既知の問題

このページには、Chrome OS Flex に関する既知の問題とトラブルシューティングに役立つ対応策(判明している場合)を記載しています。それぞれの問題をよく読み、影響を理解してから Chrome OS Flex に切り替えてください。

注意点

Chrome OS Flex は早期アクセス向けにリリースされており、制限がある

  • 現在のところ、Chrome OS Flex は不安定なリリース チャンネルでのみご利用いただけます。そのため、文書化されていない問題が存在する可能性があります。Stable、Beta、Dev の間でソフトウェアを切り替えるをご覧ください。
  • 早期アクセスの期間は、認定モデルのハードウェアのサポートおよび文書化が不完全です。認定モデルリストをご覧ください。

Chrome OS Flex と Chrome OS の違い

  • Chrome OS Flex と Chrome OS では、セキュリティ、アプリケーション、ハードウェアのサポートに影響する重要な違いがあります。Chrome OS Flex と Chrome OS の違いをご覧ください。

既知の問題

すべて展開  |  すべて折りたたむ

USB ドライブに関する問題

既知の問題

SanDisk などの USB ドライブはインストーラとして機能しないことがあります。USB ドライブに関する潜在的な問題には、次のようなものがあります。

  • USB への書き込みができない(0% で書き込みが停止するなど)
  • USB インストーラが正常に作成されているのにデバイスが起動しない
  • デバイスに Chrome OS Flex がインストールされず、エラーコード 1 が表示されて失敗する
  • インストールが開始された後に先へ進まず停止する
  • Extensible Firmware Interface(EFI)ファイルが USB ドライブに表示されない

対応策

  • USB ドライブをフォーマットし、USB インストーラをもう一度作成します。
  • 別のメーカーの USB ドライブを試します。

関連トピック

ヘッドフォンを接続していると内部スピーカーが動作しない

既知の問題

オーディオ設定で出力として内部スピーカーを選択している場合でも、1/8 インチ ヘッドフォンがデバイスに接続されている間は内部スピーカーが自動的にミュートされます。

対応策

1/8 インチ ヘッドフォンをデバイスから取り外します。

高解像度のディスプレイでミラーリングが動作しない

既知の問題

複数のモニターを使用している場合に、2,560 x 1,440 ピクセル以上の高解像度ディスプレイで、拡張モードは機能するのにミラーモードが機能しないことがあります。デバイスによっては、空白の画面が表示される、画像がフリーズするなどの問題が発生することがあります。

セカンダリ GPU がデスクトップ拡張スロットでサポートされない

既知の問題

複数の Intel GPU が搭載され、拡張スロットに別途 GPU が接続されているデスクトップでは、拡張スロットのビデオ出力ポートから動画を出力できない場合があります。

対応策

複数の GPU があるデバイスでは、内蔵のビデオ出力ポートを使用します。

SD カードまたは microSD カードからの起動がサポートされない

既知の問題

BIOS または UEFI の設定で SD カードが起動可能なデバイスとしてサポートされているにもかかわらず、SD カードまたは microSD カードを使用して Chrome OS Flex を起動できない場合があります。

対応策

USB ドライブを使用します。

EAP-TLS ワイヤレスやその他のハードウェア式証明書を使用する際に、サポートされている TPM が必要になる

既知の問題

Chrome OS Flex では、サポート対象の TPM が存在しデバイスで使用されている場合に限り、EAP-TLS ワイヤレスに接続したりハードウェア式証明書を使用したりすることができます。

関連トピック

RAID モードのデバイスで Chrome OS Flex をインストールできない

既知の問題

内部ストレージ(HDD、SSD など)が RAID モードに設定されている場合は、Chrome OS Flex をインストールできません。

対応策

Chrome OS Flex をデバイスにインストールする前に、BIOS または UEFI の設定を RAID から AHCI に切り替えてください。

  1. BIOS 設定メニューを開きます。
  2. RAID と AHCI の設定のメニューを見つけます(通常は [Storage] にあります)。
  3. [RAID] が [Disabled] に設定されていることを確認するか、または [RAID] を [AHCI] に切り替えます。
  4. 設定を保存して BIOS 設定メニューを終了します。
  5. デバイスに Chrome OS Flex を再インストールします。手順については、USB インストーラを使用してデバイスを起動するChrome OS Flex の使用を開始するをご覧ください。
Chrome OS Flex で現在サポートされていない Wi-Fi チップセットがある

