すべてのデバイスで同じブックマーク、パスワード、その他の設定を利用する

同期を有効にすると、以下の項目が同期され、すべてのデバイスで同じ情報が表示されるようになります。

  • ブックマーク
  • 履歴と開いているタブ
  • パスワード
  • お支払い情報
  • 住所、電話番号など
  • 設定
Google アカウントで Chrome にログインしている場合、同期をオンにしていなくても、次の項目にアクセスできます。
  • Google Pay に保存したお支払い情報。
  • Google アカウントに保存したパスワード。

同期する情報を選択する

同期をオンにすると、プロフィール情報全体が Google アカウントに保存されます。すべてを同期したくない場合は、どの情報を保存するかを指定できます。

  1. 信頼できる iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  3. [同期] をタップします。
  4. [すべてを同期する] をオフにします。
  5. 同期するデータタイプを選択します。
情報の保存先となる Google アカウントを変更する

同期アカウントを切り替えると、ブックマーク、履歴、パスワード、その他の同期対象の情報はすべて新しいアカウントにコピーされます。

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  3. 名前をタップします。
  4. [ログアウト] をタップします。
  5. [データを残す] をタップします。
  6. [設定] で [同期を有効にする] をタップします。
  7. 同期するアカウントを選択するか、新しいアカウントを追加します。
  8. [有効にする] をタップします。
  9. [データを統合する] を選択します。

データを別に保持する場合は、[データを別に保持する] をタップします。この場合、デバイス上の既存のデータは削除され、新しい同期先アカウントのデータに置き換えられます。

Chrome の履歴を使用して Google をカスタマイズする

デフォルトで、Google アカウントに保存される Chrome の履歴は、ウェブとアプリのアクティビティとしても保存されます。アクティビティのデータは、検索や広告などの他の Google サービスをカスタマイズする目的で使用されることがあります。たとえば、Chrome の履歴に基づいてフィードにおすすめのニュース記事が表示されることがあります。

ウェブとアプリのアクティビティは、Google アカウントでいつでも管理できます。詳しくは、ウェブとアプリのアクティビティの表示と管理に関する記事をご覧ください。

Google サービスのカスタマイズを希望しない場合は、Google にデータを送信せずに、通常どおり Google のクラウドを使用して Chrome のデータを保存、同期していただけます。詳しくは、自分の情報を守る方法についての説明をご覧ください。

自分の情報を守る

パスフレーズを使用すると、Google にデータを読み取られることなく、Google のクラウドを使用して Chrome データの保存と同期ができます。なお、Google Pay のお支払い方法と住所は、パスフレーズによる暗号化の対象には含まれません。

パスフレーズは省略可能です。同期データは、送信時に常に暗号化され保護されます。

パスフレーズを作成する

同期パスフレーズを設定した場合:

  • 新しい場所で同期をオンにするたびにパスフレーズが必要になります。
  • 同期をすでにオンにしているデバイスで、新しいパスフレーズを入力する必要があります。
  • フィードには、Chrome で閲覧したサイトに基づく候補が表示されなくなります。
  • passwords.google.com で保存パスワードを表示したり、Smart Lock for Passwords を使用したりすることはできなくなります。
  • すべての履歴がすべてのデバイスで同期されなくなります。Chrome のアドレスバーに入力したウェブアドレスのみが同期されます。

パスフレーズを作成する

  1. 信頼できる iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. Google アカウントとの同期をオンにします。
  3. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  4. [同期] をタップします。
  5. 下部にある [暗号化] をタップします。
  6. [同期データを同期パスフレーズで暗号化する] を選択します。
  7. パスフレーズを入力し、確定します。
  8. [送信] をタップします。
パスフレーズを忘れた場合にリセットする

同期パスフレーズを変更すると、自分の全データが Google のサーバーから削除され、同期しているすべてのパソコンとデバイスからログアウトした状態になります。なお、Google Pay のお支払い方法と住所は、パスフレーズによる暗号化の対象には含まれません。

お使いのデバイスの Chrome からブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定が削除されることはありません。そのデバイスで同期を再度オンにすると、すべての情報の同期が再開します。

ステップ 1: 同期パスフレーズを削除する

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. Google ダッシュボードを開きます。
  3. 画面下部の [データの消去] 次に [OK] をタップします。
  4. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  5. [同期を有効にする] をタップします。

これで同期が再開します。この時点で同期パスフレーズは未設定となります。

ステップ 2: 新しい同期パスフレーズを作成する(省略可)

  1. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  2. [同期] をタップします。
  3. 下部にある [暗号化] をタップします。
  4. [同期データを同期パスフレーズで暗号化する] を選択します。
  5. パスフレーズを入力し、確定します。
  6. [送信] をタップします。

自分の Chrome データをすべてのデバイスで表示する

同期をオンにすると、他のデバイスで保存した情報が表示されるようになります。

ブックマークを表示、管理する
  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に ブックマーク をタップします。
以前閲覧したサイトを表示する
  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に 履歴 をタップします。

同期パスフレーズを使用している場合は、他のデバイスで検索バーにウェブアドレスを入力してアクセスしたサイトのみが表示されます。

他のデバイスで開いているタブを表示する
  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 をタップします。 
  3. 右へスクロールします。
  4. [最近使ったタブ] 最近使ったタブ をタップします。
保存したパスワードを確認する
  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. passwords.google.com を開きます。
  3. Google アカウントにログインします。
  4. [保存したパスワード] の下に、すべてのパスワードが表示されます。
保存した住所とクレジットカード情報を確認する
  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  3. [フォーム自動入力] をタップします。
  4. [フォーム自動入力] をオンにします。

詳しくは、フォームに自動入力するをご覧ください。

設定に加えた変更は、すべての端末に反映されます。

同期に関する問題を解決する

自分のデータがすべての端末に保存されていない場合は、同期のオンとオフを切り替えてみてください。

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  3. [同期] をタップします。
  4. ログアウトして同期をオフにします。
  5. Chrome を強制終了します。
  6. Chrome アプリ Chrome を開きます。
  7. その他アイコン その他 次に [設定] 設定 をタップします。
  8. [同期を有効にする] をタップします。
  9. [有効にする] をタップします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
237
false
false