検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

端末間で Chrome のデータを同期する

複数の端末で Chrome にログインしている場合は、ブックマーク、履歴、パスワードなどの設定を端末間で同期できます。Chrome にログインする方法をご確認ください。

データを守るには:

  • Chrome にログインするときには必ず信頼できる端末を使用します。
  • 公共の端末で Chrome にログインしないようにします。

同期するデータと保護方法を選択する

Chrome にログインすると、デフォルトで Chrome のすべてのデータが Google アカウントに同期されます。同期されるデータには、ブックマーク、履歴、パスワードなどの情報があります。

すべてのデータは同期せずに、同期する Chrome データの種類を選択することもできます。

  1. 信頼できるパソコンで Chrome を起動してログインします。
  2. 右上の詳細アイコン その他 をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [ログイン] の下の [同期の詳細設定] をクリックします。
  5. 同期する情報を選択します。
    • すべてのデータを同期するには、下矢印 下矢印 次へ [すべてを同期する] の順にクリックします。
    • データを選択して同期するには、下矢印 下矢印 次へ [同期するデータタイプを選択] の順にクリックした後、同期するデータのチェックボックスをオンにします。
  6. [暗号化オプション] で情報の保護方法を選択します。
    • [Google の認証情報で同期パスワードを暗号化する] を選択すると、Google のログイン情報を使って同期パスワードが保護されます。
    • [同期パスフレーズで同期データをすべて暗号化する] を選択すると、同期パスワードと他のすべての Chrome データがパスフレーズで保護されます。パスフレーズを知らない限り、暗号化されたデータを読み取ることはできなくなります。
  7. [OK] をクリックします。

Chromebook をお使いの場合: 複数の Chromebooks で情報を同期する方法をご覧ください。

ブラウザの履歴で Google サービスをカスタマイズする

Google のウェブとアプリのアクティビティ設定では、保存するアクティビティの一部として、同期した Chrome の閲覧履歴を保存することができます。

このアクティビティは、他の Google サービス(検索や広告など)をカスタマイズするために使用される場合があります。たとえば、Google Now で Chrome の履歴に基づいておすすめのニュース記事が表示される場合があります。

アクティビティは、アカウント情報でいつでも管理、確認できます。

Google サービスをカスタマイズしない場合も、Google のクラウドを使用して Chrome のデータを保存、同期でき、Google でこれらのデータを読み取ることはありません。暗号化をさらに強化するには、同期パスフレーズを設定します。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?