Chrome で TalkBack を使用してウェブを閲覧する

Chrome で TalkBack を使用する

Chrome ブラウザでは TalkBack による音声フィードバックを利用できます。この記事で紹介する機能を活用するには、まず TalkBack のチュートリアルを完了してください。

TalkBack のナビゲーション設定を使用してウェブページ内を移動する

TalkBack のナビゲーション設定を選択するには:

  1. Chrome でウェブページを開きます。
  2. 上または下にスワイプして、使用する設定に移動します。
  3. 選択した設定を使用して、次に進むには右にスワイプし、戻るには左にスワイプします。

TalkBack のローカル コンテキスト メニューからナビゲーション設定を選択することもできます。

  1. Chrome でウェブページを開きます。
  2. メニューを開くには、上にスワイプしてから右にスワイプする直角ジェスチャーを、1 つの動作として行います。
  3. メニューは TalkBack の設定に応じて円形またはリストの形で表示されます。
    • 円形のメニュー: メニュー内を移動するには指でドラッグします。アイテムを選択するには指を離します。
    • リストメニュー: メニュー内を移動するには右または左にスワイプします。アイテムを選択するにはダブルタップします。
  4. ローカル コンテキスト メニューが閉じたら、選択したナビゲーション設定を使用して、右にスワイプして進むか、左に移動して戻ります。

Chrome ブラウザ用のナビゲーション設定には次のオプションがあります。

  • 見出し: 見出し(レベル 1~6)を基準に移動します。
  • リンク: 閲覧済み、未閲覧、アクティブなど、リンクの種類ごとに移動します。
  • コントロール: フォームの欄、ボタン、メニューといったその他の要素を基準に移動します。
  • 文字、単語、行: 一度に 1 つの文字、語句、行に移動します。
  • ランドマーク: ARIA のランドマーク(「メイン」、「ナビゲーション」など)を基準に移動します(ローカル コンテキスト メニューでのみ使用できます)。
  • 特殊コンテンツ: 表などのコンテンツ内を移動します(ローカル コンテキスト メニューでのみ使用できます)。
  • デフォルト: ページ上のすべての要素を順番に移動します。

キーボードを使用してウェブページ内を移動する

Android デバイスで外部キーボードを使用する場合は、TalkBack キーボード ショートカットを使ってウェブページ内を移動できます。

簡易表示で記事を読む

一部のウェブページは、記事の内容に焦点を当てた簡易表示で閲覧することができます(Chrome 65 以降のバージョンで使用できます)。

  1. Chrome でウェブページを開きます。
  2. 左に 1 回スワイプして [その他のオプション] に移動し、ダブルタップします。
  3. 左に数回スワイプして [設定] に移動し、ダブルタップします。
  4. 設定画面で [ユーザー補助機能] を選択します。
  5. [簡易表示] をオンにします。

このオプションをオンにすると、閲覧中のウェブページで簡易表示オプションが利用できる場合に通知音が鳴ります。簡易表示ボタンをダブルタップすると、機能が有効になります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。