Chrome で同期のオンとオフを切り替える

Google アカウントに情報を保存するには、同期をオンにします。

同期をオンにするメリット

  • すべての端末で、同期された情報(ブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定)を利用し、更新することができます。
  • Gmail、YouTube、検索などの Google サービスを利用する際に、自動的にログインした状態になります。同期をオンにする前にログインしていた場合は、ログインした状態のままになります。
  • スマートフォンを紛失した場合や新しいノートパソコンを入手した場合など、端末が変わっても、すべての情報を以前と同じように利用できます。
  • Chrome の履歴がウェブとアプリのアクティビティに保存されるので、他の Google サービスを自分に合った設定で利用できます。

注: Chrome の同期をオンにするのは所有している端末のみにしてください。公共のパソコンを使用する場合は、代わりにゲストモードを使用します。

同期をオンにする

同期をオンにするには Google アカウントが必要です。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のプロフィール プロフィール をクリックします。
    • Google アカウントですでにログインしている場合は、アカウント画像をクリックします。
  3. [同期をオンにする] 次に [オンにする] をクリックします。

複数のアカウントとデータを同期したい場合、またはパソコンを他のユーザーと共有している場合は、Chrome でプロフィールを追加する方法をご覧ください。

Chromebook でログインして同期する場合は、アカウントの同期をオンにする方法をご覧ください。

同期の無効化

同期をオフにしてもブックマーク、履歴、パスワードなどの設定はそのまま残りますが、これらの設定に変更を加えた場合、その変更内容は Google アカウントに保存されず、他の端末と同期されることもありません。

同期をオフにすると、Gmail など他の Google サービスからもログアウトします。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン 高 次に [設定] をクリックします。
  3. 上部の [ユーザー] で [オフにする] 次に [オフにする] をクリックします。

Chromebook からログアウトして同期をオフにする場合は、Chromebook からログアウトする、Chromebook の電源を切る方法をご覧ください。

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。