Chrome でセーフ ブラウジングを使用する

セーフ ブラウジングでは、不正なソフトウェア、危険な拡張機能、フィッシング、Google のリストに登録された安全でない可能性のあるサイトについて警告を表示します。Chrome のセーフ ブラウジング保護機能について

セーフ ブラウジングの設定を変更する

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン 整理 次に [設定] を選択します。
  3. [プライバシーとセキュリティ] で [セキュリティ] を選択します。
  4. 使用するセーフ ブラウジングのレベルを選択します。

保護レベルを選択する

保護強化機能

  • 危険なサイト、ダウンロード、拡張機能について警告を表示します。
  • パスワードの侵害があった場合は自動的に警告します。
  • アクティビティに関する追加情報を Google に送信します。セーフ ブラウジング保護機能について

標準保護機能

  • 危険なサイト、ダウンロード、拡張機能について警告を表示します。
  • パスワードの侵害があった場合に警告するよう設定できます。
  • すべてのユーザーのウェブ上のセキュリティ強化に協力し、Google に追加情報を送信するよう設定できます。

保護なし

セーフ ブラウジングがオフになっています。

  • Gmail など他の Google サービスでは、引き続きセーフ ブラウジングがオンになっている場合があります。

ヒント: 標準保護機能を使用していて、パスワードの保護を強化する場合は、[データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する] をオンにします。

安全な接続を使用してサイトの IP アドレスを検索する

Chrome では、サイトへのアクセス時に、そのサイトのホストサーバーの IP アドレスを検索します。プライバシーとセキュリティを確保するため、セキュア DNS ルックアップがオンになっている場合は、検索の際に情報が暗号化されます。

デフォルトでは、Chrome のセキュア DNS は自動モードでオンになっています。このモードでのサイトの検索に問題が発生した場合は、非暗号化モードでサイトを検索します。

カスタム プロバイダを選択することができます。カスタム プロバイダを選択した場合、非暗号化モードは Chrome でデフォルトとして使用されません。エラー メッセージが表示されるなどの問題が発生する場合は、プロバイダの設定を確認するか、セキュア DNS をオフにしてください。たとえば「サーバーの IP アドレスが見つかりませんでした」などのエラー メッセージが表示されることがあります。

重要: デバイスが管理対象の場合、または保護者による使用制限がオンになっている場合、Chrome のセキュア DNS 機能は使用できません。

セキュア DNS のオンとオフを切り替えるには:

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] を選択します。
  3. [プライバシーとセキュリティ] で [セキュリティ] を選択します。
  4. [セキュア DNS を使用する] をオンまたはオフにします。
  5. 現在のサービス プロバイダを選択するか、プルダウン メニューからカスタム サービス プロバイダを選択します。

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。