演算子を使用して検索を絞り込む

Google Cloud Search で検索演算子と呼ばれる記号や特殊な単語を使用すると、探している情報を見つけやすくなります。検索演算子によってクエリ内の特定の属性との照合が行われ、より関連性の高い検索結果が表示されます。たとえば、コンテンツのオーナーや最終更新日などの属性に基づいた検索が可能です。

Google Workspace 以外のデータソースを検索する場合は、組織でカスタム検索演算子を設定してください。詳しくは、管理者にお問い合わせください。

検索演算子

検索演算子を使用する

たとえば、特定のチームメンバーが特定の日付より後に作成したコンテンツを見つけるには、検索クエリで owner:after: の演算子を使用します。詳細とその他の例については、以下の検索演算子のリストをご覧ください。

  1. cloudsearch.google.com から Cloud Search にログインします。

    Cloud Search をご利用でないアカウントではログインできません。詳細

  2. 検索ボックスに検索キーワードを入力し、末尾にスペースを 1 つ追加します。
  3. 続いて演算子とその値を追加します。演算子と値の間にはスペースを入れません。

検索演算子のリスト

記号と標準的な演算子

標準的な演算子には、すべて大文字を使用します。小文字を使用すると、演算子ではなく検索キーワードとして扱われます。

演算子 説明
" "(引用符) 完全に一致する語句を引用符内の語順どおりに含むコンテンツを検索します。大文字と小文字は区別されません。

クエリの例:
"市場分析"

-(マイナス記号) 特定の語句または演算子を含まないコンテンツを検索します。

注: この演算子は単独では機能しません。検索キーワードや別の演算子と一緒に使用してください。

クエリの例:
給与 -報告書
在庫 -owner:me
営業 contenttype:doc -owner:me

AND デフォルトでは指定した検索キーワードをすべて含むページのみが検索されるため、検索キーワードを AND でつなぐ必要はありません。

クエリの例:
営業 報告書
営業 AND 報告書

OR 検索語句または演算子が少なくとも 1 つ含まれるコンテンツを検索します。

クエリの例:
営業 OR マーケティング
営業 from:(marysmith OR johndoe)

Cloud Search の演算子
  • 演算子名には小文字を使用します。
  • 1 つの演算子に複数の値を入力する場合は、値を半角の丸かっこで囲みます(例: from:(username1 OR username2))。
  • Google Workspace 以外のデータソースを検索する場合は、組織でカスタム検索演算子を設定してください。詳しくは、管理者にお問い合わせください。
演算子 説明
source: 特定のソースのコンテンツを検索します。Google Workspace のソースを検索する場合、値として mail、drive、sites、groups、または calendar を使用します。Google Workspace 以外のソースを検索する場合は、組織が設定しているカスタム値について管理者にお問い合わせください。

クエリの例:
研修 source:mail

contenttype: Google ドライブや Google グループのコンテンツ、添付ファイル(spreadsheet、presentation、pdf、image、video、drawing、folder など)を検索します。この演算子は Google Workspace のコンテンツに対して使用できます。

クエリの例:
研修 contenttype:doc

filetype: 特定のファイル拡張子(.doc、.html、.jpeg、.pdf、.xlsx など)の Google グループのコンテンツや添付ファイル、Google サイトのコンテンツ(.html 形式)を検索します。この演算子は Google Workspace のコンテンツに対して使用できます。

クエリの例:
研修 filetype:(doc OR pdf)

site: Google サイトのコンテンツを検索します。この演算子は Google Workspace のコンテンツに対して使用できます。

クエリの例:
研修 site:drive.google.com

owner: 自分がオーナーであるコンテンツ、または特定のユーザーがオーナーで自分と共有されているコンテンツを検索します。

クエリの例:
報告書 owner:me
報告書 owner:marysmith

from: 次のメールまたはカレンダーの予定を検索します。
  • 自分からのアイテム
  • 特定のユーザーまたはグループから自分宛てのアイテム
次のような別の種類のコンテンツを検索します。
  • 自分が作成したアイテム
  • 特定のユーザーが作成して自分と共有しているアイテム

クエリの例:
報告書 from:me source:drive
報告書 from:(marysmith OR johndoe)

to: 次のメールまたはカレンダーの予定を検索します。
  • 自分に送信されたアイテム(自分に直接送信されたアイテム、自分の所属するグループに送信されたアイテム、他のユーザーに送信されて自分が Cc に追加されたアイテム)
  • 自分から特定のユーザーに送信したアイテム、他のユーザーが送信して自分を Cc に追加したアイテム

クエリの例:
報告書 to:me from:marysmith
報告書 to:golf-club-members

before: 特定の日付より前に作成または編集されたコンテンツを検索します。日付の形式は YYYY/MM/DD とします。

クエリの例:
注文 before:2018/09/30

after: 特定の日付より後に作成または編集されたコンテンツを検索します。日付の形式は YYYY/MM/DD とします。

クエリの例:
注文 after:2018/09/20
注文 after:2018/09/20 before:2018/09/30

inurl: 特定の URL のコンテンツを検索します。この演算子は Google Workspace のコンテンツに対しては使用できません。

クエリの例:
inurl:training

mimetype: 元の MIME タイプに基づいてコンテンツを検索します。この演算子は Google Workspace のコンテンツに対しては使用できません。

クエリの例:
mimetype:audio/mpeg

ヒント: 検索結果ページの上部にある検索フィルタを使用して検索結果を絞り込むこともできます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false