Chrome にログインする理由

Chrome のログイン機能を使用すれば、ブックマークやアプリが 1 台のパソコンにしか入っていないことで生じる不便さから解放されます。Chrome ブラウザや Chromebook にログインすると、ブックマーク、タブ、履歴やその他のブラウザ設定が保存されて Google アカウントに同期されます。これにより、他のパソコンやデバイスで Chrome を使用するときに、これらの設定をいつでも読み込むことができます。また Chrome にログインすると、通常はブラウザからのログインは 1 回で済むので、Gmail、Youtube、Google マップなどの Google サービスを利用しやすくなります。これらの同期が行われると、Chrome と各種の Google サービスで一貫したエクスペリエンスが実現されます。

Chrome OS

Chrome へのログインと同期の有効化についての詳細

同期でエラーが発生する場合は、こちらをご覧ください。

共用パソコンや信頼されていないパソコンを使用する場合は、Chrome にログインしないでください。自分の Google アカウントを使って Chrome を設定すると、使用しているパソコンに自分のデータのコピーが保存され、そのパソコンを使用する他のユーザーからデータにアクセスされる可能性があります。データを削除するには、ログインに使用しているユーザーを削除します。

情報はどのように同期されるか

  • 設定とデータは Google アカウントに保存

    Chrome にログインすると、そのパソコン上の Chrome の設定がお使いの Google アカウントに保存されます。他のパソコンで同じアカウントにログインすると、Chrome によってそのアカウントに保存された設定がログインしたパソコンでも利用できるようになります。

    パソコンを紛失したり、パソコンが壊れたりした場合も、設定やブックマーク、アプリ、拡張機能、テーマなどのデータを復元できます。Chrome に再度ログインするだけで、それらの設定やデータが利用できるようになります。

  • 変更を瞬時に同期

    ブラウザの設定に加えた変更は、Chrome へのログインに使用した Google アカウントに同期されます。あるパソコンで行った変更は、別のパソコンにログインして同期を有効にすると、そのパソコンにも自動的に反映されます。

  • 情報をコントロール

    情報を安全に保管するために、同期データは、パソコンと Google のサーバー間で転送される際に暗号化されます。さらに保護を強化するために、保存されるパスワードは、デフォルトでパソコンと Google サーバー上で暗号鍵を使って暗号化されます。同期したデータをすべて暗号化するオプションもあります。同期データは、Google ダッシュボードを使用して、Google アカウントからいつでも削除できます。

ヒント: パソコンを複数のユーザーで共用する場合は、各ユーザーを個別の Chrome ユーザーとして追加すると、それぞれのユーザーが独自のブラウザ設定を使用できます。