Chromebook で Google ドライブのファイルにオフライン作業を行う

オフライン時に Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのファイルに作業を行うことを予定している場合は、Google ドライブのファイルをオフラインで利用できるように準備します。

手順 1: Google ドライブをオフラインで利用できるようにする

  1. インターネットに接続します。
  2. Google ドキュメント オフライン拡張機能のページにアクセスします。
  3. [Chrome に追加] をクリックします([Chrome に追加済み] と表示された場合、拡張機能はインストール済みです)。
  4. drive.google.com/drive/settings にアクセスします。
  5. [オフライン] セクションのチェックボックスをオンにします。オフライン アクセスの設定が有効になるまでには、数分かかることがあります。
  6. [完了] をクリックします。

これで、最近使用したドキュメントが Chromebook に保存され、オフラインで作業できるようになります。

手順 2: ファイルにオフラインで作業する

Chromebook がインターネットに接続されていないときには、次のように操作します。

  1. 画面の隅のランチャー ランチャー 次に 上矢印 上向き矢印 をクリックします。
  2. Google ドライブ Google ドライブ をクリックします。
  3. 作業するファイルを見つけて、ダブルクリックして開きます。
  4. ファイルに作業を行います。このとき行った変更は、次回 Chromebook がインターネットに接続したときに、Google ドライブに同期されます。

その他の手順(任意)

ファイルを選択して利用可能にする

Google ドライブをオフラインで利用できるようにすると、最近使用したファイルのみが自動的にオフライン保存されます。ファイルを手動で選択してオフライン用に保存するには、次の手順を行います。

  1. 上記の手順 1 の方法で、Google ドライブをオフラインで利用できるようにします。
  2. 画面の隅のランチャー ランチャー 次に 上矢印 上向き矢印 をクリックします。
  3. Google ドキュメント ドキュメント、Google スプレッドシート スプレッドシート、Google スライド スライド のいずれかをクリックします。
  4. オフラインで使用するファイルのその他アイコン その他 をクリックします。
  5. [オフラインでの利用] をクリックします。ファイルの左下に、オフラインで利用可能であることを示すチェックマークが表示されます。

ファイルがオフラインで表示されないようにする

ハードドライブの空き容量を増やすために、ファイルのオフライン バージョンを削除することができます。

  1. drive.google.com/drive/settings にアクセスします。
  2. [オフライン] セクションのチェックボックスをオフにします。

インターネットに接続しているときには、ファイルは引き続き Google ドライブに表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。