Chromebook で使用できるファイル形式と外部デバイス

Chromebook で使用できるファイル形式、外部デバイス、クラウド ストレージ システムを以下に示します。

重要: 職場や学校で Chromebook をご使用の場合、デバイスやファイルによっては Chromebook で使用できないことがあります。詳しくは管理者にお問い合わせください。

ファイル形式

  • Microsoft Office ファイル: .doc、.docx、.xls、.xlsx、.ppt(読み取り専用)、.pptx(読み取り専用)。Office ドキュメントを表示、編集する方法について
  • メディア: .3gp、.avi、.mov、.mp4、.m4v、.m4a、.mp3、.mkv、.ogv、.ogm、.ogg、.oga、.webm、.wav
  • 画像: .bmp、.gif、.jpg、.jpeg、.png、.webp
  • 圧縮ファイル: .zip、.rar
  • その他: .txt、.pdf

外部デバイス

Chromebook 対応のアクセサリ

重要: Chrome OS が最新バージョンであることを確認します。Chromebook の更新方法について

Chromebook は以下のアクセサリに接続できます。

  • アダプタ
  • ドッキング ステーション
  • ペンタブレット
  • イーサネット ドングル
  • 外部ストレージ(SD および USB ハードドライブ、サムドライブ、USB CD-ROM、読み取り専用 DVD-ROM)
    • ストレージ デバイスを安全に取り外すには、取り出し を選択します。
  • ゲーム コントローラ
  • ヘッドセット
  • Huawei 社のモバイル ドングル
  • キーボード(有線、ワイヤレス、Bluetooth)
  • 左ボタン、右ボタン、スクロール ホイールのあるマウス(有線、ワイヤレス、Bluetooth)
  • マイク
  • モニター(DisplayPort、DVI、HDMI、USB-C、VGA のいずれかの接続端子があるもの)
  • MP3 プレーヤーまたはスマートフォンと USB ケーブル
  • プリンタ(プリンタの設定方法
  • SD カード、microSD カード
  • USB-C ケーブル
  • USI タッチペン(USI 対応 Chromebook のみ)
  • コンセント充電器
  • ウェブカメラ

適切に動作するアクセサリをお探しの場合は、Works with Chromebook 認定のアクセサリをお選びください。これらのアクセサリは、Chromebook との互換性基準を満たしていることが確認されており、Chromebook とシームレスに動作します。

コーデック

 

コンテナ 動画コーデック 音声コーデック
ogv Theora --
webm

VP8

VP9

Opus

Vorbis

mp4 H264 --
  MPEG4 --
mov MPEG4 --
  H264 --
avi MPEG4 MP3
  DIVX MP3
  XVID MP3
3gp H264 AAC
  MPEG4 AAC

重要: AMR と GSM は Chromebook ではサポートされなくなりました。

ファイルシステム

Chromebook に接続されている外部デバイスのファイルにアクセスするには、デバイスのファイル システムが次のいずれかのタイプである必要があります。

  • FAT(FAT16、FAT32、exFAT)
  • HFS+(ジャーナル付き HFS+ 上で読み取り専用)
  • ISO9660(読み取り専用)
  • MTP
  • NTFS
  • UDF(読み取り専用)
クラウド ストレージ

Chromebook は、Google ドライブ、Box、SMB などのクラウド ファイル システムに対応しています。SMB ファイル共有に接続する方法は次のとおりです。

  1. 画面の隅のランチャー を選択します。
  2. ファイル を開きます。
  3. 右上のその他アイコン を選択します。
  4. [新しいサービスを追加] 次に [SMB 共有] を選択します。
  5. ウィンドウが開いたら、[ファイル共有を追加] を選択して情報を入力します。
  6. [追加] を選択します。

他のクラウド ファイル システムに接続する方法は次のとおりです。

  1. 画面の隅のランチャー を選択します。
  2. ファイル を開きます。
  3. 右上のその他アイコン を選択します。
  4. [新しいサービスをインストール] を選択します。
  5. 新しいクラウド ファイル システムをインストールするには、システムを選択し、画面の手順に沿って操作します。
スマートフォン

Chromebook は特定のスマートフォンとの接続が可能です。Android スマートフォンを使って Chromebook のロックを解除できます。

ファイル形式と外部デバイスに関する問題を解決する

エラー メッセージ: 「不明なファイル形式です」

このエラーは、現時点でこのファイル形式に Chromebook が対応していないことを意味します。

ファイルを Google ドライブまたは他のウェブ アプリケーションに保存して、ブラウザで開いてみてください。

エラー メッセージ: 「お使いのデバイスは現在サポートされていません」

使用する外部ストレージ デバイスが Chromebook でサポートされていない可能性があります。外部ストレージ デバイスがサポートされている形式であるか確認してください。

ストレージ デバイスがサポートされている場合は、Chromebook の Chrome OS が最新バージョンであることを確認してください。

Chromebook の OS が最新バージョンで、利用できるアップデートがない場合は、Google ドライブを使用してファイルを表示してみてください。

  1. 別のパソコンにストレージ デバイスを接続します。
  2. デバイスから Google ドライブなどのクラウド ファイル システムにファイルをアップロードします。
  3. Chromebook で Google ドライブを開き、ファイルを表示します。
エラー メッセージ: 「お使いのデバイスは認識されませんでした」または「デバイスの少なくとも 1 つのパーティションがマウントできませんでした」

外部ストレージ デバイスを Chromebook で使用するには、その前にデバイスを再フォーマットする必要があります。手順は次のとおりです。

重要: 次の手順を行うと、ストレージ デバイスに保存されているファイルはすべて消去されます。作業の前に、別の場所にファイルをバックアップしてください。

  1. 画面の隅のランチャー を選択します。
  2. ファイル を選択します。
  3. 左側で外部ストレージ デバイスを選択します。
  4. 表示されたウィンドウで [フォーマット] を選択します。
エラー メッセージ: 「ケーブルはディスプレイに対応していない可能性があります」
お使いの USB-C ケーブルはこの接続に対応していません。SuperSpeed USB 5 Gbps 以上の性能の USB-C ケーブルに交換してください。いずれかの認証ロゴが記載されているケーブルと交換するようにしてください。
エラー メッセージ: 「ケーブルがパフォーマンスに影響している可能性があります」
Chromebook の USB-C ポートを使用して Thunderbolt 3 や USB4 などのデバイスに接続できますが、不適切なケーブルを使用すると、デバイスの機能やパフォーマンスが制限される場合があります。適切に動作させるには、高性能のケーブルに替えてください。
  • 以下のメッセージが表示される場合は、必要に応じて USB-C ケーブルを交換してください。
    • 「USB-C ケーブルは USB4 に対応していません」: USB4 接続を有効にするには、Thunderbolt 4 ケーブル、または SuperSpeed USB 5 Gbps 以上の性能の USB-C ケーブルに交換してください。パッケージにいずれかの認証ロゴが記載されているケーブルと交換するようにしてください。
    • 「USB-C ケーブルは Thunderbolt に対応していません」: Thunderbolt 3 以上のケーブル、または SuperSpeed USB 5 Gbps 以上の性能の USB-C ケーブルに交換してください。パッケージにいずれかの認証ロゴが記載されているケーブルと交換するようにしてください。
    • 「ケーブルの対応データレートがデバイスより低くなっています」: 適切に動作させるには、USB-C ケーブルを Chromebook に接続するデバイスと同じデータ転送速度のケーブルに交換してください。パッケージにいずれかの認証ロゴが記載されているケーブルと交換するようにしてください。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
208
false
false