特定の Wi-Fi ルーターを使用してアップデートをダウンロードする際の遅延

時空間ブロック符号化(STBC)は 802.11AC のオプション機能です。STBC を使用すると、送信器が複数のアンテナを使ってデータ ストリームのコピーを複数送信できるようになります。また、受信機が複数のコピーの中から最適なデータのコピーを選べるようになるため、信頼性が高まります。この機能を 5 GHz Wi-Fi で使用する特定のモデルの 802.11AC ルーターと Chromecast(2015)や Chromecast Audio との間では相互運用性に関する問題が発生します。このため、最初の無線(OTA)ダウンロードが遅くなることがあります。

次の一覧に記載したルーターをお使いの場合は、ChromecastChromecast Audio のデータの初期化(FDR)を行い、2.4 GHz Wi-Fi でセットアップし直してください。セットアップと更新が完了したら、Google Home アプリを使って Chromecast や Chromecast Audio を 5 GHz Wi-Fi ネットワークにもう一度切り替えてかまいません。

  • TPLink Archer C7 v1、v2
  • Netgear R6100、6200、6300
  • Asus RT_AC66U、RT_AC68W
  • Buffalo WZR_D1800H

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
1520073928838881304