組織部門の管理者の役割を作成する

組織の管理者は、特定の組織部門のカスタム管理者の役割を作成することができます。この役割を割り当てられたユーザーは、管理の対象となる組織部門の管理者タスクのみ実行できます。特定の組織部門の管理者の役割は、組織の一部の管理者権限をユーザーに委任する大きな組織で特に有用です。管理者の役割についても併せてご覧ください。

役割を作成して割り当てる

  1. カスタム管理者の役割を作成します。組織レベルの権限のみ役割に持たせるようにしてください。
  2. [保存] をクリックします。
  3. [管理者] タブをクリックしてから [管理者を割り当て] をクリックします。
  4. 役割を割り当てたいユーザーを追加して、役割を適用する組織部門をクリックします。
  5. [割り当てを確認] をクリックします。

以下の権限のみ付与する

カスタム管理者の役割には、特定の組織部門に割り当てることのできる権限のみ付与することができます。

  • ユーザー
  • ユーザー セキュリティの管理
  • 組織部門
  • Google Chrome 管理
  • 共有端末の設定

Google Vault のアーカイブと電子情報開示サービスをご利用の場合は、カスタム役割で次のどの権限も付与することができます。

  • 案件の管理
  • 記録保持の管理
  • 検索の管理
  • 書き出しの管理

後でその他の権限を追加する

特定の組織部門に割り当てることができない管理者の役割を、後で追加することができます。

  1. 管理者の役割から全ユーザーを削除します。
  2. ドメイン全体に適用したい権限を追加します。
  3. ユーザーを役割に割り当てます。

これで管理者の役割が全ドメインに適用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。