キャッシュや履歴などのブラウザデータを削除する

ユーザーは、自分の閲覧データ(閲覧履歴やダウンロード履歴、保存されたフォームデータなど)を自分で管理できます。すべてのデータを削除することや、特定の期間のデータだけを削除することもできます。

すべての閲覧データを削除する

  1. Chrome を起動します。
  2. 右上のメニュー Chrome Menu をクリックします。
  3. [その他のツール] > [閲覧履歴を消去] の順にクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。
  5. 上部のメニューを使用して、削除する情報の期間を選択します。すべて削除する場合は、[すべて] を選択します。
  6. [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。

特定のアイテムを閲覧データから削除する

閲覧データの全カテゴリを削除する代わりに、特定のアイテムを選択して削除できます。下記のリンクをクリックして、詳しい説明をご覧ください。

他の情報を削除する方法

次の項目は [閲覧履歴を消去] を使って削除することはできません。

  • コンテンツの設定
  • 検索エンジン
  • 拡張機能のデータ
  • Flash のストレージ設定

それぞれのデータを削除する方法と削除されないデータの詳細については下記をご覧ください。

コンテンツの設定

コンテンツの設定では、ウェブサイトによる Cookie や位置情報、カメラなどの使用を管理します。コンテンツの設定を変更する方法をご覧ください。

検索エンジン

アドレスバーでの検索にはデフォルトの検索エンジンが使用されます。特定のキーワードを使用して検索した場合は、他の検索エンジンが使用されることがあります。また、アクセスしたウェブサイトによって検索エンジンが登録されたり、閲覧履歴が表示されたりすることもあります。

Chrome で閲覧履歴を削除しても、Google に保存された検索履歴は削除されません。Google に保存された検索履歴は、history.google.com で管理できます。

デフォルトの検索エンジンを設定する方法をご覧ください。

拡張機能
拡張機能によって、パソコンや Google アカウントにデータが保存されることがあります。拡張機能は Chrome が所有するソフトウェアではないため、このデータを削除するには、拡張機能をアンインストールする必要があります。
Flash のストレージ設定
Flash のストレージ設定は、[閲覧履歴を消去] の [Cookie などのサイトデータやプラグイン データ] オプションで削除できます。
削除されるデータの詳細

次の情報は、Windows、Mac、Linux、Chrome OS の Google Chrome を対象としています。

  • 閲覧履歴: 閲覧履歴を消去すると、次の情報が削除されます。
    • 履歴ページに表示される、アクセスしたウェブページのアドレス
    • 新しいタブページに表示される、上記のウェブページのスナップショット画像
    • それらのウェブページからプリフェッチされたすべての IP アドレス
  • ダウンロード履歴: Google Chrome を使用してダウンロードしたファイルのリストが消去されます。ファイル自体はパソコン上に残ります。
  • Cookie、サイト、プラグインのデータ:
  • キャッシュ: Google Chrome でアクセスしたウェブページのテキストがパソコンから削除されます。ブラウザでは、次回のアクセス時にウェブページを読み込む時間を短縮するために、ウェブページの一部を保存します。
  • パスワード: パスワードの記録が削除されます。
  • フォームのデータ: ウェブフォームに入力した自動入力エントリとテキストの記録がすべて削除されます。
  • ホストされているアプリからのデータの消去: オフライン Gmail で使用されるローカル ストレージなど、Chrome ウェブストアから Chrome に追加したアプリによって保存されたデータが消去されます。
  • コンテンツ ライセンスの許可の取り消し: 購入した映画や音楽など、以前に視聴した保護コンテンツが Flash Player で再生できなくなります。パソコンを売却または寄付する場合は、コンテンツ ライセンスの許可を取り消しておくことをおすすめします。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?