キャッシュなどの閲覧データを削除する

ユーザーは、自分の閲覧データ(閲覧履歴やダウンロード履歴、保存されたフォームデータなど)を自分で管理できます。[閲覧履歴データを消去する] ダイアログで、特定の期間に収集された、すべてのデータまたはデータの一部を削除することができます。

すべてのデータを削除する

  1. ブラウザのツールバーの Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [その他のツール] を選択します。
  3. [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、削除する情報の種類のチェックボックスをオンにします。
  5. 上部にあるメニューを使用して、削除する情報の期間を選択します。すべて削除するには、[すべて] を選択します。
  6. [閲覧履歴データを消去する] をクリックします。

特定のアイテムを閲覧データから削除する

閲覧データの全カテゴリを削除する代わりに、特定のアイテムを選択して削除できます。下記のリンクをクリックして、詳しい説明をご覧ください。

削除されるデータの詳細

次の情報は各種の閲覧データに関するもので、Windows、Mac、Linux、Chrome OS の Google Chrome が対象となります。

  • 閲覧履歴: 閲覧履歴を消去すると、次の情報が削除されます。
    • 履歴ページに表示される、アクセスしたウェブページのアドレス
    • それらのウェブページのキャッシュ テキスト
    • 新しいタブページに表示される、上記のウェブページのスナップショット画像
    • それらのウェブページからプリフェッチされたすべての IP アドレス
  • ダウンロード履歴: Google Chrome を使用してダウンロードしたファイルのリストが消去されます。ファイルそのものはパソコン上に残ります。
  • Cookie、サイト、プラグインのデータ:
  • キャッシュ: Google Chrome でアクセスしたウェブページのテキストがパソコンから削除されます。ブラウザでは、次回のアクセス時にウェブページを読み込む時間を短縮するために、ウェブページの要素を保存しています。
  • パスワード: ユーザー名とパスワードの記録が削除されます。Mac を使用している場合、パスワードの記録がキーチェーン アクセスから削除されます。
  • フォームのデータ: ウェブフォームに入力した自動入力エントリとテキストの記録がすべて削除されます。
  • ホストされているアプリからのデータの消去: オフライン Gmail で使用されるローカル ストレージなど、Chrome ウェブストアから Chrome に追加したアプリによって保存されたデータが消去されます。
  • コンテンツ ライセンスの許可の取り消し: 購入した映画や音楽など、以前に視聴した保護コンテンツが Flash Player で再生できないようになります。お手持ちのパソコンを売ったり、寄付などで手放したりする場合は、その前にコンテンツ ライセンスの許可を取り消すことをおすすめします。

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った