再認定

 

Google Cloud テクノロジーは絶えず進化しています。そのため、更新されたテクノロジーやプラットフォームについて確かなスキルを保っていることを証明するために、再認定を受けていただく必要があります。試験の詳細で特記されていない限り、Google Cloud のすべての認定資格は認定を受けた日から 2 年間有効です。認定資格を維持し、認定書番号を引き続き使用するには、再認定を受ける必要があります。Google Cloud Certified として認定されると、再認定に向けて 50% の割引コードが提供されるという利点があります。

 

詳しくは、以下のよくある質問をご覧ください。

  1. 再認定が必要な時期に通知されますか?

はい。認定資格が有効期限切れになる 90 日前、60 日前、30 日前に更新通知が届きます。お知らせメールは、試験登録時に使用したメールアドレスに送信されます。

  1. 60 日の再認定資格期間が始まる前に再認定を受けることはできますか?

いいえ。認定資格の有効期限の 60 日前から始まる再認定資格期間内でない限り、認定期間中に同じ試験を受験することはできません。この規約に違反した場合、試験結果は承認されず、受験料の払い戻しも請求できません。また、現在の認定資格が取り消され、Google の認定資格プログラムに参加できなくなる場合があります。

  1. 有効期限の終了を知らせる通知が届きませんでした。どうなりますか?

Google Cloud 認定資格についてのお知らせは、常に Webassessor プロフィールに登録されているメインのメールアドレスに送信しています。通知用メールアドレスの更新が必要な場合は、Google にご連絡ください。

  1. 認定期限が切れています。どうなりますか?

再び認定資格を得るには、認定試験を再度受験する必要があります。認定資格の有効期限が切れた後に受験した場合、認定資格は更新されず、新しい認定資格のシリーズ ID が割り当てられます。また、正規の受験料を支払う必要があります。

  1. Google Cloud 認定資格の有効期限ではなく再認定の猶予期間が延長されるのはなぜですか?

Google Cloud 認定資格では、スキルが最新の状態に保たれているかどうかを評価しています。定期的に評価を行わないと、スキルが最新の状態に保たれていることを確認できなくなります。認定資格の有効期限を延長しないのは、Google Cloud 認定資格に必要なスキルが維持されていないのに資格保有者として認めることになる可能性があるからです。再認定の猶予期間を延長するのは、受験機会が乏しい状態が続く中、シリーズ ID と Google Cloud Certified コミュニティへのアクセスを維持できるようにして、皆様のご不安を解消するためです。

Google は、知識とスキルを検証する必要がある一部の方々にとって再認定が不可欠であることを認識しています。そのような方々には、認定資格を最新の状態に保つために試験を受験することをおすすめします。

  1. パイロット版の試験に合格すると、再認定されますか?

パイロット版の試験は、既存の試験が見直されて新しい問題が大量に作成されたときに実施されます。通常、パイロット版の試験は完全招待制となります。すでに認定資格を取得している方がパイロット版を受験して合格した場合、再認定としてカウントされます。そのため、次に再認定が必要な時期が来るまで、同じ試験または新しいバージョンの試験を受けなくてもかまいません。

 

Google Cloud 認定資格のメリット


 

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。