プライバシー

ユーザーのプライバシー保護は Google にとって最も重要な課題です。Google では、身の回りのさまざまな場所を取り上げたコンテンツの投稿をお願いしておりますが、コンテンツを投稿される際は、他者のプライバシーに配慮していただくことが不可欠です。Google は、ユーザーから寄せられたご報告への対応を含め、コンテンツを削除する権利を有します。マップとストリートビューに表示されるコンテンツに対して、プライバシーに関するリクエストが寄せられた場合の Google の対処方法については、この後の説明をご覧ください。

Google では、ユーザーが送信した 360° 動画の録画からストリートビューのコンテンツを作成する際、アルゴリズムを使用して人の顔やナンバー プレートに自動的にぼかし加工を行います。ただし、送信されたコンテンツが動画以外の場合、自動のぼかし加工は行われません。ユーザーがご自分の写真にぼかしを入れたい場合は、ストリートビュー アプリのぼかしツールをご利用いただけます。第三者が投稿したコンテンツに、ご自身の顔やナンバー プレート、ご自宅などが含まれており、その画像の削除を希望される場合は、当該の画像について「問題の報告」機能からご報告ください。

個人の住宅の内部や一般公開されていない場所、撮影禁止の場所などで撮影した写真や動画は決して公開しないでください。他人の私有地の画像や動画を、その場所の所有者の同意なしに公開することは認められません。

ご近所の方への配慮を常に心がけ、識別可能な人物が写っている写真や動画は、撮影された本人の許可なく投稿しないでください。プライベートな側面が強く、人々が自身の画像を公開することに抵抗がある地域では、特にこの点に留意してください。

クレジット カード情報や医療記録、政府発行の身分証明書など、ご自身や他人の個人情報や機密情報を含むコンテンツは許可されません。

ここに記載されている以外のプライバシーに関する申し立てについては、「問題の報告」機能の [著作権やその他の法的な問題] タブを使ってご報告ください。