既知の問題

現在のところ、Chrome OS Flex では以下の Wi-Fi チップセットはサポートされていません。

  • Broadcom brcmfmac43455
  • Intel AX210
  • Killer ax500(Qualcomm QCA3690 とも呼ばれます)
  • Marvell AVASTAR 88W8897
  • Realtek RTL8192EE
  • Realtek RTL8821AE
  • Realtek RTL8821CE
NVIDIA のグラフィックが不安定になりがちである

既知の問題

現在、NVIDIA のグラフィックは Chrome OS Flex では不安定になりがちで、視覚的または機能的な問題が発生することがあります。

以下は、既知の問題がある NVIDIA GPU です。

  • C79 / GeForce 9400
  • GK208M / GeForce
  • GT 730M GT218M / NVS 3100M

以下の複数世代の Intel グラフィックスはサポートされておらず、Chrome OS Flex を起動できません。

  • 第 3 世代以前の Intel グラフィックス(GMA 900、950、3100、3150 を含む)
  • Intel PowerVR グラフィックス(GMA 500、600、3600、3650 を含む)
USB から実行する場合の制限事項

既知の問題

Chrome OS Flex にはライブブート オプションが用意されており、Chrome OS Flex をインストールすることなく USB デバイスから直接 OS を実行できます。ライブブートでは、デバイスの現在のデータと OS を保持したままでインストール前に Chrome OS Flex をテストできます。ライブブートは、一時的な調査やテストでのみ使用することをおすすめします。

USB から Chrome OS Flex を実行すると、次の制限を受けることがあります。

  • パフォーマンスの低下
  • 保存容量の制限と警告の表示
  • OS の更新が利用できない
  • ハードウェアの問題(スリープや再開の誤動作など)
  • 接続に関する問題
  • デバイスを登録できない

対応策

Chrome OS Flex を最大限に活用するには、完全にインストールすることを強くおすすめします。

デバイスに Chrome OS Flex をインストールすると、現在デバイスにある既存のデータはすべて完全に削除され、回復不能になります。
認定モデルの問題と制限事項

既知の問題

Chrome OS Flex のテストと保守は認定モデルに対してのみ行われます。個々の認定モデルに固有の重要な注意事項や問題については、認定モデルリストをご覧ください。

サポートされていないハードウェア

既知の問題

  • Chrome OS Flex を実行できるのは、x86_64 アーキテクチャのデバイスのみです。32 ビット x86 のデバイスおよび ARM デバイスはサポートされていません。
  • タッチバー、T2 セキュリティ チップ、M1 プロセッサを搭載した Mac デバイスはサポートされていないため、動作しても大きなバグが発生する可能性が高くなります。
  • 認定モデルとして明記されていない限り、Microsoft Surface 製品はサポートされておらず、キーボード、タッチパッド、タッチスクリーン、ウェブカメラに問題が発生する可能性が高くなります。
  • Linux 開発環境
    • Chrome OS Flex では、セキュリティとハードウェア機能の要件を満たすデバイスでのみ Linux 開発環境がサポートされます。特定のモデルについては、認定モデルリストをご覧ください。
    • VT-x、VT-d、その他の仮想化設定では、BIOS または UEFI の設定の有効化が必要となる場合があります。
    • BIOS や UEFI の設定でハイパー スレッディングを無効化する必要がある場合があります。
Chromebox for meetings がサポートされていない

既知の問題

Chromebox for meetings モードで使用するために Chrome OS Flex を登録することはできません。

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false