日付と時刻

データポータルで日付と時刻のデータを処理する方法。

データポータルを使用すると、グラフで日付と時刻を視覚化して比較できます。また、閲覧者がレポートの対象期間を調整できるようにすることも可能です。また、計算フィールドで日付関数を使用して、日付と時刻のデータを操作および変換することもできます。

日付と時刻のデータタイプ

データポータルでは、次の日付と時刻のデータタイプがサポートされています。

タイプ データの例
日付 2020年9月15日
日付と時刻 2020年9月15日午後6時10分59秒59
2020年
年、四半期 2020年第3四半期
年、月 2020年9月
ISO の年と週 2020年9月14日~2020年9月20日(第38週)
日付、時 2020年9月15日午後6時
日付、時、分 2020年9月15日午後6時10分
四半期 第3四半期
9月
ISO 週 第35週
月、日 9月15日
曜日 火曜日
23日
時間 午後6時
52分

 

以下の図のように、データソースでフィールドのデータタイプを表示、変更できます。

新しい日付と時刻データタイプ。

特定のコンポーネントでは、以下の図のように行えます。

グラフの新しい日付。

日付と時刻(互換モード)

2020 年 9 月 15 日より前に作成されたデータソースの「日付と時刻」ディメンションでは、[日付と時刻(互換性モード)] データタイプを使用します。互換性モードの日付には、以下に示す形式と名前の例が含まれます。

データソースの互換性モードの日付。

グラフでフィールドを編集するときの互換性モードの日付には [タイプ] と [粒度] のオプションがあります。グラフの日付グループを調整するには、[粒度] を使用します。

粒度メニューを使用して、グラフの互換モードの日付タイプを変更します。

  1. [粒度] メニュー。

互換モードの日付フィールドをアップグレードする

このデータタイプは、既存のコンポーネントと計算フィールドで引き続き機能します。ただし、使用可能なすべての「日付と時刻」関数に対して互換モードの日付を使用できるわけではありません。これらの機能を使用するには、日付フィールドを新しい [日付] または [日付と時刻] のデータタイプにアップグレードします。

互換モードの日付を新しい [日付] または [日付と時刻] タイプにアップグレードする場合:

  • アップグレードされたフィールドでは、DATETIME_ADDDATETIME_DIFFEXTRACT などの関数を使用できます。
  • 特定のデータ形式を必要とする計算フィールドまたはフィルタでは、新しいデータタイプの形式が原因でエラーが発生することがあります。破損したコンポーネントを修正するには、数式またはフィルタを調整して、アップグレードされたフィールドの新しい形式を使用します。
  • [日付] または [日付と時刻] は互換モードにアップグレードできません。互換モードタイプは、アップグレードされたフィールドでは無効です。
  • 変更を元に戻す場合は、データソースの変更履歴を使用して以前のバージョンを復元します。

互換モードの日付を [日付] または [日付と時刻] にアップグレードする

  1. データポータルにログインします。
  2. データソースを編集します。
  3. 変換する互換モードの日付フィールドを探します。
  4. 右側の [タイプ] メニューをクリックし、[日付] または [日付と時刻] を選択します。
  5. 目的の日付のタイプを選択します。
  6. 表示されたダイアログ ボックスで [アップグレード] をクリックします。

アップグレードによってレポートに影響が生じる可能性があるため、日付フィールドと時刻フィールドを個別にアップグレードする必要があります。データソースを再接続しても、フィールドのアップグレードは行われません。

次のコネクタは、新しい [日付] および [日付と時刻] のデータタイプをサポートしていないため、データソースでこれらのデータタイプをアップグレードしたり作成したりするのに使用することはできません。

  • Cloud Spanner
  • YouTube アナリティクス
  • レガシー SQL を使用する BigQuery

グラフで日付と時刻を使用する

日付フィールドのデータタイプに基づいて、グラフをさまざまなレベルの粒度でグループ化(集計)できます。たとえば、グラフに [日付] フィールドを追加すると、年、月、日でデータをグループ化できます。データを月ごとにグループ化するには、タイプを [月] に変更するか、データソースの [月] フィールドを使用します。

日付別と月別のグラフの例。

  1. 指標を示すグラフ(日付別)
  2. 指標を示すグラフ(月別)

データタイプをグラフとデータソースのどちらで変更するか

データソースでフィールドのデータタイプを変更すると、変更されたデータタイプが使用されているすべての場所で、フィールドが変更されます。これにより、グラフでのフィールドの使用方法も制限されることがあります。

おすすめの方法

データソースには常に完全な [日付] フィールドまたは [日付と時刻] フィールドがあるようにしてください。グラフでそのフィールドを使用し、同じグラフ内でフィールド タイプを次のように調整します。

  1. レポートを編集します。
  2. グラフを選択します。
  3. 日付フィールドにカーソルを合わせて、編集アイコン 編集アイコン。 をクリックします。
  4. 新しいフィールド タイプを選択します。
データソース内のフィールド タイプが日付パーツ([月] や [曜日] など)のみの場合は、グラフ内のタイプを変更することはできません。

計算フィールドで日付と時刻を使用する

計算フィールドの関数を使用して、データソースで日付と時刻データの新しい列を作成するか、レポートのコンポーネントにデータを直接作成できます。

たとえば、DATE 関数を使用して、個別の日付、月、年のフィールドから完全な日付を作成できます。YEARDAYHOUR などの関数を使用して、日付から日付と時刻のパーツを抽出できます。2 つの日付の差を計算するには DATETIME_DIFF を使用し、時刻パーツの特定の数値を加算するには DATETIME_ADD を使用します。

詳しくは、「日付と時刻」関数をご覧ください。

「日付」と「日付と時刻」のリテラル

計算フィールドでリテラルの日付と時刻の値を使用するには、値の前に適切なマーカーを付けます。

リテラル 正規データ形式
DATE 'YYYY-[M]M-[D]D'
DATETIME 'YYYY-[M]M-[D]D [[H]H:[M]M:[S]S]'

例:

データの日付と固定された特定の日付の間の差を計算します。

DATETIME_DIFF(date_field, DATE "2008-12-25", DAY)	

 

日付をテキストとして次のようにフォーマットします。

FORMAT_DATETIME("%x", DATE "2008-12-25")
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。