フィッシングや不正なソフトウェアに関するアラートを管理する

Google Chrome では、アクセスしようとしているサイトがフィッシング サイトや不正なソフトウェアを含むサイトであることが疑われる場合にメッセージが表示されます。

フィッシングや不正なソフトウェアに関するアラートの意味

フィッシングや不正なソフトウェアを検出するように設定している場合、以下のメッセージが表示されることがあります。

  • アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました: アクセスしようとしているサイトは、パソコンに不正なソフトウェアをインストールしようとする可能性があります。
  • 警告: 不正なソフトウェアを検出しました: アクセスしようとしているウェブサイトには、不正なソフトウェアが含まれている可能性があります。
  • 偽のサイトにアクセスしようとしています: アクセスしようとしているサイトは、フィッシング サイトの疑いがあります。
  • アクセス先のサイトには有害なプログラムがあります: アクセスしようとしているサイトは、ユーザーをだまして有害なプログラムをインストールさせようとする可能性があります。

上記以外のアラートが表示される場合: 悪質なソフトウェアの中には、不正なソフトウェアがパソコンにインストールされているというメッセージを表示して、迷惑ソフトウェアをダウンロードさせようとするものがあります。有害なプログラムをダウンロードしないよう注意してください。

フィッシングや不正なソフトウェアに関する警告をオフにする

ファイルをダウンロードするソースが信頼できるものの誤検出されやすい場合などは、フィッシングや不正なソフトウェアに関する警告をオフにしたいこともあるでしょう。おすすめはしませんが、警告をオフにすることは可能です。警告をオフにすると、ダウンロードに関する警告もオフになります。

  1. Chrome を起動します。
  2. 右上のメニュー Chrome menu または詳細 その他 アイコンをクリックします。
  3. [設定] > [詳細設定を表示] の順にクリックします。
  4. [プライバシー] で、[危険なサイトからユーザーとデバイスを保護する] チェックボックスをオフにします。

フィッシングや不正なソフトウェアについて

  • 職場や学校の Chromebook を使用している場合、既にネットワーク管理者がフィッシングや不正なソフトウェアの検出を設定していることがあります。その場合、この設定は変更できません。管理されている Chromebook の使用について
  • フィッシングとは、偽のウェブサイトなどを使ってユーザーの情報をだましとろうとする行為です。不正なソフトウェアとは、ユーザーの知らないうちにパソコンにインストールされる有害または迷惑なソフトウェアのことです。ポップアップ表示や Chrome 設定の無断変更をブロックする方法をご確認ください。
     
  • Google では、ユーザーを危険なウェブサイトから保護するために、不正なソフトウェアやフィッシングといった危険をもたらす可能性のあるウェブサイトのリストを管理しています。また、ウェブサイトのコンテンツを解析し、危険なサイトと判断した場合は警告を表示するようにしています。Google のセーフ ブラウジングについて
     
  • ソフトウェア デベロッパー向けの情報: お客様がソフトウェア提供元で、ご自分のバイナリが Chrome によって問題のあるプログラムとして検出された場合は、ダウンロードに関連する問題の解決方法をご覧ください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?