検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

保存したパスワードを管理する

Chrome ではさまざまなサイトのパスワードを保存できます。Chrome でウェブサイトにログインすると、そのサイトのアカウント情報を保存するかどうかを確認するメッセージが毎回表示されます。

Chrome にログインすれば、別の端末でも同じパスワードを使用できます。

Chrome でパスワードが保存、同期される方法

Chrome でのパスワードの保存方法は、パスワードを複数の端末に保存して同期させたいかどうかによって異なります。パスワードを同期させると、すべての端末の Chrome で同じパスワードを使用できます。また、Android 搭載端末の一部のアプリでもそのパスワードを使用できます。

次のいずれかに該当する場合、パスワードは Google アカウントに保存されます。

  • Chrome にログインし、パスワードを同期させている
  • Android で Smart Lock for Passwords を使用している

それ以外の場合、パスワードはパソコンの Chrome にのみ保存されます。

Chrome でパスワードを保存する

Chrome でウェブサイトのパスワードを保存するかどうかは、ユーザーが決めることができます。

Chrome または Smart Lock for Passwords でパスワードを保存すると、一部のウェブサイトでは次回のアクセス時に自動的にログインできるようになります。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. ウェブサイトにログインします。
    • パスワードを保存するには [保存] をクリックします。
    • パスワードを保存しない場合は [使用しない] をクリックします。

保存したパスワードを確認する

保存したパスワードの全リストはいつでも確認できます。

Chrome の設定で確認する
  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [パスワードを管理] をクリックします。
  5. [保存したパスワード] に表示されているウェブサイトの右側で、その他アイコン その他 次へ [詳細を表示] の順にクリックします。
  6. パスワードの右側にあるプレビュー アイコン プレビュー をクリックします。
    • Windows または Mac: パソコンをパスワードでロックしている場合は、パソコンのパスワードを入力するように求められます。
ウェブ上で確認する

ログイン中に Smart Lock for Passwords や Chrome で保存したパスワードは、passwords.google.com で確認、編集できます。

詳しくは、ウェブ上で保存済みパスワードを管理するをご覧ください。

パスワード保存の確認メッセージを無効にする

Chrome ではパスワードの保存を確認するメッセージがデフォルトで表示されます。このオプションはいつでも有効と無効を切り替えることができます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [パスワードを管理] をクリックします。
  5. 設定をオンにします。

保存したパスワードを削除する

保存した特定のパスワードやすべてのパスワードをいつでも Chrome から削除できます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [パスワードを管理] をクリックします。
  5. [保存したパスワード] に表示されているウェブサイトの右側で、その他アイコン その他 次へ [削除] の順にクリックします。

パスワード保存の確認メッセージを再度有効にする

Chrome で特定のサイトにおいてパスワード保存の確認メッセージを表示しないよう指定した場合でも、確認メッセージを再度表示するよう設定できます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 画面右上で、その他アイコン その他 次へ [設定] の順にクリックします。
  3. 下の方にある [詳細設定] をクリックします。
  4. [パスワードとフォーム] で [パスワードを管理] をクリックします。
  5. [常に保存しない] に表示されているウェブサイトの右側で、削除アイコン 削除 をクリックします。

パスワード保存の確認メッセージがどのサイトでも表示されない場合は、パスワード保存の確認メッセージを無効にしている可能性があります。[パスワードの保存を確認する] をオンにすると、確認メッセージが表示されるようになります。

Chrome にパスワードが保存されていない

Chrome で保存したパスワードが表示されない場合は、削除して再度保存してみてください。

  1. 保存したパスワードのリストを開いて、該当のウェブサイトを探します。
  2. リストにウェブサイトが表示されている場合は、保存したパスワードを削除します。
  3. ウェブサイトに移動し、ログインします。
  4. 確認メッセージが表示されたら、[保存] または [はい] をクリックして、パスワードを保存します。

関連リンク

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。