Cloud Identity Premium の無料試用について

オンラインで Cloud Identity Premium エディションにお申し込みいただくと、まず試用版のサブスクリプションを 14 日間ご利用いただけます。試用期間中は最大 50 人のユーザーの皆様に、Cloud Identity のすべての機能をお試しいただけます。

試用期間中

試用期間の終了日を確認する

試用期間の残り日数は Google 管理コンソールで確認できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

お申し込みいただいた Cloud Identity サブスクリプションの横に Cloud Identity 試用版の残り日数が表示されています。

50 人以上のユーザーを追加する

Cloud Identity の試用版をご利用いただけるのは 50 人までに限られています。50 人を超えるユーザーを追加するには、まず Cloud Identity のお支払い情報を設定していただく必要があります。51 人目のユーザーを追加するときに試用を終了するように選択すると、有料サブスクリプションが有効になってメンバー全員に適用されます。

有料サブスクリプションを開始する

すでにお支払い情報を設定していただいている場合は、追加の操作や手続きは必要ありません。試用期間が終了すると、有料サブスクリプションが自動的に有効になります。

お支払い情報を確認する手順は次のとおりです。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

お支払い情報が設定されていない場合は、試用期間が終了すると Cloud Identity Premium アカウントが停止し、その旨をお知らせする通知メールが届きます。管理コンソールには引き続きアクセスでき、すべてのデータは保持されます。

お支払い情報を設定していただくと、アカウントが再び有効になります。

試用をキャンセルする

試用をキャンセルしてアカウントを削除する

ここで説明するのは Cloud Identity の試用版の手順です。有料サブスクリプションが有効になった後に Cloud Identity サブスクリプションをキャンセルするには、別の手順を行う必要があります。

注: Cloud Identity にお申し込みいただいた際にドメインを購入された場合は、下記の手順を行ってください。

アカウントを削除すると、すべての Cloud Identity データとユーザー アカウントが Google のプライバシー ポリシーに則って削除されます。ユーザーデータを保存しておく必要がある場合は、アカウントを削除する前にそのデータを書き出してください。また、追加した Marketplace アプリもすべて削除してください。

次の手順を完了すると、Cloud Identity サービスや管理コンソールには二度とアクセスできなくなります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。
  3. 追加の Google ドライブ ストレージなど、Cloud Identity と併せて購入した他のサブスクリプションがある場合は、それらもすべて削除します。
    1. 削除するサブスクリプションの横にある [操作] をクリックし、[登録をキャンセル] を選択します。
    2. 手順に沿ってサブスクリプションをキャンセルします。
  4. Cloud Identity サブスクリプションの横にある [操作] をクリックし、[登録をキャンセル] を選択します。
  5. [続行] をクリックします。
  6. チェックボックスをオンにして、アカウントを削除することを確定します。

    アカウントを削除すると、次のようになります。
    • Cloud Identity アカウントとすべてのユーザー アカウントが削除されます。
    • このアカウントを使って Google サービスにログインすることはできなくなります。
    • すべてのユーザーデータが削除されます。
  7. [ドメインの削除] をクリックしてアカウントを削除します。

    管理コンソールからログアウトした状態になり、サービスページにリダイレクトされます。これ以降は、管理コンソールにログインできなくなります。

: アカウントを削除した後は、このドメインを使って新しい Cloud Identity アカウントを作成できるようになります。新しいアカウントでドメインを使用できるようになるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

試用をキャンセルする(お申し込み時にドメインを購入していた場合)

Cloud Identity のお申し込み時にドメインを購入された場合は、Cloud Identity の試用期間が終了した後も管理コンソールでドメインを管理できます。Google アカウントを削除するには、まずご利用のドメインを移管してください。

ユーザーデータを保存しておく必要がある場合は、アカウントを削除する前にそのデータを書き出してください。また、追加した Marketplace アプリもすべて削除してください。

手順 1. 試用をキャンセルする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[お支払い] にアクセスします。

    Cloud Identity とドメイン登録のサブスクリプションの一覧が表示されます。
  3. Cloud Identity サブスクリプションの横にある [操作] をクリックし、[登録をキャンセル] を選択します。
  4. [OK] をクリックしてキャンセルを確定します。

アカウントをキャンセルすると、管理コンソールからログアウトした状態になります。

手順 2. ドメインを管理する

  1. 管理コンソールに再度ログインします。
  2. 管理コンソールのホームページから、[ドメイン] にアクセスします。

    [ドメイン] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックして表示します。

  3. [ドメインの追加と削除] をクリックします。

手順 3. ドメインを移管する(省略可)

Google Domains でホストされているドメインをご利用の場合は、そのドメインを別の Google アカウントに移管できます。

それ以外のドメインをご利用の場合は、(ICANN の規則に則って)購入日から 60 日が経つと、別のホストに移管できるようになります。詳細については、ドメインを他のホストに移行するをご覧ください。

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。