Google アシスタントの使用中に動画や音楽の音量を下げる

コンテンツのキャスト中に Google アシスタントとの会話が聞こえやすくなるよう、アシスタントはテレビやスピーカーにキャストしている動画や音楽の音量を自動的に下げます。この機能はデフォルトでオンになっています。

使い方

「OK Google」と話しかけると、テレビやスピーカーの音量が下がり、アシスタントとの会話中はその音量が維持されます。会話が終了すると、テレビやスピーカーは元の音量に戻ります。

アシスタントが音量を下げないようにする

この機能をオフにするには:

  1. モバイル端末やタブレットが Google Home デバイスと同じ Wi-Fi ネットワークに接続されていることを確認します。

  2. Google Home アプリ Google Home app を開きます。

  3. 調節する Google Home デバイス 設定アイコン Settings icon をタップします。

  4. [話しかけるときは音量を小さくする] の下にあるチェックボックスをオフにするか、スライダーをスライドしてオフ オフ にします。

サポートされていない機能

現時点では、以下の方法でコンテンツをキャストしている場合、この機能はご利用いただけません。
  • キャスト デバイスのグループで音楽をキャストしている場合。
  • 音声操作ではなくモバイル端末を使用して、テレビやスピーカーにコンテンツのキャストを開始した場合。
  • 音量を調節できない Android TV デバイス(Nexus Player など)でコンテンツをキャストしている場合
  • Chromecast のファームウェア バージョンが 1.25 より古い Chromecast built-in スピーカーまたはテレビ、Android TV でコンテンツをキャストしている場合(ファームウェア バージョンの確認方法) 
  • テレビ番組や映画を 5.1 サラウンド サウンドで再生している場合

 

注: ファームウェア バージョンが 1.27 より古い Android TV の場合、この機能をオンにすると、Google Home に「OK Google、<デバイス名> の音量を 50% にして」と話しかけてテレビの音量を変更することはできません。音声コマンドを使用するには、上の手順に沿ってこの機能をオフにしてください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。