閲覧データを削除する

閲覧履歴やその他の閲覧データ(保存したフォーム入力用の項目など)を管理できます。

すべてのデータを削除する、特定の期間のデータを削除する

この機能で削除できる情報

削除できるデータ

基本設定

  • 閲覧履歴: 閲覧履歴を削除すると、次の情報が削除されます。
    • アクセスしたウェブページのアドレスが履歴ページから削除されます。
    • アクセスしたウェブページへのショートカットが新しいタブページから削除されます。
    • アクセスしたウェブサイトがアドレスバーの予測候補に表示されなくなります。
  • Cookie と他のサイト データ
    • Cookie: アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルです。Cookie で閲覧情報が保存されることで、オンラインのユーザー エクスペリエンスが向上します。
    • サイトデータ: HTML5 対応の各種ストレージのデータです。アプリケーション キャッシュ、Web Storage のデータWeb SQL Database のデータIndexed Database のデータなどがあります(リンク先は英語)。
    • ハンドラ:  Chrome では、外部アプリケーションやウェブサービスを使って特定のリンクを開くことができます。たとえば、Gmail などのサイトを開くリンク、iTunes などのプログラムを開くリンクがこれにあたります。そうしたリンクの種類に対して設定したデフォルトの操作が削除されます。
  • キャッシュされた画像とファイル: Chrome では、次回アクセス時の読み込み時間を短縮するため、ページの一部が記憶されます。閲覧履歴を削除すると、Chrome に記憶されているアクセスページのテキストと画像が削除されます。

詳細設定

[詳細設定] には、基本データタイプのほか、次の情報が含まれています。

  • ダウンロード履歴: Chrome を使用してダウンロードしたファイルのリストが削除されます。ファイル自体はパソコンに残ります。
  • パスワード: 保存したパスワードの記録が削除されます。
  • 自動入力フォームのデータ: 住所やクレジット カードなど、自動入力の項目が削除されます。Google Pay アカウントのカードは削除されません。
  • サイトの設定: ウェブサイトに行った設定と許可の内容が削除されます。たとえば、サイトに対して JavaScript の実行、カメラの使用、現在地の認識などを許可している場合、その設定が削除されます。
  • ホストされているアプリデータ: オフライン Gmail で使用されるローカル ストレージなど、ホストされている Chrome ウェブストア アプリのデータが削除されます。
  • メディア ライセンス: 以前に視聴またはダウンロードした HTML5 や Flash の保護コンテンツ(映画、音楽など)のライセンスが削除されます。
削除されないデータ

オンラインのユーザー アクティビティに関するデータは、別の方法で削除します。

閲覧データを削除する

履歴やパスワードなどの特定タイプのデータを同期している場合、パソコンで該当のデータを削除すると、すべての同期先(他の端末と Google アカウント)からそのデータが削除されます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン 高 をクリックします。
  3. [その他のツール] 次に [閲覧履歴を消去] をクリックします。
  4. [1 時間以内]、[全期間] などの期間を選択します。
  5. 削除する情報の種類を選択します。
  6. [データを消去] をクリックします。

注: 同期がオンの状態で Cookie を削除した場合、Google アカウントへのログインは維持され、他の端末と Google アカウントから Cookie が削除されます。

アイテムを選択して削除する

閲覧データ全体ではなく、選択したアイテムのみを削除することもできます。

1 台のデバイスから削除する

1 台のデバイスで情報を削除すると、その情報は同期されているすべてのデバイスから削除されます。1 台のデバイスのみのデータを削除するには、次の手順を行います。

  1. デバイスで同期をオフにします。
  2. デバイスからデータを削除します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。