック可能なリンクとして表示されます。

例 2)CONCAT を使って URL を作成する

フィールドにリンクパスの一部のみを表示する場合や、リンクをオーバーライドする場合、リンクにさらに情報を追加する場合は、CONCAT 関数を使って URL を作成すると便利です。

たとえば、CONCAT を使用すると、ハードコーディングされたページパスと商品 SKU を組み合わせて、商品説明ページへの完全な URL を作成できます。

HYPERLINK(CONCAT('http://xyz.com/productpages/product', SKU, '.html'), Item)

例 3)クリック可能な画像を作成する

クリック可能な画像を表に追加するには、HYPERLINK 関数を使用します。この際、1 つ目のパラメータには URL を指定し、2 つ目のパラメータとして Image フィールドか、画像への有効なリンクを含む IMAGE 関数を指定します。これにより、Image Link フィールドが作成されます。

例:

HYPERLINK(Product Page, Product Image)

以下の例のように、このフィールドを表に追加して、クリック可能な画像リンクを表示します。

Image Link を使ったレポートの例

上記のレポートで使用されるフィールドは以下のとおりです。

フィールド タイプ 定義
1)サービス間のリンク設定 URL HYPERLINK(Item, SKU )
2)画像 画像 IMAGE(Image URL, Item)
3)画像リンク 画像リンク HYPERLINK(Item URL, Image Field)

YouTube のリンクとサムネイル画像

YouTube コネクタでは、レポートの表に直接追加できるリンクとサムネイルの画像フィールドが自動的に提供されます。

フィールド タイプ 説明
動画リンク URL YouTube 上の動画へのリンク
サムネイル リンク URL 動画サムネイル画像へのリンク
サムネイル 画像 サムネイル画像
リンクされたサムネイル 画像リンク YouTube 上の動画へのリンクとしてフォーマットされたサムネイル画像
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。