キャンペーン マネージャーに接続する

データポータルをキャンペーン マネージャー ネットワークと広告主のデータに接続します。

キャンペーン マネージャーでは、広告のインプレッション数やクリック数、コンバージョン数、費用などの指標についてレポートを取得し、それらのデータをキャンペーンや広告主、プレースメント、クリエイティブ、デバイス、地域などのディメンションで分割して、デジタル マーケティング キャンペーンの成果を詳しく分析できます。

キャンペーン マネージャー コネクタを使用すると、キャンペーン マネージャーのデータにアクセスして適宜変換し、ダッシュボードを作成して関係者と共有できるようになります。

キャンペーン マネージャー コネクタをご使用中のユーザーへの注意事項:
 
2018 年 8 月 21 日から、キャンペーン マネージャー(以前の DoubleClick Campaign Manager)コネクタのデータを使用しているコンポーネントは、2 年を超えるデータのリクエストに対応しなくなりました。キャンペーン マネージャーのデータソースに基づくコンポーネントでは、期間が 2 年を超えるとエラー メッセージが表示されます。この変更が導入される前に 2 年未満のキャンペーン マネージャー データをリクエストするには、レポートを更新してください。

キャンペーン マネージャーに接続する方法

データポータルのデータソースは、広告掲載ネットワーク全体か単一の広告主に接続することができます。

現時点では、広告主のサブセットに接続することはできません。

接続するには

  1. データポータルにログインします。 ログインすると、[レポート] ツールが選択された状態で [ホーム] ページが表示されます。
  2. 左側で [データソース] をクリックしてデータソースのページに移動します。
  3. 右下の 新しいレポートまたはデータソースを作成 をクリックします。
  4. キャンペーン マネージャー コネクタを選択します。
  5. [プロファイル] 列からネットワークを選択します。
    1. 広告掲載ネットワーク全体に接続するには、[アカウント] 列から [すべての広告主] を選択します。
    2. 単一の広告主に接続するには、[アカウント] 列から、接続する広告主を選択します。
  6. 右上の [接続] をクリックします。
    1. データソースのフィールド パネルが表示されます。
    2. データソースがデータセットに接続されました。

データソースを設定する

データソースのフィールド パネルで、フィールド名の変更や説明の追加、計算フィールドの追加、データの型と集約の変更など、データソースの設定を行うことができます。詳しくは、データソース フィールドの使い方に関する説明をご覧ください。

データを表示できるユーザーを管理する

フィールド パネルの右上では、データソースの認証情報を変更できます。認証情報を使って、このデータソースによって提供されるデータを表示できるユーザーを管理します。

オーナーの認証情報」を使用すると、データセットへのアクセス権のないユーザーでも、このデータセットを使用するレポートを表示したり作成したりすることができます。

閲覧者の認証情報」を使用すると、データソースの各ユーザーは、データセットにアクセスするために認証情報を提供する必要があります。

詳しくは、データソースの認証情報についての詳細をご覧ください。

データソースから新しいレポートを作成する

  1. 右上の [レポートを作成] をクリックします。
    1. レポート エディタが開きます。
  2. [レポートに追加] をクリックします。
    1. データソースがレポートに追加されます。
    2. グラフの作成と、データをデータソースから取得するためのデータ管理オプションの設定ができるようになります。

データポータルを初めてご利用の場合:

レポート作成のチュートリアル、またはレポート エディタに関する記事をご覧ください。

複数のアカウントでこのデータソースを使用する場合は、データ管理オプションを追加してみてください。

データ管理オプションは、どのアカウントのデータをレポートに表示するかをレポート閲覧者が選択できる機能です。アカウントごとにレポートやデータソースを作成する必要はありません。詳細

備考

データポータルで利用できるディメンションと指標は、キャンペーン マネージャー レポート ビルダーツールかキャンペーン マネージャー API で利用できるフィールドのサブセットです。詳しくは、キャンペーン マネージャーのディメンション指標についての記事をご確認ください。

ディスプレイ&ビデオ 360 コネクタは、最大 2 年間のデータを返します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。